今日のレポート(10/15)

1.ここに前兆が繰り返し出ている地域の方は身近な宏観にご注意下さい。中越、中越沖、サハリンなど前兆→それらしい結果の繰り返し後に本震が発生しています。2.「千鳥」は、スマトラ・パプアなど超遠方の前兆を示します。3.【注意】【警戒】などはその日の前兆現象の強さを示すもので、すぐに発生すると言う意味ではありません。

スペース

9時全球画像

・2018.10.15 23:00更新
【注意】当地、低層の雲で観察できず。但し、東西と南北の方向性がうっすら見て取れました。
 コンパスは東2度振れ。

 ・9時全球画像(気象庁提供)。見慣れた高知大さんの画像ではないので、確信が持てませんが、スマトラ上空に雲の吹き飛ばしが出ているように見えます。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

前兆雲
刺激雲

・2018.10.14 23:00更新
【注意】当地、午後から座布団状の石垣雲が遠方の強い震源を示していましたが、以後も強い震源の存在を示す雲が出続けました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・16時20分の西方向の空。過去にも強めの地震の前兆として見られた、いかにも帯電エアロゾルが濃い中で、出ていると思われる雲。
 2・16時50分の南方向の空。南から伸びてくる強い震源による刺激雲。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

2時赤外画像

・2018.10.13 23:40更新
【注意】当地、低層の雲で観察できず。体感ややあり。
 コンパスは東2度振れ。
 千島でM6.9が発生。規模が発生毎に大きくなっています。7月23日の強い前兆が未発のままとなっていました。
 また、オホーツク海南部M5.0が発生。こちらは昨日の境界前兆雲の下で発生しています。

 ・2時赤外画像(気象庁提供)。カムチャッカ半島と千島の東側にふたつの境界前兆雲。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

畝
スペース
1時赤外画像

・2018.10.12 24:10更新
【注意】当地、低層の積雲が多い一日でしたが、その上層には北東ー南西の雲がありました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・15時20分の西方向の空。低層の雲に北東ー南西の畝。
 この後に見られた中層の雲も同方向でした。

 2・1時赤外画像(気象庁提供)。樺太南部を中心に円弧状境界前兆雲が出ています。
 エッジの下にM6そこそこ程度の震源。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.08μSv/hと低めでした。

オレンジ焼け
帯雲

・2018.10.11 23:10更新
【注意】当地、夕方に低層の雲が切れて、上空の北東ー南西の雲がオレンジ焼けしているのが見られました。まだ、強めの震源が存在する状況。コンパスは東3度振れ。
 本日、9日に6.0Mが発生した千島で6.5Mの本震?が発生。
 また、ニューギニアでM7.3が発生。この地震の前兆は9月16日に書いた「ニューギニア北部にほぼ東西の雲の亀裂」の結果。予想よりも大きな規模でした。

 1・17時の北西方向の空。北東ー南西の雲がオレンジ焼けしていますが、一部はゲル状の直前状態か。飛行機雲の消え残りもあり。
 2・17時10分の西北西の空。基本は北東ー南西の雲ですが、南南東ー北北西の雲、飛行機雲の消え残りが有り、騒然としています。前兆性の帯電エアロゾルが濃い状況。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
吊し雲
鈎型巻雲
帯雲
石垣状雲

・2018.10.10 23:10更新
【注意】当地、午後から遠方の強い震源を示す、方向性の乱れた鈎型巻雲、石垣状の雲が見られ、飛行機雲も消え残っていました。
 コンパスは東3度振れ。
 北海道帯広では太陽周囲に幻日環が明瞭に輝いていたようです。剣呑ですね。

 1・14時10分の北東方向の空。北東ー南西に架橋する形状の乱れた巻雲。
 北東側には収束しているようにも見えました。原則として遠方の強い震源を示す雲。
 2・同時刻の西北西の空。国府津ー松田断層の上あたりに北東ー南西の笹の葉状の吊し雲。
 笹の葉状の吊し雲も強い地震の前に見られるストレスを示す雲です。
 3・同時刻の南南東の空。鈎型巻雲と飛行機雲が消え残り成長した雲。こちらは遠方系の特徴が顕著。
 4・16時40分の西方向の空。低層にほぼ南北の分厚い帯雲。新潟または伊豆・小笠原諸島の強めの前兆。
 5・同時刻の西の頭上。こちらは中層に遠方の強い震源を示す美しい石垣状の雲。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

赤焼け

・2018.10.9 23:30更新
【注意】当地、低層の積雲が多い一日。夕方は西方向のオレンジ焼けが見られました。ヒヨドリが大騒ぎ。
 コンパスは東3度振れ。
 本夕、カムチャッカ半島南沖の千島で6.0Mが発生。前兆は9月24日に書いた「強い海域震源の前兆。・・・千島か南西諸島方面」「カムチャッカ・・・にかかる美しい円弧状境界前兆雲」の結果と考えます。

 ・17時10分の西方向の空。オレンジ焼けの中、帯電エアロゾルをまとったようなちぎれ雲が南北方向に出ていました。まだ、プレートストレスはかかっているようです。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

9時可視画像

・2018.10.8 23:10更新
【注意】当地、本日ははっきりした雲は見られず。
 コンパスは東2度振れ。体感強め。

 ・9時可視画像。長野北部あたりにM4から5程度の雲の半円形状。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

ウナギ雲

・2018.10.7 24:30更新
【注意】本日、愛知東部M5.1、小笠原西方沖M5.5が発生しています。
 愛知の前兆は、2日「御前崎あたりの震源かと思いましたが、SNS等で画像を確認すると西日本まで鱗などの雲が続いており、当地からは距離のある震源と推定」を書きましたが、御前崎よりは遠方でした。
 小笠原の前兆は、1日の南南西の雲、2日の「直角方向(沿海州ー伊豆・茨城小笠原諸島)のM5以上」の結果の一つと考えます。
 当地、朝は北東ー南西のウナギ雲が見られました。夕方は西方向が赤焼け。コンパスは東3度振れ。放射線量計を起動したところ、0.31μSv/hを表示してアラームが鳴動しました。

 ・9時の南東の頭上。北東ー南西のウナギ雲、鱗雲。微細な構成要素も見られ、やや強い震源と思います。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

11時可視画像

・2018.10.6 23:50更新
【注意】北海道に台風25号の気圧変化が影響しそうで心配しています。
 9日が新月ですので、ダブルトリガーとなってしまいます。
 当地、本日ははっきりした雲は見られず。今朝、日付が変わった頃カラスが騒いでいました。体感強め。

 ・11時赤外画像。福島沿岸〜三陸沖に雲の吹き飛ばしが出ています。極端に強いものではありませんが、注意を要します。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

畝雲
畝
スペース
15時赤外画像

・2018.10.5 23:40更新
【注意】当地、朝は低層の雨雲に北東ー南西の畝が見られました。台風が通過する北海道方面での発生を懸念します。
 コンパスは東3度振れ。

 1・8時20分の北北東方向の空。北東ー南西の畝雲が横隊に整列。
 このところこの北北東方位の雲が続き、大きめ震源を懸念しています。
 2・11時30分の西北西の空。北東ー南西の畝。強めの震源に因る前兆と思っています。

 3・15時赤外画像。台風の雲が、沿海州内陸上空できれいな円弧状境界前兆雲となっています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

10時全球画像
16時可視画像

・2018.10.4 23:10更新
【注意】当地、低層の雨雲に覆われていましたが、午前中は東西整列の畝が見られました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・10時全球画像。大きなものではありませんが、ニュージーランド南部に円形状など雲の前兆形状が見られます。
 2・16時可視画像。台湾の周囲に前兆と見られる雲の円形状が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

巻雲・鱗雲
赤焼け
スペース
6時全球画像
8時可視画像

・2018.10.3 23:10更新
【注意】当地、朝は北からの刺激雲が出ていましたが、午後から北東ー南西の低層の雲が夕方は赤焼けしました。
 引き続き強い震源が存在する状況。
 コンパスは東3度振れ。

 1・16時30分の東北東方向の空。北東ー南西の巻雲と東西の雲がクロスする状況。
 鱗雲も一部にあって騒然とした空。
 2・17時30分の西方向の空。北東ー南西の帯雲が赤焼け。過去例から南北シーソー地震の前兆で、強いプレートストレスを示す雲ですが、昨日以前の前兆を勘案すると、海外含め複数の震源を示しているようで、判断が難しい状態です。

 3・6時全球画像。台風の東側が直線的にカットされた状態になっており、マリアナの南に震源があるのかもしれません。
 4・8時可視画像。本州上空に強いプレートストレスを示す東北東ー西南西の帯雲。
 原則東西シーソー地震の前兆ですが、上に書いたように判断が難しい状態です。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
波状雲
波状雲・鱗雲
断層状雲
鱗雲

・2018.10.2 23:20更新
【警戒】当地、朝は鈎型巻雲が整列し、海外等遠方の強い震源を示していましたが、夕方にかけて国内震源の前兆が混じり始めました。
 カラスの高圧鉄塔天辺3羽を確認、体感強め。コンパスは東2度振れ。

 1・7時の南南東の空。北東ー南西整列の鈎型巻雲。カットラインがシャープで遠方の強い震源に因るもの。
 要注意。
 2・14時40分の頭上。東北東ー西南西整列の波状雲ですが、直角方向のさらに細かい波状、微細鱗が輝いており、かなり強い震源を示しています。
 国内側の震源方位は、整列方向(福島・茨城ー四国沖)か直角方向(沿海州ー伊豆・茨城小笠原諸島)のM5以上。
 この後、ゲル状になって消えて行きましたが、直前雲として48時間直前雲の可能性あり。
 3・17時10分の西方向の空。西南西に収束するような形状の波状、鱗雲。
 最初、御前崎あたりの震源かと思いましたが、SNS等で画像を確認すると西日本まで鱗などの雲が続いており、当地からは距離のある震源と推定します。
 なお、東側にも東に収束するような同型状の雲が出ていました。
 4・17時30分の西北西の空。富士山の向こう側に北東ー南西の断層状雲が赤焼け。吊し雲も有り。
 この雲だけを見ると、福島沖などの震源を疑うのですが、ここ数日の全体を俯瞰すると、よく分からなくなります。
 5・ 17時40分の頭上。西南西から伸びて来るようなやや大柄な鱗雲。国内の当地からは距離のある震源ではないかと見ていました。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

波状雲
熊のジョン
遠方系前兆雲
夕日

・2018.10.1 23:40更新
【注意】台風一過、朝は北北東ー南南西整列の波状雲、午後には遠方系の雲などが見られました。
 さすがに霞はなく、富士山がクリアに見えました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・7時の南南西方向の空。北北東ー南南西整列の波状雲があり、整列方向か直角方向のM5前後の海域震源がありそうです。
 遠方には東西の帯雲がプレートストレスを示しています。
 2・9時20分の西方向の空。北北東ー南南西の熊のジョンのような帯雲。
 このところ北北東ー南南西方位の雲が多く見られます。(先般の北海道の地震の前には北東ー南西の雲が長期間、断続的に見られました)
 3・14時の南南東の空。ほぼ東西の帯雲から手前(北)にまつげ状の雲が伸びてきています。これは遠方系の強めの前兆です。
 4・ 17時30分の西方向の空。富士山の南麓に沈む夕日がオレンジでした。
 薄明光線が見事。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
彩雲

・2018.9.30 23:20更新
【注意】当地、午前中は思わぬ晴れ間があり、方向性の乱れた遠方系の巻雲が見られました。現在は風雨が強くなっています。
 コンパスは東2度振れ。
 フィジーで6.6Mが発生しています。

 1・12時10分の東南東の空。遠方に北北東ー南南西の吊し雲状の帯雲が有り、手前頭上に鈎型形状を持つ、遠方系の南東ー北西の雲。
 2・同時刻の南の頭上。巻雲がうっすらと彩雲になっていました。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

20時赤外画像

・2018.9.29 23:20更新
【注意】スラウェシの地震・津波被害が大きく、心が痛みます。
 当地、小雨の一日で観察不能でした。相模湾方向から軽い地鳴り有り。
 コンパスは東2度振れ。
 強い台風が接近中ですので、ご注意下さい。満月トリガー下の台風ですので、通過前後の発生注意です。

 20時赤外画像。台風起因の円弧状境界前兆雲が北海道南部〜朝鮮半島南部〜南西諸島にかかっています。エッジの下でやや強い地震発生に注意。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲
直前雲

・2018.9.28 23:20更新
【注意】本日19時過ぎ、インドネシアのモルッカ海で7.5Mが発生、ここ数日の遠方系の結果です。
 雲は、遠方の震源と思われる方向性の乱れた雲が有り、一部ゲル状の直前雲形状になっていました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・17時の西方向の空。南北基調ですが、ねじれた吊し雲ふうの低層の雲が横たわっていました。
 その上層には、方向性の乱れた雲。
 2・同時刻の西の頭上。やはり方向性の乱れた雲が、直前状態になっています。
 この後、19時過ぎに発生のモルッカ7.5Mの直前雲の可能性有り。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

帯雲
尾ぴく゜も
スペース
20時赤外画像

・2018.9.27 23:30更新
【注意】当地、午後遅くに低層の雲が鱗状となりまばらになり、その下層に北北東ー南南西のシャープな雲がオレンジ焼け。
 当地からやや距離のある強めの震源が存在しています。コンパスは東2度振れ。

 1・17時40分の南方向の空。まばらな鱗雲の下層にシャープで一部捻りの入った帯雲。かなり強い震源に因る雲。
 震源は当地からやや距離があるか、または、海外遠方。現状では北海道方面か小笠原・マリアナに注目しています。
 2・同時刻の西方向の空。シャープな帯雲がオレンジ焼け。形状がシャープで剣呑な状況。

 3・20時赤外画像。樺太南部ー北海道中部ー青森東岸にかかる円弧状境界前兆雲。
 エッジの下にやや強い震源あり。要注意。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.12μSv/hでした。

10時全球画像
15時赤外画像
21時赤外画像

・2018.9.26 23:30更新
【注意】当地、低層の雨雲で観察不能。コンパスは東2度振れ。

 1・10時全球画像。カムチャッカ沖に円弧状境界前兆雲。
 画像では切れていますが、フィジーあたりにかかる境界前兆雲。がありました。
 2・15時赤外画像。茨城沖から紀伊半島にかけて雲の亀裂形状。茨城沖にやや強い震源がありそうです。
 3・1時赤外画像。やはり茨城・福島沖に震源がありそうな雲の半円形状。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

18時赤外画像

・2018.9.25 23:20更新
【注意】当地、低層の雨雲で観察不能。高知大さんの衛星画像復活しました。
 コンパスは東2度振れ。

 ・18時赤外画像。昨日から続いている台風起因の境界前兆雲。
 九州南部にかかってるあたりの雲のエッジがシャープです。
 反対の南側、小笠原諸島方面にも震源がありそうなシャープな吹き飛ばしのライン。
 青森内陸から北東に雲の吹き出し有り。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

吊し雲
波状雲・鱗雲
波状雲
刺激雲
スペース
22時赤外画像

・2018.9.24 23:20更新
【警戒】当地、朝から東南東ー西北西のベール状の巻雲、その後は夕方にかけて、吊し雲、波状雲、鱗雲、強い震源に因る刺激雲、幻日など、賑やかで異様な状況でした。
 明日の満月にかけて警戒すべき状況と考えます。
 コンパスは東2度振れ。

 1・16時20分の西方向の空。吊し雲、飛行機雲が消え残って密度濃く成長した雲、鱗雲など、強い震源が発生を待っているとしか思えない異様な雲の状況。
 ただ、赤焼けは見られませんでした。
2・同時刻の東北東の空。北東方向に収束するような波状雲・鱗雲。
 飛行機雲が成長した雲も北東ー南西に滞空しています。
 茨城・福島沖の海域に強めの震源がありそう。
 3・同時刻の北の頭上。南東ー北西整列の細かい波状雲。強い海域震源の前兆。
 方向的には、沿海州方面の日本海、千島か南西諸島方面が考えられます。
 4・ 17時30分の西方向の空。非常に強い震源に因る刺激雲と推測される雲が北から伸びています。
 鈎型形状もあり、主たる震源は海外等の距離のある震源と推定。

 5・22時赤外画像(気象庁提供)。カムチャッカー樺太南部ー沿海州ー朝鮮半島南部ー東シナ海ー南西諸島中部にかかる美しい円弧状境界前兆雲が出ていました。
 エッジの下でM6 前後の発生を懸念します。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

吊し雲
巻雲

・2018.9.23 23:20更新
【注意】本日15時前、マリアナの南で6.4Mが発生、ここ数日の遠方系の結果の一つと推定。
 また沖縄本島近海で15日の地震の余震と思われるM5.5が発生しています。
 雲は、国内内陸の震源と思われる鱗雲、遠方系の巻雲、ストレスを示す吊し雲など、強いものではありませんが、賑やかでした。

 1・17時の南方向の空。ほぼ東西方向の吊し雲。まだ、ストレスがかかっている状態。
 2・同時刻の南東の空。南東指向の巻雲。鈎型形状が有り、遠方系の前兆。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

巻雲
帯雲
吊し雲

・2018.9.22 23:20更新
【警戒】当地、昼前から晴れて前兆雲が見え始めました。方向性は北東ー南西ですが、形状に乱れが有り遠方系の強めの前兆。
 コンパスは東2度振れ。体感有り。カラスも未明から騒いでいました。

 1・16時40分の南方向の空。北東ー南西の形状・方向性が乱れた巻雲。鈎型、S字形状が有り、遠方系の強い前兆です。
 2・17時30分の西北西方向の空。国府津ー松田断層上空を中心にシャープな帯雲、吊し雲。
 強いプレートストレスを示す剣呑な雲。スマトラ前にも同じ位置に、さらに密度の高い同様の雲が出ていました。
 3・17時40分の西北西方向の空。北東ー南西のシャープな吊し雲。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

17時咳害画像

・2018.9.21 23:20更新
【注意】当地、低層の雨雲で観察不能。
 今日も、高知大さんの衛星画像は見られず。雲も雨雲で観察不能。
 コンパスは東2度振れ。

 ・17時赤外画像(気象庁提供)。北海道〜朝鮮半島に弱い円弧状境界前兆雲が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

雲底に畝

・2018.9.20 23:20更新
【注意】当地、低層の雨雲で観察不能。
 また、高知大さんの衛星画像は見られず。コンパスは東2度振れ。

 ・8時20分の北西方向の空。雨雲の雲底に北東ー南西の畝。
 この後も、雲底には畝、デコボコが見られ、プレートストレスを示していました。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

鱗雲
ギア状雲
赤焼け

・2018.9.19 23:10更新
【警戒】当地、朝は東北東ー西南西の鱗雲、波状雲が出ており、形状的には強い地震の一発前兆と言ってもよいカタチでした。夕方は西方向がオレンジ焼け。
 体感有り。コンパスは東1度振れ。
 放射線量は少なめで地震発生前の爆縮?

 1・8時10分の北東方向の空。東北東ー西南西の鱗雲ですが、ムカデ形状にも見えます。
 従って当地からは遠方の震源ではないかと思いますが、はっきりしません。強めの震源と思われ、注意を要します。
 2・8時40分の北東方向の空。この時間ではほぼ東西方向の雲に変化していますが、厚めの雲にギヤ形状が見られ、強めの震源の一発前兆と推測します。
 強いプレートストレスを示す雲。
 この形状の雲は国内の海域震源と推測します。25日が満月で、その前後の発生を疑います。
 一番可能性が高いのは、北海道から茨城沖の海域。
 3・17時50分の西方向の空。焼け方としては列島周辺から海外を疑う焼け方。
 飛行機雲も消え残っています(成長するところまではいかず)

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.05〜0.07μSv/hでした。

巻雲
畝雲

・2018.9.18 23:20更新
【注意】当地、午後から夕方に方向性の乱れた巻雲、低層の畝雲が見られました。体感ややあり。
 コンパスは東2度振れ。

 1・17時の東北東の空。北東から伸びてくる、強い震源に因る刺激雲。
 方向性が乱れており、遠方の強い震源?
 2・ 同時刻の北西方向の空。低層の雲に南東ー北西整列の畝。
 整列方向か直角方向に震源有り。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

巻雲
スペース
7時赤外画像
20時赤外画像

・2018.9.17 23:20更新
【注意】当地、朝から午後まで、方向性の乱れた巻雲が出続けました。遠方系の前兆。
 昨夜日付が変わった頃からカラスが騒いでいました。コンパスは東2度振れ。

 1・8時40分の西方向の空。北から伸びて来る方向性の乱れた巻雲、または強い震源に因る震源による刺激雲。
 かなり強い震源。

 2・7時赤外画像。北海道南東部に直線の境界前兆雲。その東西にプレートストレスを示す雲。
 昨日に続く前兆。
 3・20時赤外画像。本州上空に東西のプレートストレスを示す雲。後続地震に注意を要します。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲
スペース
2時赤外画像
7時全球画像

・2018.9.16 24:50更新
【注意】当地、夕方に東西基調の雲が見られましたが、当地からやや距離のある海外震源と国内震源を示していました。 コンパスは東2度振れ。体感有り。

 1・17時50分の南西方向の空。東西基調の雲ですが、形状がシャープ。にも関わらず小さな鈎型形状があり、国内震源と海外等の遠方の震源があわさったものと思います。

 2・2時赤外画像。北海道を南北に貫く雲の亀裂が有り、亀裂の下にM5以上の震源があるものと考えます。
 直視の雲の国内震源の方は、この北海道の震源か。
 3・7時全球画像。ニューギニア北部にほぼ東西の雲の亀裂。
 M6程度と思われる前兆で、上の海外の震源にあたりそうです。
 要注意。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

13時可視画像

・2018.9.15 23:30更新
【注意】当地、今日も低層の雨雲で観察不能。カラスが騒いでいました。
 コンパスは東2度振れ。
 沖縄本島近海でM5.4とM5.8が発生。6日に書いた南北シーソー地震かもしれません。

 ・13時可視画像。樺太--千島--北海道の海域に雲の前兆形状が見られます。
 特に樺太東沖に境界前兆雲が滞空していました。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

7時赤外画像

・2018.9.14 23:30更新
【注意】当地、低層の雨雲で観察不能。コンパスは東2度振れ。

 ・7時赤外画像。瀬戸内海西部を横切る前線がありますが、この影響があるとしても、瀬戸内海を中心とする西日本を取り囲む雲の配列は前兆らしく見えます。
(福岡沖地震の前兆と思われる、2005年3月19日の衛星画像にちょっと似ている)

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

8時可視画像
19時赤外画像

・2018.9.13 23:30更新
【注意】当地、低層の雲で観察不能。コンパスは東2度振れ。

 1・8時可視画像。北海道南部あたりに雲の前兆形状が有り、嫌なのですが、やや強い余震かもしれません。
 2・ 19時赤外画像。福島沿岸を中心に雲の亀裂形状が出ています。
 西日本にもやや強い震源が ありそうな雲の形状が出ている。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

鱗雲
刺激雲

・2018.9.12 22:40更新
 【注意】当地、朝は内陸の地震前兆と思われる鱗雲と、強い震源による刺激雲が出ていました。以後は低層の雨雲で観察不能。
 コンパスは東2度振れ。
 昨日、青森東方沖M5.0が発生。前兆は9月7日のナミナミ雲と推定。

1・9時の南東の空。東西基調の鱗雲。内陸震源の前兆と思われる鱗雲。
 やや強い前兆か。
2・同時刻の北西の空。北から伸びて来る強い震源に因る刺激雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

ゲル状雲
放射状雲
スペース
12時赤外画像

・2018.9.11 23:20更新
【注意】当地、朝から低層の雨雲にかぶられた状態でしたが、午後から夕方にかけて雲底に前兆形状が見られました。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、 ローヤルティ諸島6.3Mが発生しています。

 1・17時30分の西方向の空。北西の丹沢から伸びて来るゲル状の雲。
 48時間前兆の直前雲。
 2・17時40分の北方向の空。低層の雲に北北東収束の放射形状。
 北北東方向(北海道方向)にM5程度の震源。

 3・12時赤外画像。千島東部に南北の境界前兆雲。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

吊し雲
暈雲
スペース
15時赤外画像

・2018.9.10 23:20更新
【注意】当地、朝は南南東ー北北西の吊し雲、熊のジョン。西の空には西から伸びる形状の乱れた巻雲。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、ソロモン諸島6.5M、ニュージーランド近海M7.0が発生しています。ニュージーランドは8月30日、31日に前兆を書いていました。
 放射線値は通常に戻っています。

 1・8時10分の西方向の空。南南東ー北北西の吊し雲、熊のジョン。一部に波状の模様があり、海域震源らしく見えます。
 2・8時50分の西方向の空。富士山に雲がかぶり、強い前兆を示しています。

 3・15時赤外画像。樺太南部--北海道西部--東北地方西岸に円弧状境界前兆雲。
 また、北海道東沖--銚子沖--伊豆半島沖に直線的な亀裂があります。
 震源は、円弧のエッジの上か、円弧の中心側の亀裂のどこかにあるものと思います。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲
巻雲

・2018.9.9 22:20更新
 【注意】当地、午前中は東西の形状の乱れた雲が見られ、午後は吊し雲、鈎型巻雲などが見られました。
 コンパスは東2度振れ。放射線量がやや低く爆縮??だとすると48時間程度で発生有り。

 1・11時30分の南南東方向の空。東西方向の形状の乱れた帯雲。鈎型形状が見られ、遠方の前兆。
 2・16時50分の西方向の空。ほぼ南北の吊し雲と、北北西から伸びて来る巻雲または刺激雲。
 引き続き強い震源の存在を示しています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.03〜0.07μSv/hでした。

カナトコ雲
帯雲
スペース
13時可視画像

・2018.9.8 23:50更新
【注意】今日はちょっと涼しくなりました。
 夕方は相模湾上に雷雲が発達。西の空に北東ー南西の雲が出ていました。模様が細かく強めの前兆と推定。
 コンパスは東3度振れ。

 1・17時20分の南方向の空。相模湾上の2カ所で雷雲が発達。両者、対流圏界面に達してカナトコ雲になっています。
 過去例から雲の下に震源がある可能性があります。
 2・同時刻の西北西方向の空。北東ー南西のシャープな短い帯雲が鱗形状を伴って出ていました。まだ、強めの震源が存在しています。

 3・13時可視画像。昨日から続き、北海道東部から沖にナミナミ雲など前兆形状あり。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

吊し雲
帯雲
吊し雲
巻雲
スペース
9時可視画像

・2018.9.7 23:50更新
【警戒】当地、昼前後から低層の雲に熊のジョン、ミルフィーユ状の吊し雲が形成され始め、剣呑な状況と思っていましたが、夕方になり空が晴れても、南南東ー北北西、北北東ー南南西等の吊し雲が出続けました。
 要注意の強い前兆です。
 地震は、1時前にフィジーM8.1(またもムカデ状→フィジー、S字形状→M8巨大地震)、11時過ぎにエクアドル6.2Mが発生していますが、上記のように前兆は出続けています。

 1・15時40分の北東の空。東西整列の吊し雲群。UFOが編隊飛行しているような整然さが見て取れます。
 高層域に方向性の乱れた巻雲あり。
 2・17時10分の東方向の空。北東ー南西の吊し雲になりかけのような帯雲。
 8月末からたびたび同様の雲が見られています。
 同傾向の雲が続く期間が長いほど、震源は強いということになります。
 3・17時40分の西方向の空。こちらは南南東ー北北西の国府津ー松田断層上に滞空している吊し雲群。
 強いプレートストレスを示す雲。
 4・同時刻の南方向の空。画面奥、櫛の歯状の巻雲が、北東ー南西に整列しているのが見られました。
 震源は、整列方向か直角方向。海域の強めか。
 画像右側の吊し雲の湾曲も剣呑。

 5・9時可視画像(高知大さんやっと復活)。襟裳岬あたりに震源があるような周囲の雲の形状が出ています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
鈎型巻雲
ムカデ状雲

・2018.9.6 23:10更新
 【警戒】台風21号と、胆振地方のM6.7地震で被害を受けられた方々にお見舞い申し上げます。
 この地震の前兆については、6月10日のべったり雲から始まり、7月23日、27日、31日、8月7日、23日、30日(最終一発前兆)等と、今回の台風トリガー警戒を書いておりました。
 但し、6月の大阪地震から、国内外での強い地震が連続しており、前兆の混交により、震源位置は特定できませんでした。
 当地、朝から遠方のかなり強い地震を示す、鈎型巻雲「千鳥」の整列が有り、以後もムカデ状雲の変形などが出ていました。
 当地から遠方の強い震源がある状態で、過去例からは海外の大型がまず疑われますが、南北シーソー地震(台湾等)、または今日の地震が前震と言うこともあり得ますので、くれぐれもご注意下さい。

 1・7時の南の頭上。西南西指向の鈎型巻雲。見た瞬間に「嫌だな!!」と思う形状の雲。
 2・8時10分の北東の空。東北東ー西南西整列の鈎型巻雲「千鳥」。透明感、形状の幾何学的整合から、当地から距離のあるかなり強い震源の可能性があります。
 特に鈎型にS字形状が見られるときは、強い地震が後続します。
 3・10時20分の北東の空。東北東ー西南西のムカデ形状になりかけのような雲。これも透明感のある美しい雲で、当地からは距離のある強い震源を示しています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

帯雲
吊し雲

・2018.9.5 22:20更新
 【注意】当地、午後から南北方向の帯雲、鱗雲、吊し雲が出続けました。
 短時間でしたが、北からの刺激雲、東西整列の鈎型巻雲「千鳥」も。
 コンパスは東3度振れ。

 1・14時の西方向の空。吊し雲になりかけのような帯雲。一部が鱗雲。
 やや強い、距離のある震源 。
 2・18時10分の西方向の空。軽い焼けの中、南北方向の吊し雲。
 強いプレートストレスを示す雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

11時可視画像

・2018.9.4 23:30更新
【注意】当地、夕方から風が強くなりました。飛びそうなものは養生しましたが、みなさんも充分ご注意下さい。
 空は低層の雲に表情が無く、観察不能。
 コンパスは東2度振れ。

 ・11時可視画像(気象庁提供)。千島から北に雲の吹き出しが有り、前兆に見えます。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

帯雲

・2018.9.3 23:10更新
【注意】当地、午後は遠方の強い震源を示す、石垣状の雲が出ていました。
 夕方は東の空にほぼ南北の雲。
 台風通過前後の地震発生に注意を要します。

 ・18時の東方向の空。ほぼ南北の帯雲ですが、吊し雲のようにも見えます。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

畝

・2018.9.2 23:20更新
【注意】当地、低層の雲に垂れ込められた一日。昼前後、雲底に南北の畝が出ていました。
 コンパスは東3度振れ。
  今朝、小笠原西方沖M5.7が発生。台風通過前に発生をみてしまいました。

 ・12時の西方向の空。低層の雲の雲底に南北基調の畝。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

彩雲

・2018.9.1 23:40更新
【注意】今日の昼、東西基調の方向性の乱れた雲が、広い範囲で彩雲になっていました。台風通過後に発生する震源があるのかもしれません。
 コンパスは東3度振れ。

 ・12時の南方向の空。東西基調の方向性の乱れた雲が、広い範囲で彩雲に。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

吊し雲
刺激雲
スペース
9時全球画像

・2018.8.31 23:50更新
【注意】当地、朝からやや強い前兆と思われる雲が出ており、終日滞空しました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・7時10分の南の頭上。東西基調の吊し雲、巻雲。強めのストレスがかかった状態。
 2・9時40分の東北東の空。北から伸びて来る強い震源起因の刺激雲。ムカデ状雲の同類と思われ、震源は当地から距離がありそうです。

 3・9時全球画像(気象庁提供)。昨日に続きニュージーランドから北に直線的な境界前兆雲。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

吊し雲
刺激雲
吊し雲
スペース
18時全球画像

・2018.8.30 23:10更新
【注意】当地、夕方になり台風の影響もあるのか、東西、北東ー南西の雲が多数滞空して騒然とした空になりました。 西方向がオレンジ焼け。
 コンパスは東2度振れ。

 1・17時30分の西方向の空。北東ー南西の吊し雲、刺激雲があり、その下に東西の巻雲。かなり強い震源の存在を示していますが、震源位置はよく分かりません。
 2・同時刻の東北東の空。東西整列の刺激雲がムカデ形状に見えます。その下に東西の巻雲と分厚い帯雲。
 こちらも強い震源の存在を
 3・17時50分の東方向の空。北東ー南西のうねった吊し雲群。強いプレートストレスを示す雲。

 4・ 18時全球画像。オーストラリアとニュージーランド間に雲の前兆形状。
 NZ側に震源?

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

8時可視画像

・2018.8.29 23:20更新
 当地、低層の雲で観察不能。コンパスは東2度振れ。
 マリアナで6.4M、ローヤルティ諸島でM7.0が発生しています。
 このところの遠方系の雲の結果とは思いますが、これだけ連続すると判別がつかなくなって来ます。

 ・8時可視画像。北海道東沖を中心に海上にべったり雲が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

7時赤外画像
19時全球画像

・2018.8.28 23:20更新
 【注意】当地、はっきりした雲は見られず。コンパスは東3度振れ。

 1・7時赤外画像。茨城沖に雲の亀裂や円形状が有り、強いものではありませんが、震源がありそうです。
 2・19時全球画像。昨日に続き、南西諸島・台湾沖に雲の吹き飛ばし。強めの震源がありそう。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.12μSv/hでした。

ムカデ状雲
スペース
11時咳害画像

・2018.8.27 24:00更新
 【注意】とんでもなく暑い一日でした。現在、雲を通してうっすらと月(昨日が満月)が見えています。
 コンパスは東3度振れ。

 1・17時の北東の空。ほぼ東西の雲ですが、この形状は海外等遠方の震源を示すムカデ状雲と同類。
 中国・台湾方面を疑います。

 2・11時赤外画像。台湾の東から南東沖に強めの震源がありそうな雲の吹き飛ばし形状が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

鈎型巻雲

・2018.8.26 23:30更新
 当地、空の一部に鈎型巻雲が出ていました。
 コンパスは東3度振れ。
 本日、択捉南東沖5.1Mが発生。8月3日等の前兆の結果と考えます。

 ・12時40分の北方向の空。 北指向の鈎型巻雲。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

鱗雲
帯雲

・2018.8.25 23:50更新
 【注意】当地、夕方になり東の空に東西の帯雲、頭上に鱗雲が出ていました。コンパスは東4度振れ。

 1・17時40分の南の頭上。当地から東西か南北のやや強い震源がありそうな鱗雲(一部吊し雲)が出ていました。
 2・同時刻の南東方向の空。ほぼ東西のベール状の帯雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
吊し雲
薄明光線

・2018.8.24 23:50更新
【注意】当地、夕方からS字に湾曲した鈎型巻雲など、距離のある震源を示す雲が見られました。
 日没時は西方向が赤焼け、薄明光線あり。
 コンパスは東4度振れ。

 1・18時10分の南方向の空。南西向きの鈎型巻雲が当地から遠方の震源を示していました。
 2・同時刻の東方向の空。ほぼ南北の吊し雲が整列。こちらは強めのプレートストレスを示す雲。
 3・18時20分の西方向の空。オレンジ焼けの雲を貫く薄明光線。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

石垣状雲
鈎型巻雲
スペース
16時可視画像

・2018.8.23 23:00更新
【注意】遠方の地震ですが、フィジーM8.2の後も、ベネズエラM7.3、バヌアツ6.5M、オレゴン沖6.2M、そして本日アリューシャン6.0Mと発生が続いています。
 今日の雲からは、まだ後続がありそうな状態です。
 朝、南東ー北西整列の石垣状雲、夕方は鈎型巻雲が見られました。いずれも遠方系の前兆。
 コンパスは東4度振れ。

 1・9時40分の南の頭上。南東ー北西整列の石垣状雲。距離のある強めの震源が整列方向か、直角方向に存在。
 2・17時40分の北西の頭上。こちらも遠方系の鈎型巻雲。

 3・16時可視画像(気象庁提供)。北海道の東沖か津軽海峡の西沖に強めの震源が存在しているようで、雲の前兆形状が出ています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲

・2018.8.22 23:10更新
 当地、低層の積雲が多かった一日。夕方は西の空にほぼ南北の帯雲が出ていました。
 コンパスは東4度振れ。

 ・16時10分の西方向の空。 ほぼ南北の帯雲がオレンジ焼けしていました。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

波状雲
波状雲

・2018.8.21 23:50更新
 【注意】地、朝から鈎型巻雲がちらほら。昼前には南北整列の波状雲が見られました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・11時30分の北東の空。南北整列の波状雲。震源は海域のM5前後、当地から南北(小笠原--新潟)方向か東西方向(銚子沖--瀬戸内海)。
 2・17時40分の北西方向の空。波状雲から吊し雲に遷移しているような雲。さらに遠方には吊し雲がありました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

低層の雲

・2018.8.20 22:50更新
 当地、朝から雨雲に覆われた一日。雲底にデコボコがあり深発の前兆。
 コンパスは東3度振れ。

 ・12時の南南西方向の空。 雲底に深発の地震を示すデコボコがありました。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

刺激雲
帯雲

・2018.8.19 23:50更新
 【注意】朝、北から伸びてくる強い震源起因の刺激雲が見られました。夕方は北東ー南西の雲が少し焼けました。
 コンパスは東3度振れ。
 本日、フィジーM8.2が発生。今回震源位置は特定できませんでしたが、8月17日に書いた「かなり強い地震の一発前兆雲と推測できます。下の画像などからムカデ形状も見られ、かなりの確率で海外等距離のある震源と判断します」が直前前兆と考えます。
 ムカデ状雲の出現後は高い確率でフィジーの地震が後続します。
 また、このところ鈎型巻雲が連続し、遠方の震源を示していました。

 1・10時の北北東方向の空。北から伸びてくる強い震源起因の刺激雲。フィジーM8.2の前兆か、これから発生する地震の前兆か、タイミングが微妙です。
 2・18時10分の西南西の空。北東ー南西の帯雲群が強いプレートストレスを示していました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲
帯雲
スペース
21時赤外画像

・2018.8.18 24:20更新
【注意】今日は、朝から北北東ー南南西の巻雲、帯雲が出ており、雲の延長方向どちらかに震源があるものと見ていました。
 夕方は西方面のこの雲が赤焼け。
 コンパスは東3度振れ。

 1・9時30分の南南西方向の空。北北東ー南南西の巻雲が出ており、形状はベール状で、カムチャッカ、マリアナ等、遠方と推定。要注意。
 2・12時の西北西の空。伊豆半島上空に北北東ー南南西の帯雲。形状に乱れ有り。

 3・21時赤外画像(気象庁提供)。カムチャッカから南南東に直線の境界前兆雲。
関東上空にM5級、雲の円形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

帯雲
帯雲
スペース
11時赤外画像

・2018.8.17 23:40更新
【注意】当地、午前中は東北東ー西南西の帯雲がじっと動かず滞空していました。強いプレートストレスを示す雲。
 夕方は西の地平線が少々焼けました。コンパスは東2度振れ。
 今朝、硫黄島近海M6.6が発生。前兆は7月18日「小笠原諸島か南西諸島のはるか南沖に強めの震源」8月9日「小笠原などの強めの前兆」10日「小笠原諸島などの強めの前兆」等を書いていました。

 1・11時の東北東の空。細かい筋が入り、かなり強い地震の一発前兆雲と推測できます。
 下の画像などからムカデ形状も見られ、かなりの確率で海外等距離のある震源と判断します。
 2・12時の南方向の空。東北東ー西南西の帯雲が滞空。ムカデ形状が見られ、海外等遠方の強い地震の前兆です。

 3・11時赤外画像(気象庁提供)。カムチャッカ〜樺太南部〜北海道東部に円弧状境界前兆雲。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
鱗雲など

・2018.8.16 23:20更新
 【注意】当地、昼頃から鈎型巻雲が目立ちました。夕方には雷雲もふくめて騒然とした空になりました。
 コンパスは東3度振れ。
 SNSだと、神奈川で低い位置の、曲率の緩い虹が見られたようです。ちょっと注意かなと思っています。

 1・12時10分の南南東方向の空。東西整列の鈎型巻雲。
 2・16時50分の西方向の空。高層に雷雲の先端、北東ー南西の鱗雲、南北の吊し雲など。騒然とした剣呑な空でした。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
巻雲

・2018.8.15 23:20更新
 【注意】当地、朝から東の空に南北基調、北の空に東西基調のムカデ状雲・遠方系鈎型巻雲が出続けました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・7時の東方向の空。南北基調の鈎型巻雲。遠方系の強い前兆。
 2・12時40分の北方向の空。東西基調の遠方系鈎型巻雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
スペース
19時全球画像

・2018.8.14 23:30更新
 【注意】当地、ほぼ終日、遠方系の前兆である鈎型巻雲が出ていました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・9時の南西方向の空。遠方の強い震源を示す鈎型巻雲。

 2・19時全球画像(気象庁提供)。樺太南部を東西に通過する円弧状境界前兆雲。
 エッジの下にM5+の震源有り。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

雷雲

・2018.8.13 23:00更新
 当地、朝から雲が多い一日。夕方は強雷、降雨となりました。
 コンパスは東3度振れ。

 ・15時の北方向の空。東西に展開する雷雲の形状がかなり異様に見えました。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

19時可視画像

・2018.8.12 23:00更新
 【注意】本日の衛星画像ですが、昨日前兆の出ていた西日本に雷雲の発達が見られました。
 少々、気になる状態。
 コンパスは東3度振れ。

 ・19時可視画像。西日本を中心に雷雲の発達が見られます。特に静岡・愛知県境付近を中心とする雷雲は巨大。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.09μSv/hでした。

9時可視画像

・2018.8.11 22:10更新
 【注意】本日の衛星画像ですが、9時可視画像で西日本を中心に雲の亀裂がありました。
 本日千島で5.9Mが発生、このところ続いていた千島方面の前兆の結果。その後、福島沖M5.2が発生しており、これは7月14日の衛星画像、最近の北東方向の雲の結果。
 放射線量計のスイッチを入れたところ0.37μSv/hを計測して警報が鳴動しました。

 ・9時可視画像。西日本を中心に東西の雲の亀裂形状。豊後水道から九州内陸に震源がありそうです。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.13〜0.15μSv/hでやや高めでした。

9時可視画像
18時全球画像

・2018.8.10 23:00更新
 【注意】当地、朝は西の空に南北方向の吊し雲が出ていました。小笠原諸島などの強めの前兆。
 コンパスは東3度振れ。

 1・9時可視画像。近畿・山陽・四国上空にべったり雲。強い前兆ではありませんが、複数の震源がありそう。
 2・ 18時全球画像。ハワイあたりを中心にM6級の雲の円形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.12μSv/hでした。

台風の雲
スペース
19時赤外画像

・2018.8.9 23:00更新
 【注意】当地、午後から晴れました。雲は夕方に台風起因と思われる東西の雲がありました。小笠原などの強めの前兆です。
 コンパスは東3度振れ。

 1・18時の西南西方向の空。東西基調の雲が整列。

 2・19時赤外画像(気象庁提供)。北海道東沖の雲の亀裂が前兆に見えました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

赤焼け
スペース
12時可視画像

・2018.8.8 23:00更新
 【注意】当地、朝から雨で観察不能。夕方は空一面がマゼンタに焼けました。
 コンパスは東3度振れ。
 本日、三陸沖M5.3が発生。前兆は7月20日、21日に書いた震源です。

 1・18時50分の南方向の空。台風接近時に強い震源があるときの一面焼けがありましたが、強烈なものではありませんでした。

 2・12時可視画像。若狭湾あたりの雲が弱い前兆を示しています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.12μSv/hで少し高めでした。

帯雲

・2018.8.7 23:10更新
 【注意】当地、台風起因の雲ですが、北東ー南西の雄大な帯雲が低層に出ていました。
 まだ、やや距離のある強い震源があるものと思います。

 ・14時30分の西方向の空。台風の影響とひょっとして強い震源の影響を受けた北東ー南西の帯雲。雄大なもので剣呑です。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

19時可視画像

・2018.8.6 23:10更新
 【注意】当地、低層の雲がかぶり観察不能。現在、稲光がしています。
 昨日、インドネシアのスンバワで6.9Mが発生。被害が大きく心が痛みます。前兆は、7月29日の6.4Mと併せて、6月29日の全球画像でのインド洋のM6+円形状。震源はこの円形状の周縁部に当たります。
 また、7月初めからの鈎型巻雲など遠方系の前兆の結果と考えます。直近では薄明光線、赤焼けが続きましたが、これにら対して6.9Mはやや小さく、強い地震の後続を引き続き警戒しています。

 ・19時可視画像。九州南部上空の雲の集まり方が、どうも前兆に見えます。注意して見ていきます。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

巻雲
吊し雲

・2018.8.5 23:40更新
 【注意】当地、今日も暑い一日。夕方になり、北東ー南西の雲が出ていました。霞は濃い状況。
 コンパスは東3度振れ。

 1・17時20分の南東の頭上。方向性が乱れた巻雲が出ており、遠方の震源を示していました。
 2・ 18時10分の西方向の空。北東ー南西の吊し雲、鱗雲。
 その上層に 巻雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

直前雲
スペース
14時可視画像

・2018.8.4 23:30更新
 【注意】当地、夕方にゲル状の形状を持つ直前雲が出ていました。
 コンパスは東3度振れ継続中。

 1・18時10分の西方向の空。細かい鱗とゲル状の直前雲が出ていました。

 2・14時可視画像。台湾の東沖に、円形と直線亀裂の雲の前兆形状。
 極端に強い前兆ではありません。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.12μSv/hで少し高めでした。

赤紫焼け
赤焼け
スペース
18時可視画像

・2018.8.3 23:40更新
【注意】当地、霞が濃い状況。午後になり北から雷雲が被ってきました(現在は雷雨)。日没時は空が紫から赤のグラデーションとなる嫌な焼け方をしました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・19時の南方向の空。台風接近時に強い震源があるときの嫌な焼け方をしました。
 12号に続いての13号接近は、気圧抜け→高気圧の繰り返しとなるので、地震発生のトリガーたり得ます。
 2・同時刻の北西方向の空。北から伸びてきた雷雲が赤焼け。

 3・18時可視画像。千島〜北海道東部上空の雲の形状がやや強めの震源を示しています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

刺激雲
赤焼け
スペース
5時全球画像

・2018.8.2 23:20更新
【注意】当地、夕方になって低層の雲が出始め、西の空には南北の吊し雲も見えました。日没時はうっすら焼け。
 コンパスは東2度振れ。

 1・13時40分の西方向の空。画像右側に飛行機雲が成長したと思われる北東ー南西の雲、画像左側に東から伸びてくる強い震源に因る刺激雲。
 近い震源とは思いませんが、いささか剣呑な空の状況。列島の北か南に強い震源がありそうで、警戒しています。
 2・17時20分の 西方向の空。軽い赤焼けの中、低層の雲に南北の吊し雲成分が見られました。
 東西のうっすらした雲も画面中央に出ています。

 3・5時全球画像。中国の上空に大きな雲の円形の吹き飛ばし。要注意の形状です。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

7時可視画像

・2018.8.1 23:10更新
 【注意】当地、晴天で積乱雲が発達していましたが、前兆らしい雲はみられませんでした。
 コンパスは東2度振れ。

・7時可視画像。北海道南部の雲が半円を描いており、M5程度の前兆らしく見えました。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。