今日のレポート(5/25)

1.ここに前兆が繰り返し出ている地域の方は身近な宏観にご注意下さい。中越、中越沖、サハリンなど前兆→それらしい結果の繰り返し後に本震が発生しています。2.「千鳥」は、スマトラ・パプアなど超遠方の前兆を示します。3.【注意】【警戒】などはその日の前兆現象の強さを示すもので、すぐに発生すると言う意味ではありません。

スペース

ムカデ状雲
刺激雲

・2018.5.25 23:50更新
 【警戒】当地、朝から東西、北東ー南西の強い震源に刺激を受けたと思われる雲が出続けました。
 コンパスは東2度振れ。
 先ほど、長野北部 M5.2が発生。前兆は21日の衛星での境界前兆雲がありました。

 1・16時の北東方向の空。東西基調のムカデ状雲と思われる雲。
 フィジーなど、海外遠方の強い前兆を示しています。
  2・17時40分の西方向の空。東西の雲ですが、こちらは国内の当地から西方向の強い震源による刺激雲。
 過去例では京都など近畿方面の可能性大です。要注意。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.10μSv/hでした。

鱗雲
スペース
16時赤外画像

・2018.5.24 23:10更新
 当地、突然の雷雨には驚かされました。雲は夕方の頭上に鱗雲がありました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・16時30分の西方向の頭上。北東ー南西に見えた鱗雲。茨城沖あたりのM5程度の震源かもしれません。

 2・16時赤外画像。北海道上空に雲の亀裂形状が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

放射状雲?
スペース
4時全球画像
14時可視画像

・2018.5.23 23:00更新
 今日は天気予報通り、昼前から雨が降り始めました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・8時10分の西方向の空。雲が北西方向に収束しているように見えました。
  北西は、昨日、本日のロシア北東部の前兆に当たります。

  2・4時全球画像。昨日雲の亀裂が出ていたロシア北東部に収束していく雲があります。
 3・ 14時可視画像。九州北西部から東シナ海に雲の亀裂形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.09μSv/hでした。

まつげ状の雲
帯雲

赤焼け

スペース
10時全球画像

・2018.5.22 22:50更新  
 【注意】当地、朝は南の空にまつげ状の雲。昼から夕方にかけては飛行機雲の消え残りも多く、うっすらと全方位が焼けました。
 コンパスは東2度振れ。放射線量計のスイッチを入れたところ0.31μSv/hを表示して警報が鳴動しました。

 1・7時10分の南方向の空。東南東ー西北西の帯雲からまつげ状の雲が北へ伸び、遠方の震源を示していました。
 2・17時30分の西方向の空。富士山の向こう側にほぼ南北の断層状にも見える雲が見えました。
 3・18時50分の西方向の空。夕焼けの中、南北の雲、飛行機雲が出ていました。

 4・10時全球画像。画像中央の左上、ロシア、シベリアの北東に円弧状の雲の亀裂が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
刺激雲

スペース

5時赤外画像
12時可視画像

・2018.5.21 23:30更新  
 【注意】当地、昼前から鈎型巻雲が出始め、午後は、縄文火炎土器のような強い震源に因る刺激雲が見られました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・11時30分の北東方向の空。画像中央に遠方の強い震源を示す 鈎型巻雲「千鳥」霞はなく、富士山がきれいでした。
 2・14時20分の西方向の空。北西方向から伸びてくる、強い震源に因る刺激雲です。
 月末が満月ですので、そのあたりで発生がありそう。

 3・5時赤外画像。茨城沖から内陸を通り、新潟・富山方面に雲の亀裂。亀裂の北側の雲は、円弧状境界前兆雲の形状になっています。
 要注意。
 4・12時可視画像。上の画像の円弧状境界前兆雲は直線の境界前兆雲に形を変えています。
 可能性が大きいのは雲のエッジの下での発生ですが、まれに雲の直角方向の三陸沖で発生することがあります。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

櫛の歯状雲
吊し雲

・2018.5.20 23:30更新
 当地、今日は一転して涼しい一日。雲は相模湾上に東西の雲が有り、まつげのように櫛の歯状の雲が北側に出ていました。霞はなし。
 コンパスは東2度振れ。放射線量は少なくなっています。

 1・11時130分の南方向の空。東西の雲からまつげ状の雲が伸びているように見えます。
 おそらく遠方系の前兆。放射線量の少なさから発生は迫っているものと考えます。
  2・17時20分の西方向の空。東南東ー西北西の吊し雲と北東ー南西の雲がクロスしていました。飛行機雲も消え残り成長する状態。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.08μSv/hでした。

畝雲
スペース
7時赤外画像

・2018.5.19 23:30更新
 当地、今日も暑い一日でした。雲は昼前後に北の震源を示すような低層の畝が見られました。夕方は少し焼け有り。
 コンパスは東2度振れ。

 1・11時10分の北方向の空。低層の雲の雲底に北へ収束するような形状が見られました。
 埼玉・群馬方面にM5前後の震源あり?

 2・7時赤外画像。千島〜北海道東部〜三陸沿岸部に円弧状境界前兆雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

15時可視画像

・2018.5.18 23:20更新
 当地、快晴で強風の一日。はっきりした雲は見られませんでした。霞は濃い状況。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、釧路沖M5.8が発生。5月8日の雲の円形状。5月5日、4月28日の衛星での雲の前兆形状がありました。

 ・15時可視画像。前線の影響があるかもしれませんが、関東東沖に雲の円形状があります。その南にはナミナミ雲。やや強い震源か。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

石垣状の雲
赤焼け

スペース

10時可視画像

・2018.5.17 23:30更新  
 【注意】当地、朝から方向性の乱れた巻雲があり、以後も石垣状の雲など遠方系の前兆が出続けました。夕方は雲底が赤焼け。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、千葉東方沖M5.3が発生。4月27日「茨城南部沿岸に亀裂など雲の前兆形状。やや強い前兆か」の結果と考えます。

 1・17時の西方向の空。遠方の強い震源を示す石垣状の雲がきれいでした。
 低層には小粒な鱗雲。
 2・18時50分の西南西方向の空。国府津ー松田断層上に東南東ー西北西の雲が有り、雲底が見事に焼けました。

 3・10時可視画像。関東上空の雲も引き続き房総半島回りの震源を示しているようで、かなり剣呑ですが、瀬戸内海中部から九州大分にかけて直線の境界前兆雲があり、M5程度の複数の震源がありそうです。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲
スペース
11時可視画像

・2018.5.16 22:50更新
 当地、暑い一日でした。雲は夕方に南北の雲と北東ー南西の巻雲が見られました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・18時10分の西方向の空。中層に南北の雲。その下に北東ー南西の巻雲。
 霞は濃く、太陽柱らしいものが見られました。

 2・11時可視画像。千島上空に雲の吹き出し形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

櫛の歯状雲

・2018.5.15 22:40更新
 当地、快晴で強風の一日。はっきりした雲は見られませんでした。霞は濃い状況。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、山梨東部M4.6が発生。短時間ちょっと揺れました。定期解放的ないつもの震源。前兆は4月25日の境界前兆雲。だったかもしれません。地元では相模湾に未発の震源があるように思っています。

 ・18時の北西方向の空。はっきりしませんがほぼ東西方向の櫛の歯状雲が出ていました。遠方系の前兆。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

20時全球画像

・2018.5.14 23:10更新
 当地、快晴で蒸し暑い一日。はっきりした雲は見られませんでした。霞は濃い状況。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、岩手沖M5.1が発生。はっきり分かりませんでしたが、4日の雲の前兆形状の結果と考えます。

 ・20時赤外画像。3つの高気圧がありますが、列島中心に雲の吹き飛ばし形状が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

吊し雲
スペース
11時赤外画像

・2018.5.13 22:30更新
 当地、午前中は南北の吊し雲が見られました。午後は降雨。
 コンパスは東2度振れ。

 1・11時の西方向の空。東から西の広い範囲にほぼ南北の吊し雲が、プレートストレスを示していました。

 2・11時赤外画像。日本海に円弧状境界前兆雲。可視画像で見ると単独では出ていないので極端に強い前兆では無いと思います。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.10μSv/hでした。

吊し雲
鈎型巻雲

スペース

14時赤外画像

・2018.5.12 23:20更新  
 【注意】当地、朝から遠方系の前兆である巻雲が出続けました。夕方は吊し雲もあり。
 コンパスは東1度振れ。
 本日、長野北部M5.2が発生。5月3日「南九州、直角方向、長野などの震源らしく」4月15日「新潟・長野方面のどちらかに震源」の結果と考えます。

 1・17時50分の西南西方向の空。国府津ー松田断層上に南北の吊し雲。
  手前頭上にほぼ東西の歯状雲、熊のジョン。
 2・同時刻の南の頭上。ほぼ東西と北東ー南西の成分を持つ遠方系の雲。

 3・14時赤外画像。西日本を中心に雲の吹き飛ばし形状。東海から南西諸島のどこかに強い震源があるのかもしれません。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

遠方系の雲
スペース
3時赤外画像

・2018.5.11 23:20更新
 当地、朝から強い震源の影響を受けたと思われる刺激雲が出続けました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・15時の北東方向の空。東南東ー西北西の帯雲にまつげ状の雲が出ており、海外等、遠方の強い震源を示しています。

 2・3時赤外画像。千島の上空にシャープな境界前兆雲が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.10μSv/hでした。

8時可視画像

・2018.5.10 22:50更新
 当地、低層の雨雲がなくなった後、はっきりした雲は見られず。
 コンパスは東2度振れ。

 ・8時可視画像。単独ではありませんが、関東沖に境界前兆雲が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.10μSv/hでした。

11時可視画像

・2018.5.9 22:30更新
 当地、低層の雨雲で観察不能。
 コンパスは東2度振れ。

 ・11時可視画像。瀬戸内海から九州上空に強いものではありませんが、雲の前兆形状が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.09μSv/hでした。

7時可視画像
17時可視画像

・2018.5.8 23:00更新
 当地、低層の雨雲で観察できず。コンパスは東2度振れ。

 1・7時可視画像。北海道襟裳岬の南西を中心に雲の円形状。M5程度の震源がありそうです。
 2・17時可視画像。台湾上空に帯雲やナミナミ雲が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.11μSv/hでした。

吊し雲
スペース
10時可視画像

・2018.5.7 22:20更新
 当地、朝から低層の吊し雲が目立っていました。コンパスは東2度振れ。
 今朝、岩手内陸北部M5.2が発生。前兆は、5月3日の雲の亀裂形状がありました。

 1・12時20分の北東方向の空。手前低層に南東ー北西整列の畝雲。
 遠方に東南東ー西北西の吊し雲。
 畝雲は海域震源、吊し雲は強いプレートストレスを示しています。

 2・10時可視画像。台湾上空にナミナミ雲など雲の前兆形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.11〜0.12μSv/hでした。

吊し雲
熊のジョン

スペース

10時可視画像

・2018.5.6 23:20更新  
 【注意】当地、午前中からほぼ南北方向の吊し雲、熊のジョンなどが出続けました。引き続き強い震源が存在する状態です。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、八丈島東方沖M6.0が発生。4月11日「房総半島沖・伊豆諸島に強めの震源」の結果と考えます。

 1・12時10分の西方向の空。国府津ー松田断層上に巨大なウナギ形状の吊し雲。東半球の強いプレートストレスを示す雲。
 2・15時30分の南の頭上。南北基調の熊のジョン。これも強いプレートストレスを示す雲。

 3・10時可視画像。小笠原海域に雲の吹き飛ばしが出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲
スペース
7時可視画像

・2018.5.5 23:30更新
 当地、夕方に方向性の乱れた遠方の強い震源を示す雲が出ていました。夕方は西方向が少し焼けました。
 コンパスは東1度振れ。
 本日、ハワイでM6.9が発生。4月26日に書いたハワイ海域の雲の円形状の結果と考えます。

 1・18時20分の西南西の空。それほど強い前兆ではありませんが、方向性の乱れた巻雲がありました。

 2・7時可視画像。北海道東部上空に雲の前兆形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.08μSv/hでした。

12時赤外画像

・2018.5.4 23:00更新
 当地、快晴ではっきりした雲は見られず。夕方は西方向がうっすら焼けました。カラスは騒がしい状態。
 コンパスは東2度振れ。

 ・12時赤外画像。北海道東部〜福島沖にかけて雲の前兆形状。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.11〜0.12μSv/hでした。

吊し雲など
直前雲

スペース

3時赤外画像

・2018.5.3 23:20更新  
 【注意】当地、夕方は東の空に東北東ー西南西、西の空に北東ー南西の雲が有り、日没前は赤焼けしました。
 強い震源が存在する状態。コンパスは東2度振れ。

 1・18時20分の西南西の空。北東ー南西の吊し雲、帯雲。この後、赤焼けしました。
 吊し雲の形状は、過去例から福島沖などの前兆の可能性大。
 2・18時30分の東南東方向の空。東北東ー西南西の直前雲。こちらもこの後、赤焼けしました。
 南九州、直角方向、長野などの震源らしく見えます。

 3・3時赤外画像。津軽海峡の西から福島沖にかけて雲の亀裂形状。M5程度の震源か。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.12μSv/hでした。

6時全球画像

・2018.5.2 23:00更新
 当地、低層の雲に覆われ観察不能。カラスは騒いでいました。
 コンパスは東2度振れ。放射線量、いつもよりやや少なく、地震発生直前?
 台湾近海M5.4が発生。 4月28日に書いた前兆の結果と考えます。

 ・6時全球画像。昨日書いた列島の東沖には、雲の亀裂形状が残っています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.09μSv/hでした。

巻雲
刺激雲

スペース

9時全球画像

・2018.5.1 24:00更新  
 【注意】当地、朝から北北西ー南南東の方向性の乱れた巻雲が出続けました。夕方には南北の雲がオレンジ焼け。
 コンパスは東1度振れ継続中。

 1・11時の北方向の空。北北西ー南南東の方向性の乱れた巻雲が遠方の強い地震を示していました。
 2・18時20分の西方向の空。鈎型形状を持つほぼ南北の雲。これも遠方の強い震源の刺激を受けて出ているもの。

 3・9時全球画像。列島の東沖に南北の直線的な境界前兆雲。千島〜三陸沖にM5+の震源がありそうです。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲
スペース
13時全球画像

・2018.4.30 23:50更新
 当地、朝から方向性の乱れた遠方の強い震源を示す雲が出ていました。
 コンパスは東1度振れ。

 1・8時10分の南東方向の頭上。方向性が乱れ、しかもゲル形状のある巻雲が出ており、遠方系の震源を示すと共に、発生が迫っていることも告げていました。

 2・13時全球画像。日本の東に雲の円形状が出ています。M5以上と思われる大きさ。
 震源は小笠原諸島方面か、カムチャツカ半島方面と推定。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.08μSv/hでした。

9時全球画像

・2018.4.29 23:00更新
 当地、夕方はオレンジ焼けが見られましたが、雲はなし。
 コンパスは東2度振れ。

 ・9時全球画像。画像中央のニューギニアに東西の雲の亀裂形状が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

17時可視画像

・2018.4.28 21:00更新
 連休スタート。衛星画像では北海道と台湾上空に雲の前兆形状が見られました。

 ・17時可視画像。北海道上空の雲に吹き飛ばし等、雲の前兆形状。

石垣状雲
スペース
8時可視画像
10時可視画像

・2018.4.27 22:00更新
 【注意】当地、朝は遠方の強い震源を示す石垣状の雲と東西の波状雲が出ていました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・7時の北東の頭上。強い震源を示す石垣状の雲。
 過去の例からも、この形状の雲の後には遠方の強い地震が後続することがたびたび見られます。

 2・10時可視画像。茨城南部沿岸に亀裂など雲の前兆形状。
 やや強い前兆か。
 3・10時河岸画像。北海道上空の雲がナミナミ雲、亀裂形状など前兆を示しています。

帯雲など
帯雲

スペース

19時全球画像

・2018.4.26 23:20更新  
 【注意】当地、昼前からほぼ東西の櫛の歯状の雲が出始めました。夕方には北東ー南西の雲がオレンジ焼け。
 体感あり。コンパスは東2度振れ継続中。
 連休中は、更新が出来ない場合もありますので、ご了承下さい。

 1・15時の北東方向の空。東北東ないしは北東方向に収束するような雲。茨城沖などのM5程度の前兆か。
 2・17時40分の西方向の空。富士山上空に北東ー南西の雲。富士山手前に南北の吊し雲。

 3・19時全球画像。嫌ですが、ハワイ方面に巨大な雲の円形状。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
スペース
13時赤外画像

・2018.4.25 22:50更新
 当地、霞は濃い状態。雲は夕方に頭上に北東ー南西の鈎型巻雲、西に南北の帯雲があり、オレンジ焼けしました。体感ややあり。
 コンパスは東2度振れ継続中。

 1・17時30分の南方向の頭上。南西指向の鈎型巻雲。遠方系の強い前兆です。
 このとき、西側には火山活動の前兆を示す雲もありました。

 2・13時赤外画像。北海道〜相模湾あたりに境界前兆雲。エッジの下にM5+程度の震源があり。
 相模湾は先日も前兆が出ていました。

 衛星では、九州南部、小笠原諸島に雲の前兆形状がありました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

20時全球画像

・2018.4.24 22:50更新
 当地、曇天で観察不能。カラスはやや騒いでいました。
 コンパスは東2度振れ継続中。
 本夕、 根室南東沖M5.3が発生。4月22日の前兆の結果と考えます。

 ・20時全球画像。スマトラの東に雲の亀裂形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

8時可視画像
18時可視画像

・2018.4.23 23:20更新
 【注意】当地、曇天で雲底に表情がなく観察不能。
 コンパスは東2度振れ。

 1・8時可視画像。相模湾にM5程度までと思われる亀裂など前兆形状。
 遠州灘と四国東部に雲の吹き飛ばし。
 2・18時全球画像。中国内陸上空に十の字型の雲の亀裂形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.13μSv/hでした。

巻雲
スペース
7時可視画像

・2018.4.22 23:10更新
 当地、霞は濃い状態。雲は夕方に頭上に北東ー南西、西に南北の方向性の乱れた巻雲がありました。体感ややあり。
 コンパスは東2度振れ継続中。

 1・18時の西方向の空。オレンジ焼けの中、方向性の乱れた南北の巻雲がありました。
 遠方系の前兆。

 2・7時可視画像。千島上空にナミナミ雲。北海道東部に雲の亀裂。どちらかに強めの震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

1時全球画像
9時可視画像

・2018.4.21 24:40更新
 【注意】当地、快晴ではっきりした雲は見られず。夕方は西方向が焼けました。カラスは騒がしい状態。
 コンパスは東2度振れ。放射線量計を起動したところ、0.33μSv/hを表示して警報が鳴動しました。 本夕、銚子沖M5.1が発生。4月11日に房総半島関連の前兆を書いていました。

 1・1時全球画像。西日本あたりを中心とした雲の円形状。北海道と南西諸島が円の周縁部にあたります。
 2・9時可視画像。北海道中部の山地上空に雲の前兆形状が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

8時可視画像

・2018.4.20 24:50更新
 当地、快晴で雲はほとんど見られず。霞は濃い状態。体感ややあり。
 コンパスは東2度振れ継続中。

 ・8時可視画像。北海道上空を横切る帯雲ですが、プレートストレスを示す雲ではないかと思います。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.08μSv/hでした。

畝雲
スペース
14時赤外画像
15時全球画像

・2018.4.19 23:10更新
 【注意】当地、朝は畝雲が放射状に南を指向していました。南方向にやや強い震源がある状況。
 霞は濃い状況。夕方は西方向が焼けました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・7時の南方向の空。畝雲が南方向に収束していました。
 過去の例からも、この形状の雲の後には強い地震が後続することがたびたび見られます。

 2・14時赤外画像。小笠原諸島上空に雲の吹き飛ばしが出ています。
 直視の雲の示す震源と同じ震源か。
 3・15時全球画像。チベット上空の雲が異様な形状で、震源があるのかもしれません。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

畝
スペース
14時赤外画像

・2018.4.18 22:40更新
 【注意】当地、朝から低層の雨雲で観察不能でした。但し、夕方には雲の雲底に北東ー南西の畝あり。
 コンパスは東3度振れ。

 1・16時20分の西方向の空。雨雲の雲底に北東ー南西の畝。

 2・14時赤外画像。三陸沿岸には低気圧等がありませんが、南北の亀裂形状が出ています。
 可視画像では、完全な雲の空白とはなっていないので、極端に強いものではないと思います。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

15時全球画像

・2018.4.17 22:10更新
 当地、朝から低層の雲で観察不能でした。体感ややあり。
 コンパスは東3度振れ継続中。

 ・15時全球画像。画像左側、中国の内陸を中心とする雲の円形状がまた出ています。今回、列島は周縁部から離れています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲・鈎型巻雲
帯雲

スペース

18時可視画像

・2018.4.16 23:30更新  
 【注意】当地、本日も東北東ー西南西の雲が朝出ていました。
 体感は強め。コンパスは東3度振れ、継続中。
 熊本地震から2年、まだまだ復興が進んでいないと聞きます。心よりお見舞いを申し上げます。

 1・7時の南南東方向の空。東北東ー西南西の帯雲に、鈎型巻雲が付随しており、海外等の遠方の強い震源を示していました。
 2・8時の西北西方向の空。東北東ー西南西の帯雲に、こちらでも鈎型巻雲が付随しています。

 3・18時可視画像。千島西部上空に雲の亀裂形状。
 朝の画像では、ナミナミ雲、雲の吹き出しがありました。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

帯雲
吊し雲等

スペース

17時可視画像

・2018.4.15 23:20更新  
 【注意】当地、東北東ー西南西の雲が目立つ一日でした。夕方は西方向がオレンジ焼け。
 コンパスは東3度振れ、継続中。

 1・11時30分の南南東方向の空。東北東ー西南西の帯雲、吊し雲があり、やや強い震源を示していました。
 2・16時50分の東南東方向の空。東北東ー西南西の吊し雲、北北東ー南南西の熊のジョンなどが出ていました。
 強めの震源を示す雲。

 3・17時可視画像。東北地方上空に広くナミナミ雲が有り、福島から長野にかけて、雲の亀裂形状。
 福島沖から沿岸か新潟・長野方面のどちらかに震源があると推測します。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

14時可視画像

・2018.4.14 23:50更新
 当地、昼前に遠方の強い震源を示す座布団状の石垣雲が見られました。以後ははっきりした雲は見られず。
 コンパスは東3度振れ継続中。
 先日の北海道西方沖M5.0の前兆はつかめませんでしたが、今朝の北海道東沖M5.4は、3月28日、4月5、8日等の結果と考えます。

 ・14時可視画像。愛知上空を中心として、雲の前兆形状が出ています。今日の愛知西部M4.6の直前前兆か、まだ、M5前後の後続があるのかのどちらかではないかと推測します。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲
スペース
14時赤外画像

・2018.4.13 25:00更新
 【注意】当地、朝は東西の形状の乱れた帯雲が見られました。夕方は西方向が赤焼け。
 コンパスは東3度振れ。

 1・8時10分の北方向の空。形状はかなり乱れていますが、東西の雲。距離のある強い震源があるように見えます。

 2・14時衛星画像。画像の左側、南西諸島上空に大きな雲の円形状。M5から6程度の震源と推定。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.09μSv/hでした。

刺激雲
帯雲等

スペース

11時全球画像

・2018.4.12 23:20更新  
 【注意】当地、朝から北東ー南西方位の帯雲、刺激雲が出続けました。夕方は火山活動の前兆を示すような雲があり、西方がオレンジ焼け。
 コンパスは東3度振れ、継続中。

 1・8時の北西方向の空。北東ー南西の雲ですが、強い震源に因る刺激雲のようにも見えました。
 そうであるなら、震源は当地から遠方となります。
 2・17時50分の西方向の空。雲の形状が丸まり感のあるカールした形状となっており、火山活動の前兆も載っていそうです。

 3・11時全球画像。朝鮮半島の北の内陸に雲の亀裂形状が出ています。

 衛星ではその他、九州大分内陸から東に雲の吹き出し形状。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

11時可視画像

・2018.4.11 22:50更新
 当地、夕方まではっきりした雲は見られず。夕方は昨日と同じような南北の雲がありました。
 コンパスは東3度振れ継続中。

 ・11時可視画像。フォッサマグナ帯上空に雲の亀裂とナミナミ雲。房総半島沖・伊豆諸島に強めの震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲

・2018.4.10 23:00更新
 当地、夕方まではっきりした雲は見られず。夕方は少し焼けるとともに南北の巻雲がありました。
 コンパスは東3度振れ継続中。鳥取西部M6.1の後も0に戻りません。

 ・18時の西方向の空。ほぼ南北の巻雲。マリアナ〜小笠原諸島の強め?

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲
帯雲

スペース

17時可視画像

・2018.4.9 23:10更新  
 【注意】当地、夕方から東西基調のプレートストレスを示す雲が出始めました。引き続き強い震源が存在する状態。
 夕方は西方向が赤焼けしました。
 コンパスは東3度振れ。
 今朝、島根県西部M6.1が発生。被害を受けられた方々にお見舞い申し上げます。この地震の震源位置を特定できませんでしたが、 3月21日「日本海〜瀬戸内海西部〜日向灘にかけて境界前兆雲」、25日「巨大な雲の円形状。かなり強い前兆ではと懸念しています。日本列島も円の周縁部に位置しており、念のため注意が必要」の結果と考えます。

 1・15時50分の西北西方向の空。北東ー南西の形状の乱れた帯雲。下の画像とあわせて強いプレートストレスを示すもの。
 2・同時刻の東北東方向の空。こちら側ではほぼ東西の雲。

 3・17時可視画像。1の画像の雲と同じものがこちらに写っています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

16時可視画像

・2018.4.8 23:30更新
 当地、はっきりした雲は見られず。夕方は少し焼けました。
 コンパスは東3度振れ継続中。

 ・16時可視画像。北海道南東沖に震源がありそうな雲の形状が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.08μSv/hでした。

直前雲
スペース

10時可視画像

18時赤外画像

・2018.4.7 23:50更新  
 【注意】当地、朝から北東ー南西の熊のジョンが見られました。夕方にはゲル状の直前雲もあり。
 コンパスは東3度振れ。

 1・18時10分の南方向の空。頭上側低層にゲル状の直前雲。
 その上空には東北東ー西南西の厚みのある帯雲がオレンジ焼け。

 2・10時可視画像。昨日に引き続き伊豆半島沖を中心とする雲の吹き飛ばしが出ています。
 3・18時赤外画像。群馬・福島上空に雲の亀裂形状。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

彩雲
吊し雲

スペース

10時可視画像
17時可視画像

・2018.4.6 24:10更新  
 【注意】当地、朝は方向性の乱れた雲が彩雲に。その後、長時間吊し雲が出ていました。強い震源または火山活動が存在する状態。
 現在は、強風下の雨となっています。
 コンパスは東3度振れ。

 1・9時15分の頭上。方向性の乱れた雲が彩雲に。雲の形状は火山活動の可能性有り。
 2・10時20分の西方向の空。手前に東南東ー西南西の吊し雲と熊のジョン。その向こうに形状の乱れた北東ー南西の帯雲。
 遠方、国府津ー松田断層上にほぼ南北の吊し雲。
 東半球に強いストレスがかかっている状態です。  

 3・10時可視画像。千島〜樺太南部〜沿海州〜朝鮮半島に円弧状境界前兆雲。雲のエッジの下でM5以上の可能性あり。
 4・17時可視画像。画像中央、静岡沖の銭州海嶺あたりに M5+の雲の円形状あり。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.12μSv/hでした。

雲底
スペース
15時可視画像

・2018.4.5 22:50更新
 【注意】当地、朝は低層の雨雲の雲底がデコボコで雨か地震の直前状態を示していました。(夕方から降雨)
 コンパスは東3度振れ。

 1・8時10分の北方向の空。雲底がデコボコでした。

 2・15時可視画像。北海道上空〜東沖のナミナミ雲が前兆形状を示しています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.09μSv/hでした。

1時全球画像
17時赤外画像

・2018.4.4 23:30更新
 【注意】当地、夕方には西の国府津ー松田断層上に南北の吊し雲が出ており、強いプレートストレスを示していました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・1時全球画像。サモア、トンガの海域に雲の遠景の吹き飛ばしが出ており、M6程度の震源があるものと思います。
 2・17時赤外画像。東北地方南部から雲の吹き出しあり。やや強い震源かもしれません。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.08μSv/hでした。

8時赤外画像

・2018.4.3 23:30更新
 当地、引き続き霞は濃いもののはっきりした雲は見られず。方向性の乱れた巻雲がうっすら出ていました。
 夕方は昨日同様に赤焼け。
 コンパスは東3度振れ継続中。

 ・8時赤外画像。北海道中部に南北の雲のライン。M5程度の震源がありそうです。また、本州中部に雲の円形状。前兆とするとM5+か。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.11〜0.13μSv/hでした。

12時全球画像
18時可視画像

・2018.4.2 23:30更新
 【注意】当地、引き続き霞が濃い状態でおそらく花粉。夕方は赤焼けしました(これもおそらく花粉)
 コンパスは東2度振れ。

 1・12時可視画像。嫌ですがニューギニアの上空に雲の吹き飛ばしが出ています。
 2・18時可視画像。東北地方東岸を中心にひろくべったり雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

16時可視画像

・2018.4.1 22:00更新
 昨日は、都合により更新出来ず失礼しました。
 当地、本日ははっきりした雲は見られず。コンパスは東3度振れ継続中。

 ・16時可視画像。M5.1があったばかりですが、茨城の沿岸〜沖に雲の吹き飛ばしが出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

12時可視画像

・2018.3.30 24:30更新
 当地、はっきりした雲は見られず。夕方はうっすらと焼けました。
 コンパスは東3度振れ。
 本日、ニューギニアM7.2と茨城北部M5.1が発生。ニューギニアの前兆は27日のものと考えますが、この前兆に隠れて茨城の前兆はよく分かりませんでした。

 ・12時可視画像。伊豆諸島上空に雲の前兆形状が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.12μSv/hでした。

4時赤外画像
11時可視画像

・2018.3.29 23:10更新
 【注意】当地、朝は2日続けて相模湾方向から地鳴り。霞(花粉?)は非常に濃い状態で遠景見えず。
 コンパスは東2度振れ。振れ幅縮小中。

 1・4時赤外画像。千島から北海道へ直線的な雲。十勝沖等に強めの震源があるのかもしれません。
 2・11時可視画像。こちらでは十勝沖の他、東北地方北部内陸にもうひとつ震源があるように見えます。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.13μSv/hでした。

赤焼け
スペース
12時可視画像

・2018.3.28 22:50更新
 【注意】当地、はっきりした雲は見られず。
 コンパスは東3度振れ。

 1・17時50分の西方向の空。本日も花粉のせいか、やや強めに焼けました。

 2・12時可視画像。北海道南東沖の雲が前兆形状を示しています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.13μSv/hでした。

飛行機雲の成長
赤焼け

スペース

18時赤外画像

・2018.3.27 23:10更新  
 【注意】当地、朝から東西方向の飛行機雲が成長して行く状況が見られました。高層のエアロゾルが濃い状況。
 夕方は全方位が赤焼けしました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・8時10分の西方向の空。飛行機雲の幅が拡がり、この後、ムカデ状に成長して行きました。
 遠方の強い震源がありそうです。
 2・17時40分の西方向の空。雲間からややきつい赤焼け。太陽の回りには花粉光環。

 3・18時全球画像。小笠原諸島からマリアナ北部に雲の亀裂がかかっています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲
鈎型巻雲

スペース

20時全球画像

・2018.3.26 23:10更新  
 【注意】当地、朝から東西のまつげ形状・鈎型形状の有る帯雲があり、昼頃まで出続けました。
 夕方は全方位が赤焼け。コンパスは東2度振れ。
 18時51分、ニューギニアでM7.0が発生。このところ続いているニューギニアの一連の強い地震で、本日の雲はこの前兆だった可能性もあります。
 また、昨夜八丈島東方沖でM6.1が発生。6日の伊豆諸島上空を通る境界前兆雲の結果と考えます。

 1・8時10分の北北西方向の空。形状の乱れた東西基調の雲。遠方の強い地震を示しています。
 2・10時の西方向の空。大きな鈎型巻雲。やはり遠方の強い地震を示しています。

 3・20時全球画像。ケルマデク諸島の海域に雲の円形状。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

7時全球画像
13時全球画像
20時赤外画像

・2018.3.25 23:20更新
 【注意】当地、はっきりした雲は見られず。夕方は全方位がうっすらと焼けました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・7時全球画像。中国内陸を中心に巨大な雲の円形状。かなり強い前兆ではと懸念しています。
 日本列島も円の周縁部に位置しており、念のため注意が必要。
 2・13時全球画像。オーストラリアの上空に東西の雲の亀裂形状。
 3・20時赤外画像。千島上空に雲の亀裂。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
スペース
21時全球画像

・2018.3.24 23:20更新
 【注意】当地、朝から遠方系の前兆である鈎型巻雲、石垣状雲が見られました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・14時20分の南方向の空。南南西指向の鈎型巻雲。主として海外遠方の強い前兆です。
 昼頃は石垣状の雲も出ていました。

 2・21時全球画像。中国内陸に前兆と思われる雲の吹き飛ばし。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.13μSv/hでした。

18時全球画像

・2018.3.23 23:20更新
 当地、低層の雲の多い一日でした。霞はなく、空気はクリアな状態。
 コンパスは東4度振れ。
 本日、宮城沖M5.1が発生。19日、16日に書いた、M5震源の結果と考えます。

 ・18時全球画像。北米の西岸沖に雲の亀裂形状。やや強い前兆。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

18時全球画像

・2018.3.22 23:00更新
 当地、低層の雨雲に覆われた一日で観察不能。微振動ややあり。
 コンパスは東3度振れ継続中。

 ・18時全球画像。中国の西に雲の円形状が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

7時赤外画像

・2018.3.21 23:20更新
 当地、低層の雪雲に覆われた一日で観察不能。微振動・体感ややあり。
 コンパスは東3度振れ継続中。

 ・7時全球画像。低気圧の雲ですが、日本海〜瀬戸内海西部〜日向灘にかけて境界前兆雲に見えます。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

13時全球画像

・2018.3.20 23:30更新
 当地、低層の雨雲に覆われた一日で観察不能。体感ややあり。
 コンパスは東3度振れ継続中。

 ・13時全球画像。中国の西域に引き続き雲の亀裂形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

吊し雲
スペース

12時赤外画像

18時全球画像

・2018.3.19 23:10更新  
 【注意】当地、低層の雲に覆われた一日でしたが、東南東ー西北西の吊し雲が出ていました。強い震源が存在する状況。
 コンパスは東4度振れ継続中。
 本日、千葉東方沖M5.2が発生。昨日の房総半島まわりの前兆形状の結果と思われます。

 1・16時40分の南東方向の空。東南東ー西北西の吊し雲群。
 ちょっと賑やかな空でした。

 2・12時赤外画像。三陸沖に直線的な雲が有り、周囲にはナミナミ雲。このあたりにM5程度の震源がありそうです。 3・18時全球画像。画像左の中国西域に北東ー南西の雲の亀裂形状。要注意。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

 巻雲
帯雲

スペース

9時可視画像

・2018.3.18 23:10更新  
 【注意】当地、東南東ー西北西の雲が長時間見られました。
 コンパスは東4度振れ。

 1・12時の東方向の空。画像左側に東南東ー西北西の巻雲。右側にほぼ東西整列の遠方系櫛の歯状雲。
 ちょっと賑やかな空でした。
 2・15時20分の南南東方向の空。東南東ー西北西の帯雲。東西の飛行機雲の消え残り。

 3・9時可視画像。房総半島回りと瀬戸内海東部に雲の前兆形状。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

吊し雲
スペース
17時可視画像

・2018.3.17 24:00更新
 【注意】当地、朝は雲がほとんど見られませんでしたが、昼過ぎから吊し雲などが出始めました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・12時の西方向の空。ほぼ南北の吊し雲。

 2・17時可視画像。富士山から南にべったり雲。神奈川・静岡にM5前後の震源がありそうです。
 伊豆大島〜伊豆半島東岸あたり?

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.08μSv/hで低めでした。

吊し雲
スペース
16時赤外画像

・2018.3.16 23:30更新
 【注意】当地、朝は吊し雲が目立ちました。以後は雨雲で観察不能。
 コンパスは東3度振れ。

 1・8時10分の西方向の空。東南東ー西北西基調の吊し雲。

 2・16時赤外画像。千島〜北海道東沖〜三陸沿岸にシャープな境界前兆雲。雲のエッジの下でM5+の震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.12μSv/hでした。

吊し雲など
スペース
21時赤外画像

・2018.3.15 23:40更新
 【注意】当地、朝は相模湾方向から地鳴り。西北西指向の鈎型巻雲が多く見られました。
 午後からは長時間吊し雲が滞空。国府津ー松田断層上では南北、南側が湾曲して相模湾上では東西方向でした。
 この吊し雲の上空には、西北西指向の、鈎型巻雲、熊のジョン。
 高層には方向性の入り乱れた巻雲が多く、当地からは距離のある震源と見ていました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・17時30分の西方向の空。入り乱れる吊し雲、巻雲、熊のジョン。異様な光景。
 相当強い震源があるものと考えます。要注意。17日が新月。

 2・21時赤外画像。北海道東部〜沖、東北地方〜沖の雲の形状が前兆含み。画像では切れていますが、小笠原あたりに雲の吹き飛ばしらしい形状がありました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.11μSv/hでした。

赤焼け
スペース
8時可視画像

・2018.3.14 23:10更新
 【注意】当地、今日も霞の濃い一日で、夕方はきついオレンジ焼けとなりました。帯電エアロゾルではなく、花粉焼け?
 朝は相模湾方向から地鳴りあり。
 コンパスは東3度振れ継続中。

 1・17時50分の西方向の空。きついオレンジ焼けとなりました。花粉?

 2・8時可視画像。北海道・東北地方を中心に昨日に続きナミナミ雲。
 北海道・三陸沖に震源あり。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.11μSv/hでした。

14時可視画像

・2018.3.13 23:30更新
 当地、霞は濃いものの雲は見られませんでした。
 コンパスは東3度振れ継続中。

 ・14時可視画像。樺太〜北海道にひろくナミナミ雲。千島〜北海道東沖に震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

赤焼け
スペース
7時赤外画像

・2018.3.12 23:30更新
 【注意】当地、霞の濃い(花粉??)一日で、夕方はきついオレンジ焼けとなりました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・17時40分の西方向の空。きついオレンジ焼けとなりました。太陽の回りには花粉の光環?

 2・15時赤外画像。東北・関東の遙か東沖に雲の亀裂形状。M5〜6そこそこの前兆と推定。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

10時可視画像
15時全球画像

・2018.3.11 23:00更新
 震災から7年。亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。
 当地、はっきりした雲は見られず。
 コンパスは東3度振れ。

 1・10時可視画像。関東地方上空の雲が前兆含み。東の海域か、栃木・群馬に震源か。
 2・15時全球画像。画像左端のスマトラの西沖に雲の亀裂形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

8時可視画像

・2018.3.10 24:40更新
 当地、朝から低層の雲が多く、観察不能でした。
 コンパスは東4度振れ継続中。

 ・8時可視画像。濃尾平野に雲の吹き飛ばし形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

雲底の畝
雲底の畝

スペース

13時赤外画像

・2018.3.9 24:30更新  
 【注意】当地、終日にわたり低層の雲の雲底に畝形状が見られました。深発で強めの震源が存在しています。
 コンパスは東4度振れ。

 1・16時50分の北東方向の空。北東ー南西整列の畝ですが、この畝は中央構造線に沿うように出ており、震源の方向と言うより強いプレートストレスがかかっていることを示す雲です。
 2・同時刻の西北西方向の空。西側では畝は中央構造線に沿うように南東ー北西整列で出ています。

 3・13時赤外画像。千島または北海道南部から三陸東沖にかけて震源があると思われる前兆形状が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

16時全球画像

・2018.3.8 23:40更新
 当地、朝から低層の雲が多く、観察不能でした。

 ・16時可視画像。列島の南、マリアナあたりを中心に巨大な雲の円形状があるように見えます。
 大きな地震の前兆で無ければよいのですが。
 朝の画像の東北地方はるか沖のほぼ南北の雲の吹き飛ばしも前兆に見えました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

座布団状雲
スペース
13時可視画像

・2018.3.7 24:10更新
 【注意】当地、終日低層の雲に覆われていましたが、遠方の強い地震の前兆である座布団状の石垣雲がたびたび見られました。
 コンパスは東5度振れで振れ大きめ。
 昨日、ニューギニアで6.7Mが発生し、被害が出ているとのことです。前兆は3日に書いたものと思います。

 1・11時30分の頭上。大きな座布団状の石垣雲で、遠方の強い震源によるものと思います。

 2・13時可視画像。愛知を中心に太平洋岸に前兆含みのべったり雲。
 衛星では、嫌ですがニューギニア上空に雲の亀裂がありました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

畝
スペース

9時全球画像

17時赤外画像

・2018.3.6 23:50更新  
 【注意】当地、低層の雲の雲底にデコボコ、ゲル状が有り、深発、発生直前の震源がありそうです。
 コンパスは東2度振れ。
 2日に書いた「ひょっとすると火山活動?」は新燃岳の活動だった??

 1・9時40分の西方向の空。低層の雲底に東西整列の畝。深発の震源らしく思えます。
 震源の方向は東西か南北。

 2・9時全球画像。オーストラリアの北東沖のナウル、ツバルに雲の円形状。
 3・17時赤外画像。銚子沖から伊豆諸島上空に境界前兆雲。
 また、その雲の東北地方はるか沖に亀裂形状が出ており、前兆に思えます。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

9時可視画像

・2018.3.5 23:00更新
 【注意】当地、朝から低層の雲が多く、観察不能。夕方からは久々の豪雨でした。体感強め。
 択捉南東沖でM5.5が発生。2月15日、3月2日等の結果と考えます。

・9時可視画像。千島〜沿海州〜朝鮮半島北部へ円弧状境界前兆雲。雲のエッジの下でM5+程度か。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲
スペース
17時可視画像

・2018.3.4 23:20更新
 【注意】当地、夕方に方向性の乱れた巻雲が赤焼けして出ていました。
 コンパスは東に振れ傾向。

 1・17時30分の南方向の空。東南東ー西北西の雲と、南西指向の雲があるように見えましたが、全般的に方向性は乱れていました。
 遠方の震源によるものと思います。

 2・17時可視画像。伊豆諸島の東に雲の吹き飛ばし。南九州日向灘に雲の集中形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲
放射状雲

スペース

6時全球画像

・2018.3.3 25:00更新  
 【注意】当地、朝から帯雲、飛行機雲の消え残りが見られました。引き続き強めの震源が存在する状況。
 コンパスは振れなし。

 1・11時30分の南東方向の空。東南東ー西北西の帯雲ですが、北に伸びるまつげ状の雲があり、遠方系と思われるもの。
 2・13時10分の東方向の空。ほぼ東西方向の放射状に見える雲ですが、形状に乱れが有り、茨城・千葉沖のM4〜5と海外の強い震源の影響が載っている状態に見えました。

 3・6時全球画像。画像左のインド洋に雲の円形状。その他、スマトラ、ニューギニア上空の雲の形状も前兆含み。
 その他、中米西岸に強い震源がありそうです。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

遠方系の雲
帯雲

刺激雲?

スペース
6時赤外画像

・2018.3.2 23:40更新  
 【注意】当地、朝から東南東ー西北西基調の遠方系と思われる雲が出ていました。
 夕方は全方位が赤焼け。透明感のあるやはり遠方系の焼け方でした。
 コンパスは振れなし。

 1・7時の南方向の空。東南東ー西北西基調の雲ですが、方向性の乱れが有り、遠方系の前兆と推定します(ひょっとすると火山活動?)。
 2・9時20分の北北東方向の空。東南東ー西北西の帯雲ですが、拡大すると櫛の歯状になっており、これも遠方系の雲。
 3・14時10分の西方向の空。東西に雲が整列。形状的には強い震源に因る刺激雲で、やはり遠方系ではないかと思います。

 4・6時赤外画像。千島上空に直線的な境界前兆雲。雲のエッジの下でM5程度と推定。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

赤焼け

・2018.3.1 23:10更新
 【注意】当地、早朝は低気圧で大荒れ。夕方には、西の空に南北の遠方系の前兆雲が見られました。
 先ほどの西表島M5.7は、27日に書いた台湾周辺の前兆の結果と考えます。

・17時30分の西方向の空。南北基調の方向性の乱れた雲。オレンジ焼けが有り、やはり遠方系の前兆。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。