今日のレポート(5/23)

1.ここに前兆が繰り返し出ている地域の方は身近な宏観にご注意下さい。中越、中越沖、サハリンなど前兆→それらしい結果の繰り返し後に本震が発生しています。2.「千鳥」は、スマトラ・パプアなど超遠方の前兆を示します。3.【注意】【警戒】などはその日の前兆現象の強さを示すもので、すぐに発生すると言う意味ではありません。

スペース

刺激雲

幻日

スペース
3時赤外画像

・2017.5.23 23:40更新  
 【注意】当地、夕方にかけて北から伸びて来る刺激雲が出始め、日没前には南北架橋のような形となっていました。
 飛行機雲も見られました。
 コンパスの振れなし。体感有り。

 1・17時の西方向の空。北から伸びて来る強い震源に因る刺激雲。
 距離のある強い震源が存在します。
 2・18時の西北西方向の空。南北の雲ですが、富士山の左上に幻日らしい光も見られました。

 3・3時赤外画像。小笠原諸島、火山列島あたりに雲の亀裂形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

巻雲

吊し雲

スペース
7時可視画像

・2017.5.22 24:05更新  
 【注意】当地、朝から方向性の乱れた巻雲が出ていました。夕方は北北東ー南南西の吊し雲がオレンジ焼け。
 コンパスの振れなし。体感有り。

 1・11時50分の西方向の空。北北東ー南南西基調の方向性の乱れた巻雲。
 海外など遠方の前兆と見ていました。
 2・18時20分の西北西方向の空。一部が彩雲化した吊し雲がオレンジ焼け。
 強いプレートストレスを示す雲。

 3・7時可視画像。小笠原諸島あたりに直線的な境界前兆雲。
 画像では切れていますが日本海の大陸寄りにも円弧状境界前兆雲がありました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

巻雲

赤焼け

・2017.5.21 23:50更新  
 当地、午前中は南西方向に収束するような雲がありました。夕方は主として北東ー南西基調の方向性の乱れた雲が赤焼け。
 コンパスの振れなし。 体感あり。

 1・18時20分の西方向の空。北東ー南西基調の雲がオレンジ焼け。
 2・18時40分の東方向の空。北東ー南西の方向性の乱れた雲。
 主として海外の震源を示す雲です。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

21時赤外画像

・2017.5.20 2330更新
 当地、はっきりした雲は見られず。霞は濃く、夕方は西方向がオレンジ焼けしました。
 コンパスの振れなし。

 ・21赤外画像。本州の東沖に雲の半円形の吹き飛ばし形状。昨日の境界前兆雲と併せて、小笠原諸島・火山列島に震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

夕焼け

スペース

3時赤外画像

・2017.5.19 23:50更新  
 【注意】当地、積雲等がありましたが、はっきりした雲は見られず。
 夕方は西を中心にオレンジ焼けしました。
 コンパスの振れなし。

 1・18時20分の西方向の空。黄砂の影響もあるのか、濁った空がオレンジ焼けしました。

 2・3時赤外画像。列島の遙か東沖に直線的な境界前兆雲雲。小笠原あたりの震源かもしれません、

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.09μSv/hでした。

20時赤外画像

・2017.5.18 23:10更新
 当地、低層の雲が多く、何度か雷鳴を聞きました。
 コンパスの振れなし。

 ・20時全球画像。中国を中心に巨大な雲の円形状。円内の中国西部に南北の雲の亀裂もあるように見えます。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

微細鱗雲

鱗雲・波状雲

・2017.5.17 23:30更新  
 当地、低層と中層に前兆を示す雲がありました。
 コンパスの振れなし。

 1・16時40分の頭上。空の一部に微細な鱗雲。
 その下に、方向性の乱れた雲がありました。
 2・18時40分の東方向の空。北北東ー南南西に鱗雲、波状雲。極端に強い前兆では無いと思います。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

12時赤外画像

・2017.5.16 23:10更新
 当地、低層の雲が多い一日でしたが、切れから方向性のばらついた巻雲が出ているのが見えました。
 コンパスの振れなし。

 ・12時赤外画像。北海道・三陸沖にかなりシャープな境界前兆雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

吊し雲

真面目

・2017.5.15 23:30更新  
 当地、曇ったり雨だったりと高い空はみることが出来ませんでした。
 コンパスの振れなし。

 1・17時30分の南西方向の空。南東ー北西の吊し雲(熊のジョン)が滞空していました。
 その上空にほぼ東西の雲があり。 波状雲もありました
 2・18時30分の南方向の空。ほぼ東西方向の吊し雲が赤焼け。
 奄美大島近海でM5クラスの発生がありましたが、まだ強めの震源があるものと思います。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

9時全球画像

16時可視画像

・2017.5.14 24:00更新  
 当地、低層の雲が多く、はっきりしない状況でした。カラスは大騒ぎ。コンパスの振れはありませんが、S側が盤面に張り付いています。

 1・9時全球画像。朝鮮半島の西側と中国南部に大きな雲の亀裂形状。列島上空には円弧状境界前兆雲があり、大陸側に強い震源があるように思います。
 2・16時可視画像。茨城沖ー御前崎ー紀伊半島沖に円弧状境界前兆雲。雲のエッジの下にM5前後の震源がありそうです。
 相模湾ではこの雲のエッジから北北西に雲の亀裂が走っており、相模湾の震源の可能性もあります。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

8時可視画像

・2017.5.13 24:00更新
 当地、終日の降雨・曇り空で観察不能。肌寒い一日でした。
 コンパスの振れなし。

 ・8時可視画像。台湾南東沖に雲の円形状。内陸側にナミナミ雲など前兆形状がありました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

ムカデ状雲

スペース

7時全球画像
9時可視画像

・2017.5.12 25:00更新  
 【注意】当地、蒸し暑い日でした。午後からは低層の雲がひろがり観察不能。
 コンパスの振れなし。放射線量は低め。

 1・10時20分の北東方向の空。東西方向の雲がムカデ形状になっていました。
 形状はかなり崩れており、遠方の震源と思われます。

 2・7時全球画像。日本から西の中国内陸に円弧状境界前兆雲。
 新疆でM5クラスがあったようですが、まだ後続がありそうです。
 3・9時可視画像。東北地方西岸から朝鮮半島を通り、中国南部に円弧状境界前兆雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.09μSv/hでした。

刺激雲

畝雲

波状雲
スペース
15時全球画像

・2017.5.11 23:50更新  
 【注意】当地、上層に薄雲が多い状態でしたが、15時過ぎには北からの刺激雲が強い前兆を示していました。
 現在は黄砂の影響か、月の周りに大きなムーンシェル。
 コンパスの振れなし。

 1・15時20分の東方向の空。北から伸びて来る強い震源に因る刺激雲。剣呑な雲です。
 2・同時刻の西方向の空。こちらは東南東ー西北西の畝雲。
 やや濁った空。
 3・17時50分の南南東方向の空。南南東ー北北西に整列する波状雲。
 震源は整列方向か直角方向の海域(2の画像と同じ)。

 4・15時全球画像。ニューギニア〜北に直線的な雲の亀裂形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

10時可視画像

・2017.5.10 23:30更新
 当地、終日の曇り空で観察不能。
 コンパスの振れなし。体感有り。

 ・10時可視画像。周防灘から九州東岸に雲の前兆形状。周囲にナミナミ雲。極端に強い前兆ではありません。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

13時可視画像

・2017.5.9 24:10更新
 当地、はっきりした雲は見られず。現在は降雨となっています。
 コンパスの振れなし。
 宮古島でM6.4、アリューシャンで6.2Mが発生。このところの鈎型巻雲など遠方系の結果と考えます。
 南西諸島は4月21日、アリューシャンは4月12日に前兆を書いていました。

 ・13時可視画像。千島から北海道東沖にナミナミ雲。M5程度の震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

7時全球画像

7時可視画像

・2017.5.8 24:00更新  
 当地、朝から高い位置にはっきりしない巻雲がありましたが、方向性は乱れていました。黄砂のせいか全体的に霞んだ空。
 コンパスは振れなし。

 1・7時全球画像。列島の東に直線的な境界前兆雲。雲のエッジの下の震源か、南米西岸の震源と推定。強い前兆。
 2・7時可視画像。北海道東部にナミナミ雲など、雲の前兆形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.05〜0.08μSv/hでした。

赤焼け

赤焼け

スペース
9時可視画像

・2017.5.7 24:00更新  
 【注意】当地、夕方にほぼ北北東ー南南西の雲が赤焼けしました。
 4月26日の雲に類似したもの。このときは29日にフィリピンM7.2が発生しています。小笠原・マリアナ等と予測しましたが、やや方位がずれたフィリピンでした。
 コンパスの振れなし。

 1・18時40分の西方向の空。北北東ー南南西の雲が赤焼け。
 中越地震の前兆雲にも類似していますが、空に占める面積は小さいもの。4月26日の雲に類似。要注意。
 2・同時刻の南方向の空。南南西に収束しているように見えますが、これも上に書いた過去の前兆と同じ。

 3・9時可視画像。本州上空に強いプレートストレスを示す、ナミナミ雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

巻雲

赤焼け雲

スペース
16時可視画像

・2017.5.6 25:00更新  
 【注意】当地、朝から東西方向基調の鱗雲、波状雲などが見られました。夕方は赤焼け雲有り。
 コンパスはゼロ戻り中。

 1・17時30分の西方向の空。南の空には東西の雲がありましたが、この画像のように南西から伸びてくる刺激雲もありました。昨日の鈎型巻雲の震源ではないかと思います。
 2・18時30分の西南西方向の空。東西整列の波状雲が赤焼け。
 海域か沿岸部の震源で、当地からの震源方向は、東西か直角方向の南北。

 3・16時可視画像。北海道上空に雲の亀裂やナミナミ雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲

鈎型巻雲

・2017.5.5 25:10更新  
 当地、朝から昼過ぎまで、南西指向の鈎型巻雲「千鳥」がありました。
 過去例の多くから海外等、遠方の強い震源を示す前兆。
 夕方はうっすらと焼けました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・11時40分の南南西方向の空。南西指向の鈎型巻雲「千鳥」が整列していました。かなり強い前兆と思います。
 2・同時刻の南方向の空。「千鳥」。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

波状雲

鉤形巻雲

スペース
22時全球画像

・2017.5.4 24:30更新  
 【注意】当地、昼前後に南南東ー北北西の波状雲、鈎型巻雲がありました。国内と海外の震源を示しているもの。
 コンパスはゼロ戻り中。

 1・12時10分の西方向の空。南南東ー北北西の波状雲。国内の海域震源を示しているものと思います。
 震源は整列方向か直角方向。
 2・12時20分の西北西方向の空。南南東ー北北西の鈎型巻雲。こちらは海外等遠方の強い震源を示す雲。

 3・22時全球画像。昨日に引き続き能登半島あたりを中心とする雲の円形状が出ています。
 北陸から若狭湾沖の日本海を気にして見ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲

スペース

3時赤外画像
4時全球画像

・2017.5.3 24:20更新  
 【注意】当地、朝から東西基調の雲が出ており、鈎型形状が混じっており、遠方の震源と見ていました。太陽の暈が出ていました。
 コンパスはゼロ戻り。

 1・10時40分の南南西方向の空。ほぼ東西の雲ですが、鈎型形状が有り、当地からは距離のある強い震源のようです。

 2・3時赤外画像。九州から台湾の東沖に円弧状の境界前兆雲。
 気象性の要因ではないと思われ、警戒してみています。
 3・4時全球画像。朝鮮半島の西を中心に雲の円形状。M6クラスの震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.11μSv/hでした。

鱗雲

スペース

17時全球画像

・2017.5.2 23:10更新  
 当地、朝は整列性は乱れていましたが、鱗雲が 東南東ー西北西に並んでいました。
 コンパスは振れなし。引き続き指針の南側が盤面に張り付き。

 1・7時40分の南東方向の空。形状の整列性は乱れていますが、鱗雲がべったりと出ていました。

 2・17時全球画像。千島上空から北海道にかけて雲の亀裂形状が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

7時可視画像

・2017.5.1 23:00更新
 当地、突然の雷雨でいささか参りました。雲ははっきりせず。
 コンパスの振れなし。但しS側が盤面に張り付いています。
 昨夜、十勝M5.5が発生。 4月7日、15日、26日、27日等に前兆を書いていました。

 ・7時可視画像。千島から北海道南沖に直線的な境界前兆雲雲。シャープネスが強く、やや強い前兆と考えます。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

8時全球画像

・2017.4.30 23:20更新
 本日は、衛星画像で強い前兆は見られず。但し、スマトラと台湾に前兆らしい形状が見られました。

 ・8時全球画像。スマトラ上空に雲の吹き飛ばし形状。

帯雲

スペース

8時可視画像

・2017.4.29 23:10更新  
 【注意】当地、朝は北東ー南西の帯雲が有り、北東に収束しているように見えました。
 大隅半島沖M5.7が発生。20日に書いた南西方位の震源にあたるものと思います。

 1・10時10分の北方向の空。北東ー南西の雲がありました。茨城・福島沖の震源ではないかと推定します。

 2・8時可視画像。小笠原あたりを通過する直線的な境界前兆雲があり、その南、火山列島あたりに円弧状境界前兆雲が出ています。

まつげ状雲

まつげ状雲

スペース
16時可視画像

・2017.4.28 23:50更新  
 【注意】当地、午前中は東の空に北東ー南西の雲が出ていました。まつげ形状があり、遠方の強い震源を示しています。
 コンパスはゼロ戻り。

 1・10時30分の南東方向の空。遠方に北東ー南西の帯雲が有り、手前にまつげ状の雲。遠方の震源を示す雲。
 2・同時刻の東北東方向の空。まつげ形状の雲が鮮明。

 3・16時可視画像。茨城沿岸部から沖に雲の前兆形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.11μSv/hでした。

ゲル状雲

スペース

3時赤外画像

・2017.4.27 23:50更新  
 【注意】当地、朝から低層の雲の雲底がデコボコとなり、直前状態を示していました。現在は降雨となっています。
 コンパスの振れなし。但しS側が盤面に張り付いています。体感有り。

 1・8時10分の北方向の空。低層の雲の雲底がゲル状に垂れ下がっていますが、南東ー北西に畝が整列しているのが見られます。
 やはりこの整列方向か直角方向に震源があるものと考えます。

  2・3時赤外画像。千島〜北海道〜東北北部に直線的な境界前兆雲。千島〜北海道の震源。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

吊し雲

赤焼け

赤焼け
スペース
6時全球画像
16時赤外画像

・2017.4.26 23:10更新  
 【注意】当地、朝から吊し雲が目立つ一日。朝は南北方向でしたが、時間が経つにつれ、南北に南東ー北西が加わるようになりました。
 南東ー北西方位はこのところ断続的に前兆が出ており、注意を要します。
 夕方は北東ー南西の雲底がゲル状に垂れ下がった雲が赤焼けしていました。
 ゲル状の直前状態、中越地震の一発前兆例から1週間以内に発生があるものと思います。千島・北海道と小笠原方面を懸念しています。
 コンパスは東2度振れ。

 1・14時20分の西の空。遠方に南北の吊し雲(小笠原・マリアナ等)と南東ー北西の吊し雲がクロスした状態。
 強いプレートストレスを示す状態。
 2・18時30分の西北西の空。北東ー南西の赤焼け帯雲と、吊し雲。一部ギア状があり強い震源を示すもの。
 3・同時刻の帯雲のアップ。中越地震の1週間前前兆ではこのような雲が全天に拡がりました。

 4・6時全球画像。オーストラリアの南東に南北の雲の亀裂形状。
 5・16時赤外画像。千島〜北海道中部〜日本海に境界前兆雲。上の北東方位の雲は、この震源を示す可能性有り。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲

オレンジ焼け

スペース
5時全球画像

・2017.4.25 23:50更新  
 【注意】当地、霞がやや濃く、空が濁っていました。雲は南北方向。
 コンパスは東2度振れ。体感強め。
  チリでM7.1の巨大地震が発生。前兆は4月20日に海外のものが出ていました。
 南米M7.1の発生で、続いている国内の前兆に対する震源が活性化することも考えられます。ご注意下さい。

 1・15時の北東方向の空。濁った空に南北の雲がありました。
 強いプレートストレスを示す雲。
 2・17時40分の西北西方向の空。オレンジ焼けの中、北から伸びて来る雲がありました。

 3・5時全球画像。ニューギニアの北に雲の亀裂形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.11μSv/hでした。

波状雲

スペース

7時可視画像

・2017.4.24 23:40更新  
 当地、朝は形状の乱れた鱗雲が有り、夕方は東西整列の波状雲がありました。
 コンパスは東2度振れ。引き続き指針の南側が盤面に張り付き。

 1・16時30分の西方向の空。低層の雲が畝状となり、東西か南北の震源を示していました。M5クラスと推定。

 2・7時可視画像。関東から東海にべったり雲。ややスパンの長い前兆。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.13μSv/hでした。

鱗雲

吊し雲?

・2017.4.23 23:40更新  
 当地、朝は形状の乱れた鱗雲。昼前は南北方向の吊し雲が有り、夕方は東に収束する低層の雲がありました。
 コンパスは東2度振れ。体感有り。
 本日、サハリンM5.2が発生。4月16日の雲の結果と考えます。この震源は4月19日の雲の円形状の周縁部にあたります。

 1・9時10分の南の頭上。東西整列に見えた鱗雲。遠方の震源と思います。
 2・11時の東の空。南北方向の吊し雲がありました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

13時可視画像

・2017.4.22 24:20更新
 【注意】当地、低層の雲で観察不能。カラスは騒いでいました。
 コンパスは東2度振れ。

 ・13時可視画像。愛知〜紀伊半島にナミナミ雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

畝

畝雲

鱗雲
赤焼け
スペース
15時赤外画像

・2017.4.21 25:00更新  
 【注意】当地、朝は低層の雲の雲底にほぼ南北整列の畝が有り、整列方向か直角方向のやや強い震源を示していました。
 夕方はこれも強い前兆の畝雲(石垣状雲に近い形状)が南東ー北西に整列。日没時は西方向がオレンジ焼けしました。
 引き続き海外と列島周辺の強い前兆が出ています。
 コンパスは東に振れ傾向。

 1・8時50分の北北西方向の空。ほぼ南北に整列する雲底の畝。
 形状的には、ささくれなどが見られ強い前兆と判断します。
 2・16時20分の頭上。 南東ー北西整列の畝雲ですが、石垣状雲にも見えました。
 3・17時30分の頭上。整列性の乱れた、やや大柄な鱗状雲が遠方の震源を示しています。
 4・18時の西方向の空。少し嫌な焼け方を見せました。

 5・15時赤外画像。福島内陸〜三陸沖に境界前兆雲。
 南西諸島上空には、やや大きい雲の吹き飛ばしが出ていました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲

吊し雲

波状雲
微細鱗雲

・2017.4.20 24:40更新  
 【警戒】当地、朝から飛行機雲が消え残り、櫛の歯状の雲に成長する強い前兆が見られ、警戒して見ていました。
 午後から夕方にかけては、南東ー北西整列の波状雲、北西指向の微細鱗雲(強い前兆ですが久々に見ました)が出現。日暈もうっすら出ていました(他所では水平椋平虹も見られたようです)。
 富士山はかなりきれいに見えていたので、高層のエアロゾルが濃い状態。
 コンパスは東に振れ傾向。
 全般的に剣呑な状態で、当地から遠方の海外などと、列島周辺の北東・南西、南東・北西の海域に強い震源が存在する状況です。要注意。

 1・10時50分の南の頭上。東西方向の帯雲にまつげ形状があり、遠方の強い前兆。手前頭上に細かい鱗雲。
 2・14時10分の北西の空。北東ー南西の白蛇雲。これも強いプレートストレスを示す雲。
 3・17時20分の北西方向の空。
 4・同時刻の北北西方向の空。微細鱗雲が北西を指向していました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

赤焼け

スペース

15時全球画像

・2017.4.19 23:40更新  
 当地、はっきりした雲は見られず。夕方は西がややきつい赤焼けしました。霞が少し出ています。
 コンパスは東2度振れ。

 1・18時20分の西方向の空。やや強いオレンジ焼け。

 2・15時全球画像。列島周囲の低気圧、高気圧の影響がありますが、列島を取り囲む円形状が出ています。前兆で無ければいいのですが。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.09μSv/hでした。

帯雲

鈎型巻雲

赤焼け
スペース
3時赤外画像
14時赤外画像

・2017.4.18 24:00更新  
 【注意】当地、昼前から東の空にほぼ東西の雲、西の富士山の向こう側に北東ー南西の雲が出ていました。
 相当強いプレートストレスがかかっている状態。
 夕方は東西整列の雲が久々に赤焼け。南の空では南西に収束しているようにも見えました。
 コンパスは東に振れ傾向。針の南側が盤面に張り付いており、小笠原方面の震源を示しています。

 1・16時30分の西方向の空。富士山の向こう側に北東ー南西の雲。
 これは南北シーソー地震の前兆。但し頭上の雲は東西に整列しており、これは日没まで続きました。
 複数震源の前兆です。
 2・17時50分の東北東方向の空。南指向の鈎型巻雲。これは距離のある強い震源を示す雲。
 北側には東西の雲がそのまま出ています。
 3・18時30分の南西方向の空。基本的には南北の雲が東西に整列して赤焼けしている状況ですが、斜めに走る雲が南西収束のように見せています。
 複数の強い震源が有り、それを示しているようです。2004年の中越地震1週間前の一発前兆にも類似。
 要注意。

 4・3時赤外画像。日本海〜若狭湾に直線的な境界前兆雲雲。やはり若狭湾あたりに震源か。
 5・14時赤外画像。上と同じ雲が東に移動したものですが、北海道東沖〜 関東東沖〜小笠原にかけて直線形状が出ています。
 こちらにも震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

2時全球画像
8時可視画像

・2017.4.17 23:40更新
 【注意】当地、朝のうちは、形状の乱れた東西の雲がありました。以後は雨雲で観察不能となりました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・2時全球画像。列島の南東に雲の円形状が有り、その円形の東側を指向する雲があります。
 高気圧の影響がありますが、前兆形状の可能性があります。
 2・8時可視画像。福島沿岸部から東に雲の吹き出し。仙台湾あたりにM5程度の震源があるのかもしれません。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲

ギア状雲

スペース
11時全球画像

・2017.4.16 23:40更新  
 【注意】当地、未明にカラスが騒いでいました。終日、方向性の乱れた巻雲が出続け。
 千葉・東京で小規模が発生しており、千葉・茨城でのやや強い地震が後続するかもしれません。
 コンパスは東2度振れ。

 1・11時の南南西方向の空。北東ー南西の形状の乱れた雲に南東ー北西の亀裂。距離のある強い震源あり。
 2・18時10分の北西方向の空。ほぼ南北方向のギア状雲。やや強い海域震源が整列方向か直角方向に存在します。
 伊豆・小笠原諸島または房総沖か東シナ海等が考えられます。

 3・11時全球画像。東シナ海からその西の中国内陸に雲の吹き飛ばし、亀裂形状。M6以上の震源かもしれません。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

刺激雲

スペース

7時全球画像
10時可視画像

・2017.4.15 24:40更新  
 当地、プレートストレスを示す雲が東西方向に終日出ていました。夕方は今日も西がややきつい赤焼け。
 コンパスは東に振れ傾向。

 1・11時30分の東方向の空。プレートストレスを示す形状の乱れた刺激雲。震源はそれほど近くはないと思われます。

 2・7時全球画像。東シナ海〜中国内陸〜インド方面に雲の亀裂形状。
 大陸の震源と思いますが、スマトラ方面の震源を示す可能性もあります。
 3・10時可視画像。北海道南東部から沖に雲の前兆形状。やや強い震源か。
 東日本上空に雲の擾乱状態があるのも目立ちました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

赤焼け

スペース

10時可視画像
10時可視画像

・2017.4.14 24:00更新  
 当地、はっきりした雲は見られず。夕方は本日も西がややきつい赤焼け。
 コンパスは東2度振れ。

 1・18時10分の西方向の空。やや強いオレンジ焼け。
  満月トリガー下、警戒すべき状況です。

 2・10時可視画像。朝鮮半島上空に大きな雲の吹き飛ばし。
 このところ続いた北西方向の前兆はこの震源か?
 3・同じ10時可視画像の台湾の拡大。台湾東沖に雲の前兆形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

赤焼け

スペース

11時全球画像

・2017.4.13 23:40更新  
 当地、はっきりした雲は見られず。快晴で桜のピンクが映えました。夕方は西がややきつい赤焼け。
 コンパスは東2度振れ。

 1・18時30分の西方向の空。やや強いオレンジ焼け。

 2・11時全球画像。画像左側のスマトラ上空に雲の亀裂形状が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲

直前雲

スペース
7時可視画像
9時可視画像
11時全球画像

・2017.4.12 23:410更新  
 【注意】当地、朝から遠方の強い震源を示す方向性の乱れた巻雲が出ていました。
 夕方は雨雲が出て、雲底がデコボコになり直前状態を示していました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・8時の東方向の頭上。方向性がばらばらの巻雲。鈎型形状もあり、遠方の強い震源を示すもの。
 2・17時30分の北東方向の空。雨雲の雲底がデコボコになっていました。
 地震か雨の直前状態。

 3・7時可視画像。東日本の沖に東西に長い雲の楕円形状。低気圧に因るものですが、形状がはっきりしており、東日本遙か東沖の強い震源がある可能性が捨てきれません。
 4・9時可視画像。南海トラフの南側に雲の亀裂形状。なにか動きがあるかもしれません。
 5・11時全球画像。カムチャッカ半島から南に大きな雲の亀裂形状。
 アリューシャン列島の強い震源と推定。本日の巻雲と同じ震源かもしれません。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

16時赤外画像

・2017.4.11 23:20更新
 【注意】当地、降雨で観察不能。
 コンパスは東2度振れ。

 ・16時赤外画像。日本海から北北東に円弧状境界前兆雲。
 能登半島まわりの日本海に前兆が続きます。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

畝

帯雲

・2017.4.10 23:50更新  
 【注意】当地、昼は、入り乱れた巻雲と日暈が見られ、夕方は北東ー南西の雲と全方位赤焼けがありました。
 近い震源ではなさそうですが、強い震源が存在する状況。
 コンパスは東2度振れ。

 1・18時の西方向の空。富士山の向こう側に北東ー南西の雲。
 この後、全方位赤焼けとなりました。
 2・同時刻の東方向の空。低層の雲の雲底に東西整列の畝。
 強い震源ではありませんが、海域の震源。
 3・18時10分の北西方向の空。北東ー南西の帯雲。
 強いプレートストレスを示す雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

11時可視画像

・2017.4.9 23:30更新
 【注意】当地、降雨で観察不能。但し昼前の雲底はデコボコ状態でした。
 コンパスは東2度振れ。体感有り。

 ・11時可視画像。台湾の上空から東沖にナミナミ雲など、やや強い雲の前兆形状。
 衛星では、その他、相模湾上空にナミナミ雲が有り、小笠原などの前兆を示していました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.05〜0.08μSv/hでした。

16時全球画像

・2017.4.8 25:10更新
 【注意】当地、降雨で観察不能。
 コンパスは東2度振れ。放射線量はやや低め。

 ・16時全球画像。昨日書いた日本海沿岸にかかる雲の亀裂形状が出ていました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.05〜0.08μSv/hでした。

7時可視画像
9時可視画像

・2017.4.7 25:30更新
 【注意】当地、雨雲が多い一日で、はっきりした雲は見られず。衛星画像では、北海道中部と能登半島の周囲に前兆形状がありました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・7時可視画像。能登半島を中心に、岩手沖ー能登半島北端ー山陰にかかる境界前兆雲。
 雲のエッジの下でM5以上が発生する可能性有り。
 2・9時可視画像。能登半島北端から北西の日本海に向けて伸びる、直線的な雲。やはり能登半島周辺に震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

日暈

スペース

3時赤外画像
19時赤外画像

・2017.4.6 24:10更新  
 【注意】当地、朝は濁った空に飛行機雲の消え残りと日暈。夕方には低層の雲の雲底がデコボコになっていました。
 衛星画像では、少し気になる雲の形状有り。中越の小規模連発も剣呑。
 コンパスは東2度振れ。

 1・8時20分東の頭上。太陽の周囲に日暈。飛行機雲も成長しています。
 高層のエアロゾルが濃い状態。

 2・3時赤外画像。本州中部を中心とする雲の円形の吹き飛ばし。
 昨日までの当地の北西方向の雲に対応する震源かも。
 3・19時赤外画像。山形内陸から北陸沿岸部をとおり四国へ向かう境界前兆雲。
 上の円形状と併せると、能登半島回りに強い震源があるのではと懸念します。

 衛星ではその他、台湾東沖に雲の吹き飛ばし。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

鈎型巻雲

・2017.4.5 23:50更新
 【注意】当地、朝は相模湾方向から軽い地鳴りが聞こえていました。
 雲は朝から南東ー北西の方向性が見られ、空はエアロゾルが濃いのか、濁っていました。
 コンパスは東3度振れ。

 ・11時40分の北東の空。北西方向から伸びてくる雲。鈎型形状と衛星画像で大陸から伸びて来ているのを見て、遠方の強い震源かなと見ていました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

赤焼け
畝雲

・2017.4.4 23:30更新
 【注意】本日、飛行機雲が非常に多い一日。夕方には方向性の乱れた巻雲がありました。
 コンパスは東に振れ傾向。

 1・17時30分の西方向の空。霞が強く濁ったオレンジ焼け。このときも飛行機雲が残っていました。
 遠方に強い震源がある状況。
 2・18時20分の西方向の空。南東ー北西に畝雲が整列。海域の震源。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

波状雲

雷雲?

スペース
13時赤外画像

・2017.4.3 23:40更新  
 当地、朝は東の空に東指向と思われる低層の放射雲、波状雲。夕方は西の空に北から伸びて来る雷雲?がありました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・7時の東方向の空。太陽の光で白く飛んでしまっていますが、東方向に収束するような雲、東西整列の波状雲がありました。
 銚子沖、或いは遙か東沖のアウターライズ地震などがありそうです。
 2・17時20分の西方向の空。北から伸びて来る雷雲?巨大な熊のジョンにも得ます。

 3・18時赤外画像。茨城沖から銚子にかけて雲の吹き飛ばし。直視の雲と併せるとM5以上の震源か。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲

・2017.4.2 23:10更新
 【注意】当地、昼前に北西指向の巻雲が見られました。北西方向にやや強い震源がありそうです。
 コンパスは東に振れ傾向。放射線量少なめ。

 ・11時の西南西方向の空。北西指向の巻雲が出ていました。やや形状は乱れた状態。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.09μSv/hでした。

9時全球画像
18時可視画像

・2017.4.1 25:30更新
 【注意】本日、夕方になり雨はあがりましたが、低層の雲が多く、観察不能でした。
 コンパスは東に振れ傾向。

 1・9時全球画像。昨日からの長大な雲は引き続き出ています。
 日本海上空の雲のエッジは、円弧状境界前兆雲にも見えます
 2・18時可視画像。本州の東半分の上空に前兆と思われるべったり雲が張り付いています。

 衛星では、その他、ニューギニアの北東に雲の吹き飛ばしがありました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

3時全球画像
22時全球画像

・2017.3.31 25:30更新
 【注意】本日、降雨となり観察不能。コンパスは東2度振れ。

 1・3時全球画像。ニュージーランドの海域に雲の亀裂形状。
 2・22時全球画像。日本からインドネシア方面にかかる雲。
 スマトラ方面の前兆と思われます。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

オレンジ焼け

スペース

10時可視画像
17時可視画像

・2017.3.30 23:00更新  
 当地、昨日から霞が濃く、飛行機雲が消え残り成長していました。夕方は西方向がオレンジ焼け。
 遠方に強い震源がありそうです。
 コンパスは東に振れ傾向。

 1・17時10分の西方向の空。ほぼ東西方向の雲ですが、ほとんどが飛行機雲の消え残りに見えました。
 一部に東西整列の波状雲あり。

 2・10時可視画像。南西諸島の南に小ぶりな境界前兆雲。
 3・17時赤外画像。三陸沖に雲の半円形状の吹き飛ばし。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

巻雲

帯雲

スペース
11時赤外画像

・2017.3.29 23:40更新  
 当地、朝は東南東ー西北西の巻雲、飛行機雲の消え残りが見られ、午後は西方向強いオレンジ焼けの中、南南東ー北北西の帯雲がありました。
 カラスの鉄塔天辺あり。
 28日が新月ですので、発生が近づいている震源があるものと思っています。
 コンパスは東に振れ傾向。

 1・8時の西方向の空。東南東ー西北西の巻雲、飛行機雲の消え残りがあり、やや強い前兆です。
 2・17時30分の西方向の空。霞が濃くにごってオレンジ焼けする中、南南東ー北北西の帯雲が出ていました。

 3・11時赤外画像。台湾東沖に東西の雲の亀裂形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲

・2017.3.28 23:30更新
 【注意】当地、朝は東南東ー西北西の帯雲が見られました。夕方からは降雨で観察不能。
 コンパスは東に振れ傾向。放射線量少なめ。

 ・8時の北北東方向の空。東南東ー西北西の帯雲。やや強いプレートストレスを示す雲。

 衛星では、東北地方上空に雲の擾乱状態がありました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.09μSv/hでした。

赤焼け

スペース

17時可視画像

・2017.3.27 23:40更新  
 当地、夕方は東の空に低気圧の雲が断層状に北北西ー南南東に出ていました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・17時40分の西方向の空。やや強いオレンジ焼け。

 2・17時可視画像。関東地方上空に直線的な境界前兆雲。雲のエッジの下でM5程度の発生があるかもしれません。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

8時可視画像

・2017.3.26 23:30更新
 【注意】当地、終日の降雨で観察不能。寒い一日でした。
 コンパスは東3度振れ。放射線量少なめ。

 ・8時可視画像。画像を左右に走る雲の右側、仙台湾あたりに雲の前兆形状。極端に強い前兆ではありません。
 九州南部にも雲の前兆形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.08μSv/hでした。

鈎型巻雲
赤焼け

・2017.3.25 23:20更新
 【注意】今日の午後は、遠方系と思われる形状の雲が前兆を示していました。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、沖縄M5.1が発生。3月21日の前兆の結果と思います。

 1・13時の南方向の空。西指向の鈎型巻雲が出ていました。
 霞が少し有り、空が濁っていました。
 2・17時40分の西方向の空。東西の帯雲、東西整列の雲などが、西方向の震源を示していました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

12時全球画像
16時可視画像

・2017.3.24 22:10更新
 【注意】当地、低層の雲が多くはっきりせず。但し、雲底がゲル状の直前雲あり。
 コンパスは東に3度振れ。

 1・12時全球画像。本州北西の日本海から北西の大陸に境界前兆雲。やや強い震源か。
 2・16時可視画像。房総東沖から紀伊半島と瀬戸内海東部に東西基調のプレートストレスを示す雲が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

吊し雲
波状雲

・2017.3.23 23:40更新
 【注意】当地、夕方にかけて北東ー南西整列、東南東ー西北西整列の波状雲、ギア状雲が出ていました。
 海外等距離のある強い震源と推定。
 コンパスは左に3度振れ。

 1・17時の西の頭上。まわりがゲル状になったような吊し雲が出ており、遠方の震源を示していました。
 2・17時の南西方向の空。東南東ー西北西の肋骨状の雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

赤焼け

スペース

9時赤外画像
17時可視画像

・2017.3.22 23:30更新  
 当地、あまりはっきりした雲は見られず。夕方は南南東ー北北西の低層の雲がかかり、西方向がオレンジ焼け。
 コンパスは東3度振れ。体感有り。

 1・17時30分の西方向の空。やや強いオレンジ焼け。
 雲の形状は乱れており、距離のある震源を示していました。

 2・9時赤外画像。北海道中部〜三陸沖に境界前兆雲。M5前後の震源と推定。
 3・ 17時可視画像。九州南東部沿岸に帯雲が有り、沖にはナミナミ雲。
 前兆が続いています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

9時可視画像

・2017.3.21 23:30更新
 【注意】当地、終日の降雨で観察不能。カラスは騒いでいました。
 コンパスは東に振れ傾向。

 ・9時可視画像。九州南部から南西諸島にかけて広い範囲にナミナミ雲。
 九州南沖の地震・火山活動が続きそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

12時可視画像

・2017.3.20 23:50更新
 【注意】当地、今日は薄い雲が拡がり表情なし。カラスが騒いでいました。
 コンパスは東に振れ傾向。

 ・12時可視画像。台湾の東沖の雲の前兆形状は継続。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

16時可視画像

・2017.3.19 24:00更新
 【注意】当地、今日もはっきりした雲は見られず。霞は濃い状況。夕方は西方向がややきつくオレンジ焼けしました。
 コンパスは東に振れ傾向。

 ・16時可視画像。南九州にかかる境界前兆雲。M5前後の震源か。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

刺激雲

帯雲

スペース
15時可視画像

・2017.3.18 24:10更新  
 当地、朝からやや濁った空で、飛行機雲が消え残っていました。
 10時過ぎには、北北東からの刺激雲、東南東ー西北西の帯雲が出ていました。
 コンパスは振れなし。

 1・10時20分の北北東方向の空。強い震源の存在により、拡張して出ている刺激雲が出ていました。
 2・11時20分の南南西方向の空。東南東ー西北西の断層状の帯雲。
 強いプレートストレスを示す雲。

 3・ 15時可視画像。東北地方上空にナミナミ雲。三陸沖の震源か。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

石垣状雲

スペース

2時全球画像
11時可視画像

・2017.3.17 25:00更新  
 当地、朝は鱗雲、石垣状の雲が東西に拡がっていました。当地からは距離のある震源。
 コンパスは振れなし。

 1・8時の東方向の空。遠方の強い震源を示す石垣状の雲。
 この後は、低層の雨雲がかぶさってきました。

 2・2時全球画像。ニュージーランドを囲むような雲の円形状。
 フィジーあたりのM6クラスか。
 3・ 11時可視画像。台湾の東沖に雲の亀裂。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

10時可視画像

・2017.3.16 23:10更新
 【注意】当地、低層の雲が多く観察できず。
 コンパスの振れなし。

 ・10時可視画像。北海道南東沖に雲の吹き飛ばし。

 衛星画像では、その他、ニューギニア上空、台湾東沖に雲の前兆形状がありました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲

スペース

15時赤外画像

・2017.3.15 23:20更新  
 当地、低層の雲の多い一日でしたが、夕方には、西の空に北北東ー南南西の赤焼け雲が出ていました。
 コンパスは振れなし。

 1・18時の西北西方向の空。北北東ー南南西の赤焼け帯雲。小笠原・火山列島の震源と推定。

 2・5時赤外画像。本州東沖に雲の亀裂形状。やや強い震源と推定。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

石垣状雲

スペース

10時可視画像

・2017.3.14 24:50更新  
 当地、夕方になり、低層の雲の間に高層の雲が見えるようになりました。
 コンパスは東に振れ傾向。

 1・17時10分の西方向の空。低層には石垣状の雲があり、その上空には北東ー南西の雲がありました。
 要警戒の空。

 2・10時可視画像。四国西部から九州にかけての中央構造線上に短い帯雲群。直視すると吊し雲かもしれません。
 九州南部には境界前兆雲がかかっています。やや強い震源かもしれません。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

13時可視画像
19時全球画像

・2017.3.13 23:40更新
 【注意】当地、朝から低層の雲で観察出来ず。現在は降雨となっています。
 コンパスは左に振れ傾向。

 1・13時可視画像。台湾の東岸から沖に雲の前兆形状。
 2・19時全球画像。オーストラリア東部に雲の亀裂形状。
 前兆とすればかなり強いもの。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

ハロ

吊し雲

帯雲

・2017.3.12 23:00更新  
【注意】当地、昼前に太陽全周に明瞭なハロ。夕方は東南東ー西北西の吊し雲群。強い前兆が続いています。
 コンパスの振れなし。

 1・11時40分の頭上。鮮明なハロ。  2・17時の西方向の空。吊し雲、飛行機雲の消え残り、波状雲が東南東ー西北西に。
 高知大さんの可視画像が見られませんので全体像は分かりませんが強い前兆です。
 一部に波状雲があり、海域震源か。
 3・同時刻の南の空。畝状に整列する雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

吊し雲

スペース

9時全球画像

・2017.3.11 24:50更新  
 東日本大震災で犠牲なられた方々のご冥福をお祈り致します。
【注意】当地、昼前に北北東ー南南西の吊し雲が見られました。夕方は西方向がオレンジ焼けとなりました。
 コンパスの振れなし。

 1・11時30分の西北西方向の空。吊し雲が北方向から南方向まで連なっていました。
 強いプレートストレスを示す雲。

 2・9時可視画像。画像左側、中国西部〜さらに西に雲の亀裂形状あり。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

赤焼け

スペース

14時可視画像

・2017.3.10 24:30更新
 【注意】当地、はっきりした雲は見られず。夕方は西方向がオレンジ焼けとなりました。
 コンパスの振れなし。

 1・17時40分の西方向の空。雲は昨日に続き南北方向。きれいなオレンジ焼け。薄明光線あり。

 2・14時可視画像。8日に続き先島諸島から台湾東岸にかけて雲の前兆形状が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

赤焼け

・2017.3.9 23:30更新
 【注意】当地、今日もはっきりした雲は見られず。夕方は西方向がややきつくオレンジ焼けしました。
 コンパスの振れなし。

 ・17時30分の西方向の空。昨日に続き、きれいなオレンジ焼け。

 衛星画像では、中国の北西内陸の雲の円形状が前兆らしく見えました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

赤焼け

スペース

11時可視画像

・2017.3.8 23:30更新
 【注意】当地、はっきりした雲は見られず。夕方は全方位のオレンジ焼けとなりました。
 コンパスの振れなし。放射線量少なめ。

 1・17時30分の西方向の空。雲は南北の雪雲らしいもの。きれいなオレンジ焼け。

 2・11時可視画像。先島諸島から台湾東岸にかけて雲の前兆形状が出ています。台湾M4.9が発生していますが、まだ後続がありそうに見えます。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.08μSv/hでした。

畝雲
吊し雲
スペース
8時可視画像
17時赤外画像

・2017.3.7 24:00更新
 【警戒】当地、朝は非常に嫌な雲が南北に滞空。
 夕方は国府津ー松田断層の上空に巨大な吊し雲が、これも南北に滞空。
 現在半月ですが、強い地震が迫っている印象。南北シーソー地震の続きを疑っています。
 コンパスの振れなし。昨日に続き放射線量低め。

 1・8時20分の北東方向の空。大根の葉っぱのような畝状の積雲らしい雲が、東西に整列。
 スマトラM9、東日本大震災M9の直前に出ていた刺激雲に類似。
 要警戒。
 2・16時50分の西方向の空。国府津ー松田断層の上空に巨大な南北の吊し雲。これも強いプレートストレスを示します。

 3・8時可視画像。本州上空に非常に強いプレートストレスを示す雲が滞空。
 三陸沖では境界前兆雲に。
 4・17時赤外画像。三陸沖に境界前兆雲。やや強い前兆。

 衛星では、そのほか、茨城・千葉県境上空に雲の前兆形状がありました

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

鱗雲
赤焼け
スペース
19時赤外画像

・2017.3.6 24:00更新
 【注意】当地、朝は相模湾方向から地鳴り。雲は形状の乱れた鱗雲、吊し雲が出ていました。
 雨が上がった夕方は、空一面がマゼンタ焼け。高層に北東ー南西の雲がありました。コンパスの振れなし。
 放射線量は低め。
 ニューギニア6.3Mがありましたが(前兆は2月25日)、まだ、強い震源が発生待ちのようです。

 1・7時の頭上。ほぼ東西の形状の乱れた鱗雲、吊し雲。近い震源ではありませんが強い震源のようです。
 2・17時40分の西の空。台風接近時に強い震源があるときのような空一面の焼けが見られました。
 雲は北東ー南西のエアロゾル垂れ下がり感のある帯雲。

 3・19時赤外画像。千島沖〜北海道南東沖〜三陸沖〜関東・中部内陸に境界前兆雲。エッジの下にM5以上の震源あり。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

帯雲

帯雲

・2017.3.5 23:50更新
 【注意】当地、午前中は東北東ー西南西の雲が見られました。飛行機雲も消え残り、成長する状態。
 コンパスの振れなし。

 1・11時20分の北北東方向の空。東北東ー西南西の帯雲。
 強いプレートストレスを示す雲。
 2・同時刻の東北東方向の空。形状に乱れが有り、少し距離のある震源のようです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

帯雲
放射雲
吊し雲
スペース
9時可視画像

・2017.3.4 25:00更新
 【注意】当地、朝から南西からの放射雲、東北東ー西南西の巻雲、帯雲などがあり、夕方は西の空のほぼ南北の吊し雲が赤焼けしていました。
 夕方は西方向がオレンジ焼け。
 コンパスの振れなし。

 1・8時40分の北方向の空。東北東ー西南西の帯雲が強いプレートストレスを示していました。
 2・14時20分の南西方向の空。南西からの放射雲と東北東ー西南西の帯雲。南西方向は台湾海域の前兆か。
 3・17時40分の西南西方向の空。ほぼ南北方向の赤焼け吊し雲。こちらも強いプレートストレスを示す雲。

 4・9時可視画像。銚子〜紀伊水道の中央構造線に寄り添うような 形でプレートストレスを示す雲が出ています。
 但し、円弧状境界前兆雲の可能性もあります。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

赤焼け

スペース

18時可視画像

・2017.3.3 24:20更新
 【注意】当地、はっきりした雲は見られず。朝は相模湾方向から地鳴り。霞はやや濃い状態。夕方は全方位のオレンジ焼けとなりました。
 コンパスの振れなし。
 昨日、日向灘でM5.2が発生。2月5日等に前兆を書いていました。

 1・15時40分の西方向の空。やや濁った赤焼け。

 2・15時可視画像。先島諸島から台湾東岸にかけて雲の前兆形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

13時赤外画像

15時全球画像

・2017.3.2 23:50更新
 【注意】当地、終日の低層の雲で観察不能。コンパスの振れなし。

 1・13時赤外画像。本州太平洋岸に直線的な境界前兆雲。
 引き続き3.11の余震がありそうです。やや強い規模か。
 2・15時全球画像。大陸の中国内陸に雲の円形状や雲の亀裂。こちらもやや強い震源と推定。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

鈎型巻雲

スペース

17時可視画像

・2017.3.1 23:50更新
 【注意】当地、午後には鈎型巻雲など遠方系の前兆雲が出ていました。霞は濃い状態。
 コンパスの振れなし。
 福島沖の発生が有り、南北シーソー地震の南側での発生を懸念します。

 1・14時30分の南東の頭上。入り乱れた巻雲と鈎型巻雲。遠方系の前兆。

 2・17時可視画像。山陰から九州北部にかけて雲の吹き飛ばし。西から雲の架橋もあり、五島列島西沖に強めの震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。