今日のレポート(7/15)

1.ここに前兆が繰り返し出ている地域の方は身近な宏観にご注意下さい。中越、中越沖、サハリンなど前兆→それらしい結果の繰り返し後に本震が発生しています。2.「千鳥」は、スマトラ・パプアなど超遠方の前兆を示します。3.【注意】【警戒】などはその日の前兆現象の強さを示すもので、すぐに発生すると言う意味ではありません。

スペース

20時全球画像

・2019.7.15 23:20更新
 【注意】当地、今日も低層の雨雲に覆われた一日で観察不能でした。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、ニューブリテン6.2Mが発生。前兆は5日に「小笠原諸島からニューギニアの東沖へ雲の亀裂線」を書いていました。

・20時全球画像。はっきりしない形状ですが、北米西岸にまだ震源がありそうです。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

15時全球画像

・2019.7.14 23:10更新
 【注意】当地、低層の雨雲に覆われた一日で観察不能でした。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、インドネシアM7.3が発生。前兆は9日に「ニューギニアの北西沖に雲の円形の吹き飛ばし」を書いていました。

・15時全球画像。九州南姓沖の東シナ海から台湾の北を通り、インドシナ半島へ直線の境界前兆雲。雲のエッジの下にやや強い震源。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

11時全球画像

・2019.7.13 25:20更新
 【注意】当地、低層の雲に覆われた一日で観察不能でした。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、奄美大島北西沖M5.9が発生。6月26日 「南西諸島中部上空に南北の雲の亀裂形状。要注意」、20日「三陸沖〜小笠原諸島〜南西諸島〜中国へ雲の半円形状。過去例から、雲の周縁部に複数のM5程度の震源」などを書いていました。

・11時全球画像。ニューギニアの北に南北の雲の亀裂形状あり。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

・2019.7.12 24:00更新
 【注意】当地、昼過ぎには久々の日差しがありました。但し。はっきりした雲は見られず。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、ソロモン6.0Mが発生。5日の「ニューギニアの東沖へ雲の亀裂線」の結果。また、与那国島近海M5.4が発生。9日に書いた「南西諸島・台湾」の結果。

・18時の北北西方向の空。低層の雲ですが、ほぼ南北の方向性が見られました。深発の前兆か。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。爆縮か?

13時全球画像

・2019.7.11 23:20更新
 【注意】当地、低層の雲に覆われた一日で観察不能でした。
 コンパスは東3度振れ。

・13時全球画像。中国の内陸の楕円形の雲の吹き飛ばしが目立ちます。また、ハワイ諸島周辺にも雲の前兆形状あり。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.08μSv/hでした。爆縮か?

17時全球画像

・2019.7.10 23:00更新
 【注意】当地、午前中から昼にかけて久々に青空が覗きましたが、積雲が多く、前兆雲は見られませんでした。
 コンパスは東4度振れ。

・17時全球画像。7月3日、4日に続き、ハワイ諸島周辺に雲の円形状。強めの地震か、噴火活動があるのかもしれません。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

1時全球画像

・2019.7.9 23:20更新
 【注意】当地、本日も低層の雲の雲底に表情がありませんでした。コンパスは東3度振れ。
 さきほど、オホーツク海でM5.8、深さ約480kmの深発地震が発生。前兆は、やや以前になりますが、6月13日「列島を取り囲む雲の円形状。千島と九州南沖に震源??」同日19時全球画像で雲のエッジが震源付近を通過していました。
 オホーツク海の深発発生後は、小笠原・マリアナ。南西諸島・台湾など、日本の南・西方面で強いの後続が高い確率で見られます。

・1時全球画像。ニューギニアの北西沖に雲の円形の吹き飛ばし形状が出ています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

14時可視画像

・2019.7.8 23:20更新
 【注意】当地、雨雲で雲底に表情がありませんでしたが、午後、東西整列の鱗雲もありました。
 コンパスは東3度振れ。

 ・14時可視画像。三陸沿岸部を中心にべったり雲など雲の前兆形状が出ています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

20時全球画像

・2019.7.7 23:30更新
 【注意】当地、今日も終日の雨雲で雲底に表情がありませんでした。
 コンパスは東3度振れ。

 ・20時全球画像。北朝鮮あたりを中心に大きな雲の円形状が残っていますが、本日は、さらに亀裂が東に伸びて、カムチャッカ沖まで伸びています。昨日、下に書いた震源に加えて、カムチャッカ・アリューシャンに強めの震源があるのかもしれません。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

2時赤外画像
13時全球画像

・2019.7.6 23:40更新
【警戒】当地、本日も低層の雲で観察不能。コンパスは東3度振れ。
 カリフォルニアでM7.1が発生。被害も出ているようで、心が痛みます。前兆は6月に入ってから遠方系の前兆が続いていましたが、震源の特定までは至りませんでした。

 1・2時赤外画像。北海道の遙か東沖から東北地方上空をとおり能登半島への境界前兆雲。雲のエッジの下でM5以上の地震が発生する可能性大。
 2・13時全球画像。北朝鮮あたりを中心に大きな雲の円形状。この形状、6月22日にも出ており、結果が出ていないので注意を要します。震源は中心部または円の周縁部ですが、確率的には周縁部の可能性が大。周縁部にはやはり結果が出ていない沿海州、本日境界前兆雲が出ていた北海道沖から能登半島も含まれます。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

11時全球画像
18時全球画像
19時赤外画像

・2019.7.5 23:10更新
【注意】当地、今日も終日の低層の雲ででしたが、西の空に南北の畝があり、その下に雲には南指向が見られましたが、はっきりしないものでした。
 コンパスは東3度振れ。

 1・11時全球画像。ニュージーランドの北に雲の前兆形状。
 2・18時全球画像。日本の南沖の小笠原諸島からニューギニアの東沖へ雲の亀裂線が走っているように見えました。
 3・19時赤外画像。紀伊半島の南沖に楕円形の雲の吹き飛ばし形状。
 この位置に低気圧があるので、そのためと思われますが、あまりにもはっきりして前兆らしく見えますので、アップしておきます。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

赤焼け
スペース
147時全球画像
20時赤外画像

・2019.7.4 23:20更新
【注意】当地、夕方には青空が少し見えました。日没時は雲が赤焼け。
 コンパスは東2度振れ。

 1・19時10分の南西方向の空。北北東ー南南西の雲が赤焼け。雲の延長上か、直角方向に震源あり。

 2・14時全球画像。昨日に続きハワイ諸島あたりにM6級の雲の円形状。
 3・20時赤外画像。梅雨前線の雲ですが、千島西部から遠州灘に境界前兆雲。
 上の赤焼け雲は、この境界前兆雲を直接見たものと思います。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

11時全球画像
15時可視画像
20時赤外画像

・2019.7.3 23:10更新
【注意】当地、今日も終日の低層の雲で観察出来ず。但し一部ゲル状がありましたが現在、降雨になっています。
 コンパスは東3度振れ。本日は新月。

 1・画像の右側、ハワイ諸島あたりにM6級の雲の円形状が出ています。
 要注意。
 2・15時可視画像。千島西部にナミナミ雲など前兆形状。
 3・20時赤外画像。朝鮮半島の南に雲の半円形状有り。
 また、小笠原上空を通る雲の亀裂形状が出ています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

20時全球画像

・2019.7.2 23:10更新
 【注意】当地、終日の雨雲で雲底に表情がありませんでした。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、バヌアツで6.0Mが発生。震源位置は、 6月28日の境界前兆雲の北端、27日の雲の亀裂の東端にあたります。このあたり、まだ活動がありそうです。

 ・20時全球画像。昨日から引き続きフィリピンの東沖に吹き飛ばし等、雲の前兆形状有り。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

ゲル状雲
スペース
21時全球画像

・2019.7.1 23:40更新
【注意】当地、終日の雨雲でまたまた観察が難しい状況。夕方は雨か地震の直前雲がありました。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、青森東沖M5.1が発生しています。

 1・18時の南の頭上。雨雲の雲底がゲル状に垂れ下がり、雨か地震の直前雲になっていました。

 2・21時全球画像。フィリピンの東沖に直線的な境界前兆雲。M5〜6そこそこの震源か。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

12時可視画像
18時赤外画像

・2019.6.30 23:40更新
【注意】当地、終日の雨雲で観察出来ず。コンパスは東2度振れ。

 1・12時可視画像。能登半島から山陰沿岸に雲の亀裂形状。
 前兆とは限りませんが、アップしておきます。
 2・18時赤外画像。昨日に続くものですが、三陸沖〜房総沖に雲の亀裂形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

17時赤外画像

・2019.6.29 23:10更新
 【注意】当地、終日の雨雲で雲底に表情がありませんでした。カラスは騒がしい状態。
 コンパスは東2度振れ。
 昨日を含め何度か書いていたマリアナ諸島で、本日0時過ぎにM6.5の地震が発生しています。

 ・17時赤外画像。中央右寄り、はっきりしませんが、三陸沖に雲の亀裂らしい形状が出ています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲・吊し雲
吊し雲
スペース
13時全球画像
20時赤外画像
20時全球画像

・2019.6.28 24:30更新
【注意】当地、朝から空の一部に遠方系の雲が出ていましたが、夕方には南北の吊し雲、形状の乱れた巻雲など、距離ある強い震源を示していました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・18時20分の南南東の空。遠方下層に南北の短い吊し雲、その上に東西の帯雲、さらにその上に南指向の形状の乱れた巻雲。
 2・同時刻の南西方向の空。やはり南北の吊し雲と東西の帯雲。強い震源の前兆。

 3・13時全球画像。ニュージーランドの北沖にまた境界前兆雲が出ています。余震活動が続くのか??
 4・20時赤外画像。房総沖から紀伊水道沖にまた境界前兆雲。
 極端に強いものではありません。
 5・20時全球画像。やはりマリアナ諸島に震源がありそうな雲の吹き飛ばし形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

16時全球画像

・2019.6.27 23:10更新
 【注意】当地、終日の雨雲で観察不能。コンパスは東2度振れ。
 25日カムチャッカ6.3M、26日同6.2M、南平6.2M、27日20時ニュージーランドの北のケルマデク諸島で6.3Mの余震が発生しています。

 ・16時全球画像。ニューギニアの東に東西の雲の亀裂形状が出ています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
スペース
7時可視画像
13時全球画像

・2019.6.26 23:50更新
【注意】当地、朝から終日、方向性の乱れた巻雲、鈎型巻雲など遠方系の前兆が見られました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・7時の南西の空。東西基調の方向性の乱れた巻雲が出ていましたが、こちらは南指向の鈎型巻雲。

 2・7時可視画像。北海道・三陸東沖の雲に南北の亀裂?吹き飛ばし?形状。
 3・13時全球画像。南西諸島中部上空に南北の雲の亀裂形状。要注意。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

スペース
7時可視画像
13時全球画像

・2019.6.25 23:20更新
【注意】当地、夕方の南の空に東西の鈎型巻雲など遠方系の雲、西の空にほぼ南北のゲル状の48時間直前雲がありました。
 コンパスは東2度振れ。体感有り。

 1・17時40分の南の空。鈎型形状を含む西指向の雲。遠方系の前兆。

 2・7時可視画像。伊豆半島から東シナ海へ美しい境界前兆雲。
 SNSなどでも高知、和歌山などから南の空の断層状雲が報告されており(境界前兆雲を直視した場合の空を二分割する雲ではないので)、雲の延長上か直角方向にM6程度の震源があるものと思います。
 最近の状況から沿海州方面かマリアナ方面を疑います。
 3・13時全球画像。 中部太平洋上空に大きな雲の吹き飛ばし形状。マリアナ諸島、ハワイ諸島など、吹き飛ばしの周縁部に震源か。要注意。
 画像では切れていますが、ニューギニアの北東沖〜ナウルにかけても雲の前兆形状が出ています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

3時赤外画像
17時全球画像

・2019.6.24 23:40更新
【注意】当地、午後から晴れ間がありましたが、はっきりした雲は見られず。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、千葉南東沖M5.5が発生。6月19日「房総半島沖から遠州灘南沖に直線的な境界前兆雲。雲のエッジの下にM5程度の震源有り」の結果と考えます。
 また、インドネシアM7.5が発生。16日、17日、18日等の遠方系の雲の結果と考えますが、位置は特定できませんでした。
 M6、M7級が頻発するときは、さらに大きな地震が発生待ちになっている場合があるので注意を要します。

 1・3時赤外画像。このところこの画像のような、北海道方面から日本海をとおり紀伊半島沖へ抜ける円弧状境界前兆雲らしい雲の形状が続いています。
 2・17時全球画像。ニュージーランドの北に円弧状境界前兆雲あり。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

19時全球画像

・2019.6.23 23:10更新
 【注意】当地、終日の雨雲で観察不能。コンパスは東2度振れ。

 ・19時全球画像。日本海側に円弧状境界前兆雲らしい形状がありますが、可視画像で見ると遠方系のもののようでした。経過観察用にアップしておきます。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

7時全球画像
7時可視画像

・2019.6.22 24:20更新
【注意】当地、終日の低層の雨雲で観察できず。
 コンパスは東2度振れ。

 1・7時全球画像。朝鮮半島を中心に雲の円形状があり、中心部か周縁部にM6以上の震源がありそう。
 日本の太平洋岸の境界前兆雲は、昨日から滞空。円形状の周縁部にあたり要警戒。
 また、遠州灘と中国南部を帯状の雲が架橋しているのも注意を要します。
 2・7時可視画像。三陸沖から紀伊半島南沖へ円弧状境界前兆雲。やはり雲のエッジの下にM6以上の震源か。
 画像左からの帯雲が指しているのは、 2004年9月の紀伊半島沖双子地震の震源あたりなのにも留意して下さい。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.09μSv/hでした。

波状雲
吊し雲
スペース
21時赤外画像

・2019.6.21 23:40更新
【注意】当地、今日も霞の濃い一日。雲は午前中に東南東ー西北西整列のはっきりしない波状雲が海域震源を示していました。
 夕方は南東ー北西の吊し雲。プレートストレスを示す雲です。
 コンパスは東2度振れ。

 1・10時40分の北の頭上。はっきりしない東南東ー西北西整列の波状雲。
 震源は整列方向か直角方向。それほど強いものではありません。
 2・17時40分の西南西の空。南東ー北西の吊し雲。 形状的にははっきりせず。

 3・21時赤外画像。列島太平洋岸にかかる梅雨前線の北側のエッジがシャープで境界前兆雲に見えます。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

9時赤外画像
19時全球画像

・2019.6.20 23:20更新
【注意】当地、はっきりした雲は見られないものの、霞が濃い状況でした。
 コンパスは東2度振れ。

 1・9時赤外画像。三陸沖〜小笠原諸島〜南西諸島〜中国へ雲の半円形状。
 過去例から、雲の周縁部に複数のM5程度の震源がありそうです。
 2・19時全球画像。画像左側のインド洋に雲の亀裂形状あり。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

巻雲
スペース
16時赤外画像
22時30分赤外画像

・2019.6.19 23:30更新
【注意】当地、朝は方向性の乱れた巻雲など遠方系の前兆が少し出ていました。霞は濃い状態で夕方は少々焼けました。 コンパスは東2度振れ。

 1・8時20分の南の頭上。北東ー南西の方向性の乱れた巻雲。遠方の前兆。

 2・16時赤外画像。岩手から茨城東沖に雲の半円形状。やや強い海域震源がありそうです。
 房総半島から紀伊水道沖にかかる雲のラインも前兆含み。
 3・22時30分赤外画像(気象庁提供)。房総半島沖から遠州灘南沖に直線的な境界前兆雲。
 雲のエッジの下にM5程度の震源有り。
 北海道東部に小ぶりな円弧状境界前兆雲がかかっています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

鈎型巻雲
巻雲
スペース
11日3時画像

・2019.6.18 23:40更新
【注意】先ほど、山形県沖M6.8が発生。被害が軽いことを祈ります。
 前兆は、昨日「やや強い震源が遠近に存在」「東西整列の波状雲」(←震源は北でした)、15日「北海道の西部から日本海を通り東海地方へ続く境界前兆雲らしい形状」(←エッジの下で発生)、11日「東北地方北部にかかる雲が直線的で境界前兆雲」(←11時の画像から。3時画像のエッジが震源位置・左参照)。

 当地、朝から鈎型巻雲など遠方系の雲が出ており、10時には、南西から伸びてくるビーム状の雲があり、九州周辺の震源かと見ていました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・8時10分の北北西の空。東北東ー西南西の帯状の鈎型巻雲。遠方の前兆。
 2・10時の西方向の空。南西から伸びてくる雲と東南東ー西北西の雲があり、引き続き列島周辺に強めの震源が存在します。ご注意下さい。

 3・11日の3時赤外画像。境界前兆ラインが震源位置を通過しています。私は11時の位置を採ってしまいました。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

ムカデ状雲、吊し雲
波状雲
鱗雲

・2019.6.17 23:30更新
【注意】当地、朝から東南東ー西北西の整列性の乱れた帯雲が出ており、引き続き遠方の強い震源があるものと見ていました。雲はその後、鈎型巻雲、吊し雲などが出始め、午後は東西のムカデ状雲なども出始めました。
 但し、東西整列の波状雲も確認しており、房総沖、伊豆・小笠原諸島などの海域震源も存在しています。
 今朝、茨城北部M5.2が発生。5月22日「樺太から房総半島南東沖に境界前兆雲」の結果と考えます。

 1・14時10分の西方向の空。画像左側にほぼ東西方向のムカデ状雲があり、飛行機雲も消え残る状態。北東ー南西の巻雲も有り。
 2・17時30分の東方向の空。ほぼ東西方向の櫛の歯状の雲、鱗雲。南東ー北西の吊し雲が整列。騒然とした空。
 3・18時の西方向の空。ほぼ東西の巻雲、鱗雲。南東ー北西の吊し雲。やはりやや強い震源が遠近に存在しています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.12μSv/hでした。

帯雲
吊し雲
スペース
7時赤外画像
10時全球画像

・2019.6.16 23:30更新
【注意】当地、午前中は東北東ー西南西の断片的な帯雲があり、夕方は南南東ー北北西の吊し雲がこれも少数出ていました。
 コンパスは東3度振れ。
 本日朝、ニュージーランド北沖でM7.4の大地震が発生。5月28日「ニュージーランド北部に雲の半円形状。その南に雲の直線形状。M6そこそこ程度の震源か」、6月13日「ニュージーランドの北に境界前兆雲らしい円弧」等を書いていました。6月3日の空と雲もこの地震の前兆が載っていたかもしれません。

 1・11時の北北西方向の空。東北東ー西南西の帯雲。細かい鱗から出来ているようで、注意を要する雲のように思います。
 2・18時20分の南西方向の空。南南東ー北北西の吊し雲。

 3・7時赤外画像。北海道〜東北地方の東沖に直線的な境界前兆雲。
 4・10時全球画像。ニューギニアの東沖に雲の亀裂など前兆形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

6時赤外画像
9時可視画像
16時赤外画像

・2019.6.15 24:30更新
【注意】当地、悪天候で観察不能でした。現在、雷鳴が聞こえています。
 コンパスは東2度振れ。

 1・6時赤外画像。四国東部を中心に北東ー南西に雲の亀裂形状。亀裂の下に震源がありそうです。
 2・9時可視画像。九州南部に東西の小ぶりな境界前兆雲。
 3・ 16時赤外画像。北海道の西部から日本海を通り東海地方へ続く境界前兆雲らしい形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.12μSv/hでした。

巻雲
スペース
17時全球画像
17時赤外画像

・2019.6.14 24:00更新
【注意】当地、朝は、北東ー南西とほぼ東西の巻雲。午後は低層の雲に雨か磁針の直前状態が見られました。
 コンパスは東2度振れ。
 チリ中部沖で6.4Mが発生しています。

 1・8時の西南西方向の空。北東ー南西とほぼ東西の巻雲。方向上の列島周辺の震源を示していそうです。飛行機雲などは見られません。

 2・17時全球画像。昨日の円形状の南東側に大きな半円形状が出来ています。このあたりの海域にM6程度の震源があるのかもしれません。
 3・17時可視画像。はっきりしませんが、北海道〜九州南部に円弧状境界前兆雲。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

19時全球画像
22時全球画像

・2019.6.13 23:50更新
 【注意】当地、終日はっきりした雲は見られませんでした。コンパスは東2度振れ。

 1・19時全球画像。ニュージーランドの北に境界前兆雲らしい円弧が見えます。
 2・ 22時全球画像。列島を取り囲む雲の円形状。千島と九州南沖に震源??
 ロシアから中国にかけての雲の吹き飛ばし形状も前兆に見えます。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

16時赤外画像
18時可視画像

・2019.6.12 23:30更新
 【注意】当地、今日も低層の積雲等が多い一日で、夕方からは降雨となり、前兆雲は見られませんでした。
 朝の通勤時は鳥(ハト?)の轢死体があり、カラス、ヒヨドリが騒がしい状況。
 コンパスは東2度振れ。
 この梅雨が一段落した後が、ちょっと心配です。

 1・16時赤外画像。北海道東沖に雲の亀裂らしい形状有り(可視画像でははっきりせず)。
 2・ 18時可視画像。南西諸島上空に東西の雲の吹き飛ばしが出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

・2019.6.11 23:50更新
 【注意】当地、午前中は、積雲が多く、一時、遠方系の雲も見えましたが、以後は雨雲ではっきりしませんでした。
 コンパスは東2度振れ。

 ・11時赤外画像。東北地方北部にかかる雲が直線的で境界前兆雲に見えます。この雲は昨日から滞留しており、前兆ではないかと考えます。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

・2019.6.10 23:10更新
 【注意】当地、終日の雨雲で観察不能。コンパスは東2度振れ。
 放射線量は ほぼ通常の数値に復帰。

 ・21時赤外画像。三陸はるか東沖の雲が、シャープな境界前兆雲化しています。このところ前兆が続く海域。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

0時赤外画像

・2019.6.9 23:40更新
 【注意】当地、終日の低層の雨雲で観察不能。カラスが少々騒いでいました。コンパスは東2度振れ。
 放射線量が少し低く、爆縮??

 ・0時赤外画像。列島周辺の雲が擾乱状態で、特に紀伊半島沖の雲の形状が前兆含みに見えます。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.08μSv/hでした。

・2019.6.8 24:30更新
 【注意】当地、低層の雲が多く、前兆らしい形状は見られませんでした。。衛星画像は、列島に地震発生ストレスがかかっている状況は見受けられますが、はっきりせず。
 コンパスは東2度振れ。 体感がきつめに有り、この低気圧通過後にやや強い発生があるのではないかと引き続き警戒しています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

・2019.6.7 24:00更新
 【注意】当地、終日の雨で観察不能。但し微振動と体感がきつめに有り、警戒しています。
 コンパスは東2度振れ。

 ・7時赤外画像。福島あたりから紀伊半島にかけて、雲の吹き飛ばしが出ているように見えます。前兆とは限りませんが、気持ちのよいカタチではありません。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

・2019.6.6 23:00更新
 【注意】当地、終日、はっきりしない巻雲が遠方の震源を示していました。
 コンパスは東2度振れ。

 ・11時の西方向の空。南北基調の乱れた巻雲が出ていました。密度は薄く、飛行機雲も一部に出ていました。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.13μSv/hでした。

16時赤外画像

・2019.6.5 23:00更新
 【注意】当地、積雲等が出ていましたが、はっきりしたものではありませんでした。
 コンパスは東2度振れ。

 ・16時赤外画像。相模湾〜南の沖へ境界前兆雲。但し、可視画像で見ると前兆ではない気象性のもののようにも見えました。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

巻雲
鈎型巻雲
スペース
11時可視画像

・2019.6.4 23:40更新
【注意】当地、朝から夕方まで鈎型巻雲など遠方系の前兆が出続けました。
 コンパスは東2度振れ。磁針の南側が盤面に張り付く現象が続いていて、鳥島M6.1のあと、解消したかなと確認したら、まだ張り付きで、コンコン叩いても戻りませんでした。当地から南方向に未だ強い震源がありそうです。
 本日は新月。
 その鳥島M6.1の前兆は、5月4日「千島ー三陸ー関東ー伊豆諸島の東沖にシャープで大きな円弧状境界前兆雲。雲のエッジの下に強めの震源。要注意」5月9日「国府津ー松田断層上に南北の吊し雲。過去例では、小笠原・伊豆諸島か新潟方面の前兆」5月14日「国府津ー松田断層上にも同方向の吊し雲。伊豆・小笠原諸島か新潟方面の活動の前兆」などが未発でした。

 1・8時10分の東方向の空。ほぼ南北の方向性の乱れた巻雲。遠方の前兆。
 2・17時30分の南西方向の空。西指向の鈎型巻雲と、ほぼ南北の雲。鳥島M6.1発生後も遠方の震源を示しています。

 3・11時可視画像。北海道南東部から沖に雲の前兆形状。やや強い震源。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.12μSv/hでした。

雲底デコボコ
刺激雲など
ムカデ状雲
スペース
7時可視画像

・2019.6.3 23:40更新
【警戒】当地、朝は低層の雲の雲底が蛇腹状など震源の影響を受けている形状がありました。方向性は北東ー南西。
 昼以降は、方向性の乱れた巻雲、鈎型巻雲など遠方系の雲が広範囲に。夕方には密度の高い、吊し雲になりかけの雲に同じような遠方系と思われる形状が出ました。
 かなり強い震源と推定。コンパスは東2度振れ。
 地震とは関係ありませんが、なぜ高齢者が暴走事故を起こすのはプリウスが多いのでしょう。 単に売れているから確率の問題??それともエンジン音がアクセル開度に比例して大きくならないから??

 1・8時の東方向の空。低層の雲の雲底が乱れ。蛇腹状になっていました。方向は北東ー南西。
 2・18時の東北東方向の空。方向性の乱れた巻雲が遠方の震源を示しており、その下に北から伸びて来る密度の高い刺激雲。更にその下にプレートストレスを示す、東西のこれも密度の高い雲。
 近い震源ではないと思いますが、かなり強い震源が存在します。
 3・同時刻の西方向の空。こちらもかなりとんでもない雲の状態で、東西の雲は、東の空の刺激雲ではなく、ムカデ状雲に見えます。
 南西指向の巻雲も有り。やはり強い震源です。

 4・7時可視画像。三陸沿岸と沿海州沿岸にべったり雲があり、発生まで時間のある震源を示しています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.05〜0.11μSv/hでした。

1時全球画像
17時可視画像

・2019.6.2 23:30更新
 【注意】当地、低層の雲に覆われ観察できず。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、硫黄島近海M5.7が発生。 27日に「マリアナ、小笠原諸島に強めの震源がひとつある」を書いていました。

 1・1時全球画像。ニューギニアの東沖に雲の円形状。大きなものではありません。
 2・17時可視画像。山陰上空に雲の亀裂。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

まつげ状雲
スペース
17時可視画像

・2019.6.1 24:10更新
【注意】当地、朝から少量ですが遠方系の巻雲が出ていましたが、夕方には東西の帯雲に北に伸びるまつげ状の雲がありました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・18時30分の南方向の空。遠方相模湾上に東西の雲が有り、そこから北にまつげ状雲が伸びて来ています。
 海外等遠方の前兆。

 2・17時可視画像。房総沖ー相模灘ー遠州灘ー紀伊半島沖に境界前兆雲。雲のエッジの下にM5程度の震源がありそうです。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

畝
スペース
5時全球画像

・2019.5.31 23:50更新
【注意】当地、朝から低層の雲に南南東ー北北西の直線的な畝形状が見られました。
 夕方までこの傾向は継続。雲底ゲル状の直前雲もありました。
 コンパスは東2度振れ。体感有り。
 昨日、エルサルバドルで6.6M、本日、ミンダナオでM6.1が発生しています。

 1・8時10分の東方向の空。低層の雲の雲底に南南東ー北北西の直線的な畝形状。震源は畝の延長方向か直角方向。

 2・5時全球画像。千島上空を通過する雲の亀裂形状。亀裂の東側はエッジがシャープな境界前兆雲になっています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

刺激雲
熊のジョン
スペース
13時赤外画像
19時赤外画像

・2019.5.30 23:20更新
【注意】当地、夕方にややシャープな前兆雲が見られました。やや距離のある震源と思います。
 コンパスは東2度振れ。

 1・18時の西方向の空。北から伸びて来る強い震源に因る刺激雲。
 昨日と状況変わらず。その上空に飛行機雲の消え残り。
 2・18時30分の南西方向の空。南南東ー北北西の熊のジョンからまつげ状の雲が東に伸びており、南の遠方には東西の雲。
 強いプレートストレスと共に距離のある震源を示しています。

 3・13時赤外画像。東日本の遙か東沖に、北北東ー南南西のシャープな境界前兆雲。千島あたりにやや強い震源。
 4・19時赤外画像。境界前兆雲は、やや円弧に近い形状になっています。千島にかかる雲の位置は変わらず。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.05〜0.09μSv/hでした。

巻雲
スペース
6時赤外画像

・2019.5.29 23:30更新
【注意】当地、昼過ぎから強い震源に因る刺激雲と波状雲が見られました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・12時10分の東北東方向の空。北から伸びてくる強い震源に因る刺激雲。
 画像右側に北東ー南西整列の波状雲。こちらは整列方向か直角方向に震源。それほど強いものではありません。

 2・6時赤外画像。東北地方上空の雲に亀裂形状があり、22日、昨日の衛星画像との関連を疑います。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

吊し雲
スペース
11時可視画像
17時全球画像

・2019.5.28 23:30更新
【注意】当地、雨雲に覆われていましたが、夕方には南南東ー北北西の吊し雲が見られました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・18時の西方向の空。南南東ー北北西の吊し雲がプレートストレスを示していました。

 2・11時可視画像。北海道西沖に境界前兆雲があり、渡島半島上空など北海道西部にナミナミ雲。
 やや強い震源が雲のエッジの下にありそうです。
 3・17時全球画像。ニュージーランド北部に雲の半円形状。その南に雲の直線形状。M6そこそこ程度の震源か。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.10μSv/hでした。

巻雲など
積雲・巻雲など
スペース
6時全球画像

・2019.5.27 23:30更新
【注意】当地、朝から距離のある震源を示す雲が出続けました。夕方は西方向が少しオレンジ焼け。
 コンパスは東2度振れ。

 1・18時の西方向の空。南東ー北西の雲、南西指向の雲があり、朝から南東ー北西の雲はプレートストレスを示し、南西指向の雲は鈎型形状などが有り、遠方系の震源。
 2・18時20分の南方向の空。東西の積雲らしい雲と方向性の乱れた巻雲。全体的に見て、マリアナ、小笠原諸島に強めの震源がひとつあるのかなと見ていました。

 3・6時全球画像。東海はるか南沖を中心に雲の楕円形状。高気圧に伴うものですが、前兆かもしれないので載せておきます。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.13μSv/hでした。

巻雲
巻雲
スペース
14時可視画像

・2019.5.26 24:00更新
【注意】当地、朝から日没まで形状の乱れた巻雲が出続けました。夕方は西方が少し赤焼け。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、ペルー北部M8.0が発生。被害が出ていないことを祈ります。
 前兆は、4日「南米西海岸のどこかにM6超級の震源」、15日、16日からの遠方系の雲、昨日の伊豆大島近海の小規模などの前兆がありました。

 1・9時40分の北西方向の空。南北基調の方向性の乱れた巻雲。遠方系の前兆。
 2・18時30分の南方向の空。遠方系の雲ですが、S字形状が有り、強めの前兆。引き続き要注意。

 3・14時可視画像。やはり瀬戸内海あたりに震源がありそうな、雲の形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

4時全球画像

・2019.5.25 23:50更新
 【注意】快晴の暑い一日で、朝はカラスが大騒ぎ。雲は見られず。霞あり。
 ここ数日、地デジ放送の電波が途切れることがあり、千葉南部発生後も「アンテナ信号なし」が立て続けに表示されたのが引っかかります。前兆電磁波による攪乱でなければいいのですが。
 放射線量は低めで爆縮??
 千葉南部M5.1の前兆は、13日「関東地方上空の雲が強いものではありませんが、細かい筋が見られ、前兆含み」、22日「樺太から房総半島南東沖に境界前兆雲」を書いていました。
 また、さきほど伊豆大島近海M2.3が発生。東半球の地震活動が活発化します。

 ・4時全球画像。列島のはるか東沖に直線的な雲が有り、アウターライズ地震の前兆でなければいいのですが。
 その他、ロシア北部上空の雲は引き続き前兆含みです。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.07μSv/hでした。

18時可視画像

・2019.5.24 24:50更新
 【注意】当地、快晴でしたが霞は濃い状態でした。コンパスは東3度振れ。
 昨夜、アリューシャンで6.1Mが発生しています。

 ・18時可視画像。北海道西沖から東北地方北部にかかる雲が前兆を示しているように思いますが、はっきりしません。どちらかというと沿海州側の方が怪しいように思います。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

赤焼け

・2019.5.23 23:40更新
 【注意】当地、晴天ではっきりした雲は見られず。夕方は西を中心にオレンジ焼けしました。
 コンパスは東2度振れ。

 ・18時20分の西方向の空。雲は見られませんでしたが、かなりきつい焼けが見られました。高層の帯電エアロゾルが濃そうです。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

遠方系の雲
帯雲
赤焼け雲
スペース
2時赤外画像

・2019.5.22 23:50更新
【注意】当地、朝から方向性の乱れた巻雲、鈎型巻雲など遠方系の前兆が終日出続けました。
 夕方には北東ー南西の波状雲も見られ、遠近両方の震源が存在します。直前雲有り。
 コンパスは東2度振れ。

 1・7時の南東方向の空。典型的な遠方の震源を示すわちゃわちゃした雲たち。
 鈎型巻雲も遠方に見られます。
 2・17時50分の南東方向の空。北東ー南西の雲ですが、ねじりが入り、波状の模様もあり、こちらは列島周辺などの強めの震源です。
 久々の龍神のお出まし。
 3・18時50分の西方向の空。雲底がゲル状の直前雲。

 4・2時赤外画像。樺太から房総半島南東沖に境界前兆雲。9時の画像では樺太の南沖から北海道東部にかかるシャープな形状も見られました。
 強めの前兆で、要注意。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

18時可視画像

・2019.5.21 23:20更新
 【注意】当地、低層の雲と雨が夕方まで続きました。コンパスは東2度振れ。

 ・18時可視画像。若狭湾ー山陰ー北九州に東北東ー西南西の帯雲と、ほぼ東西整列の波状雲。
 帯雲はプレートストレスを示す雲ですが(但し、石川ー福井-滋賀に雲の亀裂)、波状雲は整列方向か直角方向の海域震源(それほど強くない)を示しているように思います。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

石垣状の雲
スペース
7時可視画像

・2019.5.20 23:30更新
【注意】当地、朝は遠方の強い震源を示す座布団状の石垣雲。午後は北から伸びて来る遠方系の巻雲がありました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・8時の東方向の空。東西整列?に見えた座布団状の雲。
 ローヤルティ諸島で昨日、6.3M、6.2Mが発生していますが、まだ、海外の震源は続きそうです。

 2・7時可視画像。千島西部・北海道東部に雲の吹き出しなど、前兆形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

巻雲
スペース
6時可視画像

・2019.5.19 23:20更新
【注意】当地、夕方に北から伸びる帯雲、西から伸びる巻雲が見られました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・18時10分の西南西方向の空。いずれも方向性は乱れていますが、北から伸びる帯雲、西から伸びる巻雲。
 近い震源ではなさそう。飛行機雲も消え残る状態。

 2・6時可視画像。北海道南部ー東北地方脊梁山脈ー伊豆半島に境界前兆雲。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.12μSv/hでした。

7時赤外画像
8時可視画像

・2019.5.18 24:00更新
 【注意】当地、昼前後に東南東ー西北西のかすかな波状雲が見られました。衛星画像は瀬戸内海を中心に雲の前兆形状。
 コンパスは東2度振れ。明日は満月。

 1・7時赤外画像。山陰地方を中心に東西の雲の亀裂形状。やや強い震源か。
 2・8時可視画像。瀬戸内海中央部に雲の円形状。上の東西亀裂と同じ震源の可能性有り。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

畝雲
スペース
7時可視画像

・2019.5.17 24:20更新
【注意】当地、夕方に深発の前兆と思われる北北東ー南南西整列の雲や、北東ー南西の雲などが見られました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・18時の南西方向の空。北北東ー南南西整列の畝雲。極端に強い前兆ではありませんが、整列方向か直角方向の深発地震の前兆ではないかと考えます。

 2・7時可視画像。樺太〜千島〜北海道の広い海域にべったり雲。強めの地震前兆ですが、発生まではまだ時間がかかるものと考えます。画像右上の直線のエッジの下かもしれません。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲
スペース

・2019.5.16 23:10更新
【注意】当地、午後から夕方にかけて、遠方系の前兆である方向性の乱れた巻雲がありました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・17時の西方向の空。方向性のかなり乱れた巻雲と、画像中央に2本の飛行機雲の消え残り。

 2・5時赤外画像。小笠原諸島の北に東西の雲の亀裂形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
巻雲など
飛行機雲の成長した雲

・2019.5.15 23:30更新
【注意】当地、昼頃から鈎型巻雲など遠方系の雲が出始め、夕方は飛行機雲の消え残りも成長し、かなり凄愴な空の雰囲気でした。
 コンパスは東2度振れ。体感有り。
 本日、奄美大島北東沖M5.5が発生。前兆は明確に把握出来ませんでしたが、12日の東北東ー西南西の雲の西側に当たります。

 1・12時50分の南東方向の空。東西基調の鈎型巻雲、まばらなうろこ雲が出ていました。
 遠方系の前兆。
 2・18時10分の西方向の空。東西方向の飛行機雲が成長して龍のようになり、その上空には方向性の乱れた巻雲。遠方には吊し雲。引き続き当地からは距離のある強い震源が存在する状態です。
 3・2の龍のような雲のアップです。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲

・2019.5.14 23:10更新
 【注意】当地、夕方になって低層の雲が切れ、西の空に南北の雲がありました。コンパスは東3度振れ。体感少々あり。
 先ほど、ニューギニア付近でM7.7の地震発生。10日、12日に書いた遠方系の前兆を書いていました。
 また、7日に同海域でM7.1が発生した際には「今回が本震??」と??を付けましたが、今日が本震ではないでしょうか(これ以上の巨大地震は起きてほしくないですが)。

 ・17時40分の西方向の空。南北の低層の巨大な帯雲。国府津ー松田断層上にも同方向の吊し雲。伊豆・小笠原諸島か新潟方面の活動の前兆と考えます。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08μSv/hでした。

・2019.5.13 23:30更新
 【注意】当地、午前中は低層の雲の雲底に北東ー南西の筋が見られました。
 コンパスは東3度振れ。

 ・9時可視画像。関東地方上空の雲が強いものではありませんが、細かい筋が見られ、前兆含みと思います。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.05〜0.07μSv/hでした。

巻雲など

・2019.5.12 23:40更新
 【注意】当地、夕方に方向性の乱れた遠方系の雲が見られました。
 コンパスは東2度振れ。

・17時10分の南方向の空。全体的に強い前兆ではありませんが、東北東ー西南西を主とした方向性の乱れた雲。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

放射雲
スペース
15時画像
15時全球画像

・2019.5.11 23:40更新
【注意】当地、朝は飛行機雲がなかなか崩れず、まだ怪しい状況だなぁと見ていました。
 夕方は北西指向の雲が目立つ状態。
 コンパスは東3度振れ。

 1・17時50分の西方向の空。北西からのシャープなビーム状放射雲。ロシア沿海州か北朝鮮北東部に震源?

 2・15時可視画像。北海道上空にナミナミ雲。やはり北海道南東沖あたりに震源か。
 3・15時全球画像。ニュージーランドの北東沖にM6級の雲の円形状。
 震源は円の中心よりも周縁部にあること多し。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.12μSv/hでした。

鈎型巻雲
ムカデ状雲
環太陽アーク
赤焼け
スペース
6時赤外画像

・2019.5.10 24:10更新
【注意】当地、朝から昼過ぎまでは鈎型巻雲など遠方系の前兆、午後は、低層の方向性の乱れた東西基調の雲、飛行機雲の消え残りと、環水平アークなど光学系の前兆あり。
 夕方は北東ー南西の赤焼け雲に南東ー北西整列のまばらな波状雲。
 不注意ミスによる事故が相次いでいるのもちょっと警戒すべきところ。コンパスは東3度振れ。
 今朝、日向灘M5.6、M6.3が発生。前兆はちょうど1ヶ月前の4月10日「南九州から沖にナミナミ雲が有り、付近に震源が存在」が未発。4月29日の畝雲の直角方向に当たります。また、ここ数日のプレートストレスを示す雲がありました。

 1・11時の北東方向の空。ほぼ東西整列の鈎型巻雲。
 2・17時10分の南南西方向の空。ほぼ東西のムカデ状雲。海外など雲法の強い震源を示す雲。
 3・同時刻の西南西方向の空。環太陽アークが有り、北側に北東ー南西の雲があります。飛行機雲も消え残る状態。やはり距離のある強い震源。
 4・18時40分の西方向の空。北東ー南西の赤焼け雲。福島沖などのやや強い前兆かと見ていました。
また、南東ー北西整列の波状雲が弱い海域震源を示していました。引き続き警戒を要します。

 5・6時赤外画像。千島〜茨城・千葉沖にかけて長大な直線状の境界前兆雲。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.09μSv/hでした。

吊し雲
吊し雲
吊し雲・波状雲
スペース
5時全球画像
9時可視画像

・2019.5.9 23:30更新
【注意】当地、朝から西の空に南北の吊し雲が強いプレートストレスを示していました。
 夕方には吊し雲は多方向となりました。雲底がゲル状の48時間直前雲も出ており、新月トリガー下ですので、注意を要します。

 1・8時30分の西方向の空。富士山の手前、国府津ー松田断層上に南北の吊し雲。過去例では、小笠原・伊豆諸島か新潟方面の前兆です。
 2・10時の西方向の空。低層の雲が出て曇っていますが、吊し雲は変わらず滞空。
 3・18時20分の南東方向の空。東西基調の吊し雲、波状雲。波状雲の直角方向は小笠原諸島方向です。

 4・5時全球画像。画像左側のロシアから中国を通りインドシナ半島方面へ直線的な雲のラインが出ているように見えます。
 5・9時可視画像。フォッサマグナ帯上空に雲の亀裂や吊し雲など。
 通常であれば、小笠原・伊豆諸島方面の前兆を示します。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.09μSv/hでした。

巻雲
ムカデ状雲
スペース
17時可視画像

・2019.5.8 23:10更新
【注意】当地、朝は冠雪の富士山が綺麗でした(完全な季節外れ)。雲は夕方から強風の中、形状の乱れた巻雲が出始め、また遠方系と見ていました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・18時10分の南方向の空。東西基調ですが、方向性・形状の乱れた雲。やはり遠方の強い震源を示す雲と考えます。
 2・18時30分の南南西方向の空。東西基調の雲にムカデ形状らしきカタチが現れています。
 そうであるならば 、フィジー等南洋の強い前兆。

 3・17時可視画像。極端に強いものではありませんが、北海道南東部沿岸を中心に雲の亀裂形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

13時赤外画像

・2019.5.7 23:40更新
 【注意】当地、夕方には低層の雨雲に南東ー北西の整列傾向が見られました。 コンパスは東2度振れ。
 今朝、ニューギニア付近M7.1が発生。ここ数日の遠方系の雲の結果と考えられます。先にソロモン6.1Mが発生していますが、4月12日の「ニューギニアから東に雲の亀裂形状」のほぼ下にあたります。今回が本震??

 ・13時赤外画像。北海道の東沖に北北西ー南南東の雲の亀裂形状。悪くするとM6級震源かもしれません。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.11μSv/hでした。

鈎型巻雲
スペース
8時可視画像

・2019.5.6 22:50更新
【注意】当地、午後から夕方にかけて、遠方系または火山活動の前兆と思われる雲が出ていました。
 コンパスは東2度振れ。放射線量低く、爆縮?

 1・17時50分の南東方向の空。南東ー北西整列の波状雲または鈎型巻雲「千鳥」。
 遠方系の強めの地震前兆または火山活動の前兆(あるいは両方)。

 2・8時可視画像。北海道南東沖に円弧状の雲。雲のエッジの下か、円弧の中心にM5程度の震源がありそうです。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.07μSv/hでした。

環太陽アーク、飛行機雲の消え残り
帯雲
スペース
11時可視画像

・2019.5.5 24:10更新
【注意】当地、朝から東西の帯雲、櫛の歯状の雲が出て、強いプレートストレスを示していました。午後から夕方にかけては、やはり東西方向の飛行機雲が多数消え残り、環太陽アーク、環水平アークも出て、要注意状態でした。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、根室半島南東沖M5.3が発生。前兆は4月15日「北海道東部上空にかかる雲が円弧状境界前兆雲」、24日「北海道東部から北部にナミナミ雲など」、5月2日「やや強い前兆か。北海道方面の可能性有り」等を書いていました。

 1・12時50分の南西方向の空。東西の飛行機雲が多数消え残る中、環太陽アークなど光学現象も見られました。当地から距離のある強い震源が存在します。
 2・18時10分の南方向の空。相模湾上空に東西のベール状の帯雲。

 3・11時可視画像。ロシア沿海州あたりの沿岸に前兆と思われるべったり雲。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

スペース

・2019.5.4 22:50更新
【注意】当地、夕方は雹と雷鳴で不穏な雰囲気でした。日没時の雲は赤焼けはしなかったものの昨日と方向性は似た状況。
 コンパスは東2度振れ。

 1・18時40分の西方向の空。赤焼けはしませんでしたが、雲の方向性は昨日と同様。

 2・11時赤外画像。千島ー三陸ー関東ー伊豆諸島の東沖にシャープで大きな円弧状境界前兆雲。雲のエッジの下に強めの震源。要注意。

 その他、衛星では南米西海岸のどこかにM6超級の震源がありそうです。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

赤焼け雲
赤焼け雲アップ
スペース
12時可視画像

・2019.5.3 22:20更新
【注意】当地、二日続けての夕方赤焼けとなりました。要注意。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、ソロモンでM6.1が発生。4月12日「ニューギニアから東に雲の亀裂形状」の結果。

 1・18時40分の西方向の空。北北東ー南南西の赤焼け雲。飛行機雲も消え残り、強いプレートストレスがかかった状態を示しています。
 低層に北西指向の放射雲。
 2・西の地平線近くの雲のアップ。かなりの力強さを感じます。

 3・12時可視画像。千島・北海道を中心に樺太からロシア沿岸部までナミナミ雲。
 やはりやや強い震源か。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

赤焼け雲
帯雲
スペース
8時赤外画像

・2019.5.2 24:20更新
【注意】当地、夕方から鈎型巻雲が出始め、日没時は赤く焼けました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・18時40分の南西方向の空。南西からの放射状雲のように見えますが、北東ー南西、東西の2方向の雲が合体しているように見えました。
 2・同時刻の西方向の空。北北東ー南南西の帯雲。捻りが入り、やや強い前兆か。北海道方面の可能性有り。

 3・8時赤外画像。千島上空とオホーツク海にふたつの円弧状境界前兆雲。雲のエッジの下にM6前後の震源。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。