今日のレポート(9/19)

1.ここに前兆が繰り返し出ている地域の方は身近な宏観にご注意下さい。中越、中越沖、サハリンなど前兆→それらしい結果の繰り返し後に本震が発生しています。2.「千鳥」は、スマトラ・パプアなど超遠方の前兆を示します。3.【注意】【警戒】などはその日の前兆現象の強さを示すもので、すぐに発生すると言う意味ではありません。

スペース

鱗雲
ギア状雲
赤焼け

・2018.9.19 23:10更新
【警戒】当地、朝は東北東ー西南西の鱗雲、波状雲が出ており、形状的には強い地震の一発前兆と言ってもよいカタチでした。夕方は西方向がオレンジ焼け。
 体感有り。コンパスは東1度振れ。
 放射線量は少なめで地震発生前の爆縮?

 1・8時10分の北東方向の空。東北東ー西南西の鱗雲ですが、ムカデ形状にも見えます。
 従って当地からは遠方の震源ではないかと思いますが、はっきりしません。強めの震源と思われ、注意を要します。
 2・8時40分の北東方向の空。この時間ではほぼ東西方向の雲に変化していますが、厚めの雲にギヤ形状が見られ、強めの震源の一発前兆と推測します。
 強いプレートストレスを示す雲。
 この形状の雲は国内の海域震源と推測します。25日が満月で、その前後の発生を疑います。
 一番可能性が高いのは、北海道から茨城沖の海域。
 3・17時50分の西方向の空。焼け方としては列島周辺から海外を疑う焼け方。
 飛行機雲も消え残っています(成長するところまではいかず)

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.05〜0.07μSv/hでした。

巻雲
畝雲

・2018.9.18 23:20更新
【注意】当地、午後から夕方に方向性の乱れた巻雲、低層の畝雲が見られました。体感ややあり。
 コンパスは東2度振れ。

 1・17時の東北東の空。北東から伸びてくる、強い震源に因る刺激雲。
 方向性が乱れており、遠方の強い震源?
 2・ 同時刻の北西方向の空。低層の雲に南東ー北西整列の畝。
 整列方向か直角方向に震源有り。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

巻雲
スペース
7時赤外画像
20時赤外画像

・2018.9.17 23:20更新
【注意】当地、朝から午後まで、方向性の乱れた巻雲が出続けました。遠方系の前兆。
 昨夜日付が変わった頃からカラスが騒いでいました。コンパスは東2度振れ。

 1・8時40分の西方向の空。北から伸びて来る方向性の乱れた巻雲、または強い震源に因る震源による刺激雲。
 かなり強い震源。

 2・7時赤外画像。北海道南東部に直線の境界前兆雲。その東西にプレートストレスを示す雲。
 昨日に続く前兆。
 3・20時赤外画像。本州上空に東西のプレートストレスを示す雲。後続地震に注意を要します。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲
スペース
2時赤外画像
7時全球画像

・2018.9.16 24:50更新
【注意】当地、夕方に東西基調の雲が見られましたが、当地からやや距離のある海外震源と国内震源を示していました。 コンパスは東2度振れ。体感有り。

 1・17時50分の南西方向の空。東西基調の雲ですが、形状がシャープ。にも関わらず小さな鈎型形状があり、国内震源と海外等の遠方の震源があわさったものと思います。

 2・2時赤外画像。北海道を南北に貫く雲の亀裂が有り、亀裂の下にM5以上の震源があるものと考えます。
 直視の雲の国内震源の方は、この北海道の震源か。
 3・7時全球画像。ニューギニア北部にほぼ東西の雲の亀裂。
 M6程度と思われる前兆で、上の海外の震源にあたりそうです。
 要注意。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

13時可視画像

・2018.9.15 23:30更新
【注意】当地、今日も低層の雨雲で観察不能。カラスが騒いでいました。
 コンパスは東2度振れ。
 沖縄本島近海でM5.4とM5.8が発生。6日に書いた南北シーソー地震かもしれません。

 ・13時可視画像。樺太--千島--北海道の海域に雲の前兆形状が見られます。
 特に樺太東沖に境界前兆雲が滞空していました。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

7時赤外画像

・2018.9.14 23:30更新
【注意】当地、低層の雨雲で観察不能。コンパスは東2度振れ。

 ・7時赤外画像。瀬戸内海西部を横切る前線がありますが、この影響があるとしても、瀬戸内海を中心とする西日本を取り囲む雲の配列は前兆らしく見えます。
(福岡沖地震の前兆と思われる、2005年3月19日の衛星画像にちょっと似ている)

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

8時可視画像
19時赤外画像

・2018.9.13 23:30更新
【注意】当地、低層の雲で観察不能。コンパスは東2度振れ。

 1・8時可視画像。北海道南部あたりに雲の前兆形状が有り、嫌なのですが、やや強い余震かもしれません。
 2・ 19時赤外画像。福島沿岸を中心に雲の亀裂形状が出ています。
 西日本にもやや強い震源が ありそうな雲の形状が出ている。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

鱗雲
刺激雲

・2018.9.12 22:40更新
 【注意】当地、朝は内陸の地震前兆と思われる鱗雲と、強い震源による刺激雲が出ていました。以後は低層の雨雲で観察不能。
 コンパスは東2度振れ。
 昨日、青森東方沖M5.0が発生。前兆は9月7日のナミナミ雲と推定。

1・9時の南東の空。東西基調の鱗雲。内陸震源の前兆と思われる鱗雲。
 やや強い前兆か。
2・同時刻の北西の空。北から伸びて来る強い震源に因る刺激雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

ゲル状雲
放射状雲
スペース
12時赤外画像

・2018.9.11 23:20更新
【注意】当地、朝から低層の雨雲にかぶられた状態でしたが、午後から夕方にかけて雲底に前兆形状が見られました。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、 ローヤルティ諸島6.3Mが発生しています。

 1・17時30分の西方向の空。北西の丹沢から伸びて来るゲル状の雲。
 48時間前兆の直前雲。
 2・17時40分の北方向の空。低層の雲に北北東収束の放射形状。
 北北東方向(北海道方向)にM5程度の震源。

 3・12時赤外画像。千島東部に南北の境界前兆雲。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

吊し雲
暈雲
スペース
15時赤外画像

・2018.9.10 23:20更新
【注意】当地、朝は南南東ー北北西の吊し雲、熊のジョン。西の空には西から伸びる形状の乱れた巻雲。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、ソロモン諸島6.5M、ニュージーランド近海M7.0が発生しています。ニュージーランドは8月30日、31日に前兆を書いていました。
 放射線値は通常に戻っています。

 1・8時10分の西方向の空。南南東ー北北西の吊し雲、熊のジョン。一部に波状の模様があり、海域震源らしく見えます。
 2・8時50分の西方向の空。富士山に雲がかぶり、強い前兆を示しています。

 3・15時赤外画像。樺太南部--北海道西部--東北地方西岸に円弧状境界前兆雲。
 また、北海道東沖--銚子沖--伊豆半島沖に直線的な亀裂があります。
 震源は、円弧のエッジの上か、円弧の中心側の亀裂のどこかにあるものと思います。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲
巻雲

・2018.9.9 22:20更新
 【注意】当地、午前中は東西の形状の乱れた雲が見られ、午後は吊し雲、鈎型巻雲などが見られました。
 コンパスは東2度振れ。放射線量がやや低く爆縮??だとすると48時間程度で発生有り。

 1・11時30分の南南東方向の空。東西方向の形状の乱れた帯雲。鈎型形状が見られ、遠方の前兆。
 2・16時50分の西方向の空。ほぼ南北の吊し雲と、北北西から伸びて来る巻雲または刺激雲。
 引き続き強い震源の存在を示しています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.03〜0.07μSv/hでした。

カナトコ雲
帯雲
スペース
13時可視画像

・2018.9.8 23:50更新
【注意】今日はちょっと涼しくなりました。
 夕方は相模湾上に雷雲が発達。西の空に北東ー南西の雲が出ていました。模様が細かく強めの前兆と推定。
 コンパスは東3度振れ。

 1・17時20分の南方向の空。相模湾上の2カ所で雷雲が発達。両者、対流圏界面に達してカナトコ雲になっています。
 過去例から雲の下に震源がある可能性があります。
 2・同時刻の西北西方向の空。北東ー南西のシャープな短い帯雲が鱗形状を伴って出ていました。まだ、強めの震源が存在しています。

 3・13時可視画像。昨日から続き、北海道東部から沖にナミナミ雲など前兆形状あり。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

吊し雲
帯雲
吊し雲
巻雲
スペース
9時可視画像

・2018.9.7 23:50更新
【警戒】当地、昼前後から低層の雲に熊のジョン、ミルフィーユ状の吊し雲が形成され始め、剣呑な状況と思っていましたが、夕方になり空が晴れても、南南東ー北北西、北北東ー南南西等の吊し雲が出続けました。
 要注意の強い前兆です。
 地震は、1時前にフィジーM8.1(またもムカデ状→フィジー、S字形状→M8巨大地震)、11時過ぎにエクアドル6.2Mが発生していますが、上記のように前兆は出続けています。

 1・15時40分の北東の空。東西整列の吊し雲群。UFOが編隊飛行しているような整然さが見て取れます。
 高層域に方向性の乱れた巻雲あり。
 2・17時10分の東方向の空。北東ー南西の吊し雲になりかけのような帯雲。
 8月末からたびたび同様の雲が見られています。
 同傾向の雲が続く期間が長いほど、震源は強いということになります。
 3・17時40分の西方向の空。こちらは南南東ー北北西の国府津ー松田断層上に滞空している吊し雲群。
 強いプレートストレスを示す雲。
 4・同時刻の南方向の空。画面奥、櫛の歯状の巻雲が、北東ー南西に整列しているのが見られました。
 震源は、整列方向か直角方向。海域の強めか。
 画像右側の吊し雲の湾曲も剣呑。

 5・9時可視画像(高知大さんやっと復活)。襟裳岬あたりに震源があるような周囲の雲の形状が出ています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
鈎型巻雲
ムカデ状雲

・2018.9.6 23:10更新
 【警戒】台風21号と、胆振地方のM6.7地震で被害を受けられた方々にお見舞い申し上げます。
 この地震の前兆については、6月10日のべったり雲から始まり、7月23日、27日、31日、8月7日、23日、30日(最終一発前兆)等と、今回の台風トリガー警戒を書いておりました。
 但し、6月の大阪地震から、国内外での強い地震が連続しており、前兆の混交により、震源位置は特定できませんでした。
 当地、朝から遠方のかなり強い地震を示す、鈎型巻雲「千鳥」の整列が有り、以後もムカデ状雲の変形などが出ていました。
 当地から遠方の強い震源がある状態で、過去例からは海外の大型がまず疑われますが、南北シーソー地震(台湾等)、または今日の地震が前震と言うこともあり得ますので、くれぐれもご注意下さい。

 1・7時の南の頭上。西南西指向の鈎型巻雲。見た瞬間に「嫌だな!!」と思う形状の雲。
 2・8時10分の北東の空。東北東ー西南西整列の鈎型巻雲「千鳥」。透明感、形状の幾何学的整合から、当地から距離のあるかなり強い震源の可能性があります。
 特に鈎型にS字形状が見られるときは、強い地震が後続します。
 3・10時20分の北東の空。東北東ー西南西のムカデ形状になりかけのような雲。これも透明感のある美しい雲で、当地からは距離のある強い震源を示しています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

帯雲
吊し雲

・2018.9.5 22:20更新
 【注意】当地、午後から南北方向の帯雲、鱗雲、吊し雲が出続けました。
 短時間でしたが、北からの刺激雲、東西整列の鈎型巻雲「千鳥」も。
 コンパスは東3度振れ。

 1・14時の西方向の空。吊し雲になりかけのような帯雲。一部が鱗雲。
 やや強い、距離のある震源 。
 2・18時10分の西方向の空。軽い焼けの中、南北方向の吊し雲。
 強いプレートストレスを示す雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

11時可視画像

・2018.9.4 23:30更新
【注意】当地、夕方から風が強くなりました。飛びそうなものは養生しましたが、みなさんも充分ご注意下さい。
 空は低層の雲に表情が無く、観察不能。
 コンパスは東2度振れ。

 ・11時可視画像(気象庁提供)。千島から北に雲の吹き出しが有り、前兆に見えます。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

帯雲

・2018.9.3 23:10更新
【注意】当地、午後は遠方の強い震源を示す、石垣状の雲が出ていました。
 夕方は東の空にほぼ南北の雲。
 台風通過前後の地震発生に注意を要します。

 ・18時の東方向の空。ほぼ南北の帯雲ですが、吊し雲のようにも見えます。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

畝

・2018.9.2 23:20更新
【注意】当地、低層の雲に垂れ込められた一日。昼前後、雲底に南北の畝が出ていました。
 コンパスは東3度振れ。
  今朝、小笠原西方沖M5.7が発生。台風通過前に発生をみてしまいました。

 ・12時の西方向の空。低層の雲の雲底に南北基調の畝。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

彩雲

・2018.9.1 23:40更新
【注意】今日の昼、東西基調の方向性の乱れた雲が、広い範囲で彩雲になっていました。台風通過後に発生する震源があるのかもしれません。
 コンパスは東3度振れ。

 ・12時の南方向の空。東西基調の方向性の乱れた雲が、広い範囲で彩雲に。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

吊し雲
刺激雲
スペース
9時全球画像

・2018.8.31 23:50更新
【注意】当地、朝からやや強い前兆と思われる雲が出ており、終日滞空しました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・7時10分の南の頭上。東西基調の吊し雲、巻雲。強めのストレスがかかった状態。
 2・9時40分の東北東の空。北から伸びて来る強い震源起因の刺激雲。ムカデ状雲の同類と思われ、震源は当地から距離がありそうです。

 3・9時全球画像(気象庁提供)。昨日に続きニュージーランドから北に直線的な境界前兆雲。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

吊し雲
刺激雲
吊し雲
スペース
18時全球画像

・2018.8.30 23:10更新
【注意】当地、夕方になり台風の影響もあるのか、東西、北東ー南西の雲が多数滞空して騒然とした空になりました。 西方向がオレンジ焼け。
 コンパスは東2度振れ。

 1・17時30分の西方向の空。北東ー南西の吊し雲、刺激雲があり、その下に東西の巻雲。かなり強い震源の存在を示していますが、震源位置はよく分かりません。
 2・同時刻の東北東の空。東西整列の刺激雲がムカデ形状に見えます。その下に東西の巻雲と分厚い帯雲。
 こちらも強い震源の存在を
 3・17時50分の東方向の空。北東ー南西のうねった吊し雲群。強いプレートストレスを示す雲。

 4・ 18時全球画像。オーストラリアとニュージーランド間に雲の前兆形状。
 NZ側に震源?

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

8時可視画像

・2018.8.29 23:20更新
 当地、低層の雲で観察不能。コンパスは東2度振れ。
 マリアナで6.4M、ローヤルティ諸島でM7.0が発生しています。
 このところの遠方系の雲の結果とは思いますが、これだけ連続すると判別がつかなくなって来ます。

 ・8時可視画像。北海道東沖を中心に海上にべったり雲が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

7時赤外画像
19時全球画像

・2018.8.28 23:20更新
 【注意】当地、はっきりした雲は見られず。コンパスは東3度振れ。

 1・7時赤外画像。茨城沖に雲の亀裂や円形状が有り、強いものではありませんが、震源がありそうです。
 2・19時全球画像。昨日に続き、南西諸島・台湾沖に雲の吹き飛ばし。強めの震源がありそう。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.12μSv/hでした。

ムカデ状雲
スペース
11時咳害画像

・2018.8.27 24:00更新
 【注意】とんでもなく暑い一日でした。現在、雲を通してうっすらと月(昨日が満月)が見えています。
 コンパスは東3度振れ。

 1・17時の北東の空。ほぼ東西の雲ですが、この形状は海外等遠方の震源を示すムカデ状雲と同類。
 中国・台湾方面を疑います。

 2・11時赤外画像。台湾の東から南東沖に強めの震源がありそうな雲の吹き飛ばし形状が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

鈎型巻雲

・2018.8.26 23:30更新
 当地、空の一部に鈎型巻雲が出ていました。
 コンパスは東3度振れ。
 本日、択捉南東沖5.1Mが発生。8月3日等の前兆の結果と考えます。

 ・12時40分の北方向の空。 北指向の鈎型巻雲。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

鱗雲
帯雲

・2018.8.25 23:50更新
 【注意】当地、夕方になり東の空に東西の帯雲、頭上に鱗雲が出ていました。コンパスは東4度振れ。

 1・17時40分の南の頭上。当地から東西か南北のやや強い震源がありそうな鱗雲(一部吊し雲)が出ていました。
 2・同時刻の南東方向の空。ほぼ東西のベール状の帯雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
吊し雲
薄明光線

・2018.8.24 23:50更新
【注意】当地、夕方からS字に湾曲した鈎型巻雲など、距離のある震源を示す雲が見られました。
 日没時は西方向が赤焼け、薄明光線あり。
 コンパスは東4度振れ。

 1・18時10分の南方向の空。南西向きの鈎型巻雲が当地から遠方の震源を示していました。
 2・同時刻の東方向の空。ほぼ南北の吊し雲が整列。こちらは強めのプレートストレスを示す雲。
 3・18時20分の西方向の空。オレンジ焼けの雲を貫く薄明光線。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

石垣状雲
鈎型巻雲
スペース
16時可視画像

・2018.8.23 23:00更新
【注意】遠方の地震ですが、フィジーM8.2の後も、ベネズエラM7.3、バヌアツ6.5M、オレゴン沖6.2M、そして本日アリューシャン6.0Mと発生が続いています。
 今日の雲からは、まだ後続がありそうな状態です。
 朝、南東ー北西整列の石垣状雲、夕方は鈎型巻雲が見られました。いずれも遠方系の前兆。
 コンパスは東4度振れ。

 1・9時40分の南の頭上。南東ー北西整列の石垣状雲。距離のある強めの震源が整列方向か、直角方向に存在。
 2・17時40分の北西の頭上。こちらも遠方系の鈎型巻雲。

 3・16時可視画像(気象庁提供)。北海道の東沖か津軽海峡の西沖に強めの震源が存在しているようで、雲の前兆形状が出ています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲

・2018.8.22 23:10更新
 当地、低層の積雲が多かった一日。夕方は西の空にほぼ南北の帯雲が出ていました。
 コンパスは東4度振れ。

 ・16時10分の西方向の空。 ほぼ南北の帯雲がオレンジ焼けしていました。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

波状雲
波状雲

・2018.8.21 23:50更新
 【注意】地、朝から鈎型巻雲がちらほら。昼前には南北整列の波状雲が見られました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・11時30分の北東の空。南北整列の波状雲。震源は海域のM5前後、当地から南北(小笠原--新潟)方向か東西方向(銚子沖--瀬戸内海)。
 2・17時40分の北西方向の空。波状雲から吊し雲に遷移しているような雲。さらに遠方には吊し雲がありました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

低層の雲

・2018.8.20 22:50更新
 当地、朝から雨雲に覆われた一日。雲底にデコボコがあり深発の前兆。
 コンパスは東3度振れ。

 ・12時の南南西方向の空。 雲底に深発の地震を示すデコボコがありました。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

刺激雲
帯雲

・2018.8.19 23:50更新
 【注意】朝、北から伸びてくる強い震源起因の刺激雲が見られました。夕方は北東ー南西の雲が少し焼けました。
 コンパスは東3度振れ。
 本日、フィジーM8.2が発生。今回震源位置は特定できませんでしたが、8月17日に書いた「かなり強い地震の一発前兆雲と推測できます。下の画像などからムカデ形状も見られ、かなりの確率で海外等距離のある震源と判断します」が直前前兆と考えます。
 ムカデ状雲の出現後は高い確率でフィジーの地震が後続します。
 また、このところ鈎型巻雲が連続し、遠方の震源を示していました。

 1・10時の北北東方向の空。北から伸びてくる強い震源起因の刺激雲。フィジーM8.2の前兆か、これから発生する地震の前兆か、タイミングが微妙です。
 2・18時10分の西南西の空。北東ー南西の帯雲群が強いプレートストレスを示していました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲
帯雲
スペース
21時赤外画像

・2018.8.18 24:20更新
【注意】今日は、朝から北北東ー南南西の巻雲、帯雲が出ており、雲の延長方向どちらかに震源があるものと見ていました。
 夕方は西方面のこの雲が赤焼け。
 コンパスは東3度振れ。

 1・9時30分の南南西方向の空。北北東ー南南西の巻雲が出ており、形状はベール状で、カムチャッカ、マリアナ等、遠方と推定。要注意。
 2・12時の西北西の空。伊豆半島上空に北北東ー南南西の帯雲。形状に乱れ有り。

 3・21時赤外画像(気象庁提供)。カムチャッカから南南東に直線の境界前兆雲。
関東上空にM5級、雲の円形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

帯雲
帯雲
スペース
11時赤外画像

・2018.8.17 23:40更新
【注意】当地、午前中は東北東ー西南西の帯雲がじっと動かず滞空していました。強いプレートストレスを示す雲。
 夕方は西の地平線が少々焼けました。コンパスは東2度振れ。
 今朝、硫黄島近海M6.6が発生。前兆は7月18日「小笠原諸島か南西諸島のはるか南沖に強めの震源」8月9日「小笠原などの強めの前兆」10日「小笠原諸島などの強めの前兆」等を書いていました。

 1・11時の東北東の空。細かい筋が入り、かなり強い地震の一発前兆雲と推測できます。
 下の画像などからムカデ形状も見られ、かなりの確率で海外等距離のある震源と判断します。
 2・12時の南方向の空。東北東ー西南西の帯雲が滞空。ムカデ形状が見られ、海外等遠方の強い地震の前兆です。

 3・11時赤外画像(気象庁提供)。カムチャッカ〜樺太南部〜北海道東部に円弧状境界前兆雲。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
鱗雲など

・2018.8.16 23:20更新
 【注意】当地、昼頃から鈎型巻雲が目立ちました。夕方には雷雲もふくめて騒然とした空になりました。
 コンパスは東3度振れ。
 SNSだと、神奈川で低い位置の、曲率の緩い虹が見られたようです。ちょっと注意かなと思っています。

 1・12時10分の南南東方向の空。東西整列の鈎型巻雲。
 2・16時50分の西方向の空。高層に雷雲の先端、北東ー南西の鱗雲、南北の吊し雲など。騒然とした剣呑な空でした。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
巻雲

・2018.8.15 23:20更新
 【注意】当地、朝から東の空に南北基調、北の空に東西基調のムカデ状雲・遠方系鈎型巻雲が出続けました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・7時の東方向の空。南北基調の鈎型巻雲。遠方系の強い前兆。
 2・12時40分の北方向の空。東西基調の遠方系鈎型巻雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
スペース
19時全球画像

・2018.8.14 23:30更新
 【注意】当地、ほぼ終日、遠方系の前兆である鈎型巻雲が出ていました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・9時の南西方向の空。遠方の強い震源を示す鈎型巻雲。

 2・19時全球画像(気象庁提供)。樺太南部を東西に通過する円弧状境界前兆雲。
 エッジの下にM5+の震源有り。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

雷雲

・2018.8.13 23:00更新
 当地、朝から雲が多い一日。夕方は強雷、降雨となりました。
 コンパスは東3度振れ。

 ・15時の北方向の空。東西に展開する雷雲の形状がかなり異様に見えました。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

19時可視画像

・2018.8.12 23:00更新
 【注意】本日の衛星画像ですが、昨日前兆の出ていた西日本に雷雲の発達が見られました。
 少々、気になる状態。
 コンパスは東3度振れ。

 ・19時可視画像。西日本を中心に雷雲の発達が見られます。特に静岡・愛知県境付近を中心とする雷雲は巨大。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.09μSv/hでした。

9時可視画像

・2018.8.11 22:10更新
 【注意】本日の衛星画像ですが、9時可視画像で西日本を中心に雲の亀裂がありました。
 本日千島で5.9Mが発生、このところ続いていた千島方面の前兆の結果。その後、福島沖M5.2が発生しており、これは7月14日の衛星画像、最近の北東方向の雲の結果。
 放射線量計のスイッチを入れたところ0.37μSv/hを計測して警報が鳴動しました。

 ・9時可視画像。西日本を中心に東西の雲の亀裂形状。豊後水道から九州内陸に震源がありそうです。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.13〜0.15μSv/hでやや高めでした。

9時可視画像
18時全球画像

・2018.8.10 23:00更新
 【注意】当地、朝は西の空に南北方向の吊し雲が出ていました。小笠原諸島などの強めの前兆。
 コンパスは東3度振れ。

 1・9時可視画像。近畿・山陽・四国上空にべったり雲。強い前兆ではありませんが、複数の震源がありそう。
 2・ 18時全球画像。ハワイあたりを中心にM6級の雲の円形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.12μSv/hでした。

台風の雲
スペース
19時赤外画像

・2018.8.9 23:00更新
 【注意】当地、午後から晴れました。雲は夕方に台風起因と思われる東西の雲がありました。小笠原などの強めの前兆です。
 コンパスは東3度振れ。

 1・18時の西南西方向の空。東西基調の雲が整列。

 2・19時赤外画像(気象庁提供)。北海道東沖の雲の亀裂が前兆に見えました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

赤焼け
スペース
12時可視画像

・2018.8.8 23:00更新
 【注意】当地、朝から雨で観察不能。夕方は空一面がマゼンタに焼けました。
 コンパスは東3度振れ。
 本日、三陸沖M5.3が発生。前兆は7月20日、21日に書いた震源です。

 1・18時50分の南方向の空。台風接近時に強い震源があるときの一面焼けがありましたが、強烈なものではありませんでした。

 2・12時可視画像。若狭湾あたりの雲が弱い前兆を示しています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.12μSv/hで少し高めでした。

帯雲

・2018.8.7 23:10更新
 【注意】当地、台風起因の雲ですが、北東ー南西の雄大な帯雲が低層に出ていました。
 まだ、やや距離のある強い震源があるものと思います。

 ・14時30分の西方向の空。台風の影響とひょっとして強い震源の影響を受けた北東ー南西の帯雲。雄大なもので剣呑です。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

19時可視画像

・2018.8.6 23:10更新
 【注意】当地、低層の雲がかぶり観察不能。現在、稲光がしています。
 昨日、インドネシアのスンバワで6.9Mが発生。被害が大きく心が痛みます。前兆は、7月29日の6.4Mと併せて、6月29日の全球画像でのインド洋のM6+円形状。震源はこの円形状の周縁部に当たります。
 また、7月初めからの鈎型巻雲など遠方系の前兆の結果と考えます。直近では薄明光線、赤焼けが続きましたが、これにら対して6.9Mはやや小さく、強い地震の後続を引き続き警戒しています。

 ・19時可視画像。九州南部上空の雲の集まり方が、どうも前兆に見えます。注意して見ていきます。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

巻雲
吊し雲

・2018.8.5 23:40更新
 【注意】当地、今日も暑い一日。夕方になり、北東ー南西の雲が出ていました。霞は濃い状況。
 コンパスは東3度振れ。

 1・17時20分の南東の頭上。方向性が乱れた巻雲が出ており、遠方の震源を示していました。
 2・ 18時10分の西方向の空。北東ー南西の吊し雲、鱗雲。
 その上層に 巻雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

直前雲
スペース
14時可視画像

・2018.8.4 23:30更新
 【注意】当地、夕方にゲル状の形状を持つ直前雲が出ていました。
 コンパスは東3度振れ継続中。

 1・18時10分の西方向の空。細かい鱗とゲル状の直前雲が出ていました。

 2・14時可視画像。台湾の東沖に、円形と直線亀裂の雲の前兆形状。
 極端に強い前兆ではありません。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.12μSv/hで少し高めでした。

赤紫焼け
赤焼け
スペース
18時可視画像

・2018.8.3 23:40更新
【注意】当地、霞が濃い状況。午後になり北から雷雲が被ってきました(現在は雷雨)。日没時は空が紫から赤のグラデーションとなる嫌な焼け方をしました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・19時の南方向の空。台風接近時に強い震源があるときの嫌な焼け方をしました。
 12号に続いての13号接近は、気圧抜け→高気圧の繰り返しとなるので、地震発生のトリガーたり得ます。
 2・同時刻の北西方向の空。北から伸びてきた雷雲が赤焼け。

 3・18時可視画像。千島〜北海道東部上空の雲の形状がやや強めの震源を示しています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

刺激雲
赤焼け
スペース
5時全球画像

・2018.8.2 23:20更新
【注意】当地、夕方になって低層の雲が出始め、西の空には南北の吊し雲も見えました。日没時はうっすら焼け。
 コンパスは東2度振れ。

 1・13時40分の西方向の空。画像右側に飛行機雲が成長したと思われる北東ー南西の雲、画像左側に東から伸びてくる強い震源に因る刺激雲。
 近い震源とは思いませんが、いささか剣呑な空の状況。列島の北か南に強い震源がありそうで、警戒しています。
 2・17時20分の 西方向の空。軽い赤焼けの中、低層の雲に南北の吊し雲成分が見られました。
 東西のうっすらした雲も画面中央に出ています。

 3・5時全球画像。中国の上空に大きな雲の円形の吹き飛ばし。要注意の形状です。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

7時可視画像

・2018.8.1 23:10更新
 【注意】当地、晴天で積乱雲が発達していましたが、前兆らしい雲はみられませんでした。
 コンパスは東2度振れ。

・7時可視画像。北海道南部の雲が半円を描いており、M5程度の前兆らしく見えました。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

帯雲
スペース
9時可視画像

・2018.7.31 23:30更新
 【注意】当地、夕方に北東ー南西の帯雲、西の遠方に南北の雲がありました。
 コンパスは東3度振れ継続中。
 放射線量計を起動したところ、0.34μSv/hを表示してアラームが鳴りました。
 夕方、福島沖M5.4が発生。前兆は27日に書いた北東ー南西の雲でした。

 1・18時10分の西北西方向の空。か細い北東ー南西の帯雲。
 この後、西方向がうっすらと焼けました。薄明光線あり。

 2・9時可視画像。千島から北海道に引き続き雲の前兆形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

積雲?
彩雲?

・2018.7.30 22:30更新
 【注意】当地、暑い一日。夕方になり、南北の雲が出ていました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・17時20分の頭上。ほぼ南北のイモムシのような雲が横たわっていました。一部に石垣状の雲を伴う、やや強い前兆と思われるもの。
 2・ 18時の西方向の空。乱れた雲の一部が薄く彩雲になっているようでした。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

鈎型巻雲
薄明光線
スペース
17時赤外画像

・2018.7.29 22:30更新
【注意】当地、夕方に方向性の乱れた巻雲が東西基調で滞空。夕方は鮮明な薄明光線が見られました。
 コンパスは東4度振れ。
 本日、インドネシアの海域で6.0Mと6.4Mが発生しています。

 1・16時30分の南南西方向の空。方向性の乱れた鈎型巻雲。
 引き続き遠方の前兆。
 2・同時刻の西方向の空。鮮明な薄明光線。高い湿度の故か。

 3・17時赤外画像。豊後水道〜日向灘〜四国の遙か南沖に雲の亀裂形状。
 嫌ですが、海域にM6震源があるのかもしれません。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

15時可視画像

・2018.7.28 23:50更新
 【注意】当地、晴れ間もありましたが、はっきりした雲はみられず。
 コンパスは東2度振れ。

・15時可視画像。直接的な前兆ではないと思いますが、南海地震震源域に台風の直線的な雲がかかっていました。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

帯雲
帯雲
赤焼け
スペース
10時可視画像

・2018.7.27 23:10更新
【注意】当地、朝から北東ー南西の形状の乱れた帯雲が出続けました。やや距離のある強い震源が方向上か直角方向にある状況。
 夕方は全方位が赤焼け。
 コンパスは東2度振れ。

 1・9時20分の西の頭上。北東ー南西の形状の乱れた帯雲ですが、台風接近時とはいえ、細かい鱗、畝、編み目形状が入り、強い震源を示しています。
 要注意。
 2・19時の西方向の空。国府津ー松田断層上の南北の雲が赤焼け。
 こちらは強いプレートストレスを示す雲です。
 3・17時の南方向の空。南に収束するような雲が赤焼け。全方位赤焼けでした。北東ー南西の雲はまだ出ています。
 台風接近時に大きな震源があるときの空一面が均一に焼ける状況にはなりませんでした。

 4・ 10時可視画像。北海道中部を貫通する雲の亀裂形状が出ています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

19時可視画像

・2018.7.26 22:30更新
 【注意】当地、はっきりしないものの低層の雲の雲底が座布団状に見えました。
 コンパスは東2度振れ。

 ・19時可視画像。台風起因の雲ですが、伊勢湾〜小笠原の北沖に円弧状の帯雲。両震源架橋の雲の可能性有り。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

9時赤外画像
17時可視画像

・2018.7.25 22:30更新
 【注意】当地、低層の雨雲や、積乱雲に覆われた一日。雨は降りましたが、涼しくなりません。
 コンパスは東2度振れ。
  本日、南西諸島中部5.5Mが発生。昨日の択捉島沖と併せて14日の波状雲の結果と考えます。

 1・9時赤外画像。高気圧、低気圧の影響とは思いますが、列島東沖に大きな雲の吹き飛ばし。
 注意したいと思います。
 2・17時可視画像。北海道南東沖に雲の直線的な亀裂形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

刺激雲
帯雲

・2018.7.24 23:20更新
 【注意】当地、午前中ははっきりしない石垣状の雲。午後は方向性の乱れた巻雲が出ていました。いずれも遠方系の前兆。
 コンパスは東2度振れ。
  本日、択捉南東沖M5.0が発生。このところの千島の前兆の結果らしく思います。

 1・17時20分の東北東の空。強い震源の影響により拡張して出ている刺激雲。
 そこそこに強い距離のある震源が存在します。
 2・18時30分の東北東方向の空。東西、南北にねじ曲がった帯雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.09μSv/hでした。

巻雲
スペース
11時全球画像

・2018.7.23 23:10更新
 【注意】当地、朝から昼過ぎまで方向性の乱れた巻雲が出続け。霞はなく富士山が見えました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・9時20分の東北東方向の空。南北基調の雲ですが、方向性が大きく乱れています。
 かなり異様な空の状況。

 2・11時全球画像。カムチャッカ〜北海道・東北沖に強い雲の亀裂形状。
 このあたり、前兆が続いておりM6+の震源がありそう。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

吊るし雲
スペース
15時可視画像

・2018.7.22 23:10更新
 【注意】当地、午後はまたも北西方向から雷雲の発達が見られました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・18時30分の西の空。高層に雷雲、低層に南北方向の短い吊し雲が出ていました。
 やや強めの夕焼けが有り、震源の存在を示していました。

 2・15時可視画像。千島〜北海道〜三陸にナミナミ雲、亀裂など雲の前兆形状が見られました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
巻雲
スペース
10時可視画像

・2018.7.21 24:10更新
【注意】当地、夕方に方向性の乱れた雲が見られました。夕方は西方向が少し焼けました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・16時の東方向の空。方向性の乱れた巻雲。引き続き遠方の前兆。
 2・18時10分の西方向の空。こちらも方向性の乱れたけんうん

 3・10時可視画像。三陸沿岸から内陸・に雲の円形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

雷雲?
スペース
18時可視画像

・2018.7.20 23:00更新
 【注意】当地、引き続き霞の濃い状態。夕方には北西の丹沢方向から伸びて来る雷雲がありました。
 雲の一部に鈎型形状有り。
 コンパスは東2度振れ。
 昨日、アラスカで6.0M、本日、パプアで6.0Mが発生しています。

 1・18時30分の西の空。北西方向から伸びてくる雷雲。一部鈎型形状有り。
 この後、少々焼けました。

 2・18時可視画像。三陸沿岸から雲の吹き出し。その西側の内陸に雲の亀裂形状。どちらかにM5程度の震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

巻雲

・2018.7.19 22:30更新
 【注意】当地、午後から多方向の鈎型巻雲が見られました。引き続き強い震源の存在があります。
 コンパスは東3度振れ。

 ・17時30分の東北東方向の空。ほぼ東西の鈎型巻雲。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

石垣状雲
スペース
12時赤外画像

・2018.7.18 23:20更新
 【注意】当地、朝から霞の濃い状態。夕方には遠方の強い地震を示す座布団状の石垣雲が出ました。西方向がオレンジ焼け。
 コンパスは東2度振れ。

 1・17時40分の西の頭上。遠方の強い地震を示す座布団状の石垣雲。やや整列性に欠け、極端に強いものではなさそうです。

 2・12時赤外画像。昨日に続いての雲の形状ですが、小笠原諸島か南西諸島のはるか南沖に強めの震源。
 また、伊豆諸島の東沖、豊後水道あたりにも震源がありそう。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

巻雲
帯雲
スペース
3時全球画像
18時全球画像

・2018.7.17 23:10更新
【注意】当地、朝から方向性が乱れ、鈎型形状を持つ雲が夕方まで出続けました。
 夕方は医者に血圧の薬をもらいに行ったので夕焼け状況確認できず。
 コンパスは東3度振れ。

 1・8時の西方向の空。北東ー南西と南東ー北西の雲がクロスする状況の空。
 雲は鈎型形状を伴っています。
 2・17時20分の東南東方向の空。北東ー南西の形状の乱れた帯雲と、その下に東南東指向の巻雲。いずれも鈎型形状を持ち、当地から距離のある強い震源があるものと見ていました。

 3・3時全球画像。昨日と基本的には変わりませんが、列島東沖を中心とする雲のオメガ(ω)形状というかこち亀・両さんのまゆ毛形状。
 南西諸島南沖か、中国南東部などに強い震源があるのかもしれません。
 4・ 18時全球画像。南西諸島の遙か南、台湾のはるか東に雲の吹き飛ばし形状。やはり強い震源があるように見えます。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

ムカデ状雲
スペース
3時赤外画像

・2018.7.15 23:30更新
 【注意】当地、夕方は南の空に東南東ー西北西の方向性の乱れたムカデ形状の雲がオレンジ焼けし、遠方の強い震源と見ていました。
 また、北西方向から雷雲が伸びて来ていました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・19時の東の頭上。東南東ー西北西の方向性の乱れたムカデ形状(と言って良いと思います)の雲。
 ムカデ形状であるが故に、南洋など遠方の前兆です。
 13日にバヌアツで6.4Mが発生していますが、まだ強い地震がありそうです。

 2・3時赤外画像。ロシア沿海州上空にM6級の円弧状の境界前兆雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

波状雲
スペース
9時可視画像

・2018.7.14 24:50更新
 【注意】当地、朝は北西ー南東の細かい鱗を持つ波状雲が見られました。海域のやや強い前兆。
 コンパスは東2度振れ。

 1・9時20分の南南東方向の空。北西ー南東の細かい鱗を持つ波状雲。海域のM5以上の前兆。
 方位的には、房総南東沖ー 山陰沖か、北海道・三陸・福島・茨城沿岸ー南西諸島南沖。 

 2・9時可視画像。三陸沖に大きな東西の雲の亀裂形状。
 山陰沖に前兆らしい形状の乱れた雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.12μSv/hでした。

刺激雲
帯雲
スペース
15時全球画像

・2018.7.13 23:50更新
【注意】当地、朝は北北東から伸びて来る刺激雲、北東ー南西の帯雲などが見られ、強い震源の存在を示していました。
 ざっくり言うと、海外M7、北海道東沖〜福島・茨城沖M6程度の震源が存在するように見えました。
 本日は新月。要警戒。
 コンパスは東3度振れ。

 1・8時の北北東方向の空。北から伸びて来る刺激雲。鈎型形状があり遠方の強い震源を示しているものと思います。
 その上空に北東ー南西の筋雲。こちらは強いプレートストレスを示す雲。
 2・ほぼ同時刻の北東方向の空。ベールのような筋雲。透明感があり強いストレスがかかっている状態。太陽の回りにアークが出ています。

 3・15時全球画像(高知大サーバ復活!!)。東シナ海を中心に中国にかかる雲の半円形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

吊し雲
スペース
6時赤外画像

・2018.7.12 23:10更新
 【警戒】当地、朝から昼過ぎまでは、低層の雨雲で雲底に表情がありませんでしたが、夕方には晴れて、方向性、整列性の乱れた雲が見られました。
 コンパスは東4度振れに拡大。

 1・18時の西方向の空。遠方に南北の短い吊し雲。手前に方向性、整列性の乱れた、捻りの入った雲。
 やはり遠方の強い震源が存在するものと考えます。

 2・6時赤外画像(気象庁提供)。南西諸島の南沖にM6級の雲の半円形状。要注意。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

帯雲
帯雲
帯雲

・2018.7.11 23:10更新
 【注意】当地、朝から北東ー南西の帯雲、巻雲が見られました。
 昼にかけて低層の雲が増え、鱗形状などもありましたが、形状は乱れたものでした。
 コンパスは東3度振れ継続中。
 高知大さんのサーバは落ちています。

 1・8時の西北西方向の空。北東ー南西のベール状の帯雲。過去例では、マリアナ等の南方向の距離のある震源です。
 2・8時の北東方向の空。北東に収束しているようにも見えました。
 3・8時10分の北西の空。昨日の雲とはやや方位が違い、北東ー南西。ひょっとすると茨城沖などに強めの震源があるのかもしれません。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
刺激雲
畝雲

・2018.7.10 23:20更新
 【注意】当地、朝から北の空に北指向のZ字型に折れ曲がった鈎型巻雲があり、この傾向は終日続きました。
 富士山には山頂までまとわりつく雲が有り、強い震源の存在を示していました。剣呑な状況。
 コンパスは東3度振れ。

 1・8時10分の南西方向の空。ほぼ南北の鈎型形状を持つ雲。画像でははっきりしませんが、この雲の向こう側に同方向の透明感のある帯雲が有り、強い震源を示していました。
 2・10時10分の頭上。北から伸びて来る、強い震源に因る刺激雲。空の広い範囲に出ており、やはり強い震源と考えます。
 3・ 17時40分の北西の空。ほぼ南北の雲に、形状の乱れた畝の形状が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

直前雲
巻雲
スペース
21時赤外画像

・2018.7.9 23:50更新
【注意】広島を中心に水害がひどいですね。心が痛みます。
  早く救済の手が行き届きますように。取りあえず募金します。
 当地、夕方にゲル状の直前雲、西の空に南北の雲が見えました。引き続き空は剣呑な状況。
 コンパスは東3度振れ。

 1・16時20分の西の頭上。東北東ー西南西の密度の薄いゲル状直前雲。それほど強いものではないと考えます。
 2・同時刻の西の空。高層に遠方の震源を示す方向性の乱れた巻雲。遠方に形状の乱れたほぼ南北の帯雲。一種、騒然とした空と雲。

 3・21時赤外画像(気象庁提供)。小笠原諸島の海域に台風起因の境界前兆雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

巻雲
巻雲
帯雲

・2018.7.8 23:50更新
 【注意】当地、朝から遠方系の前兆雲が出ており、夕方は東北東ー西南西のプレートストレスを示す帯雲に変わりました。
 ひき続き、強めの震源が存在する剣呑な状況。
 コンパスは東3度振れ。

 1・8時20分の南南西方向の空。相模湾上のほぼ東西の雲から、北北西のベール状の雲が伸びており、小笠原・マリアナ等の距離のある震源を示していました。
 2・10時20分の東南東方向の空。ほぼ南北の雲にムカデ形状が有り、やはり遠方系の前兆。
 3・19時の南南東方向の空。東北東ー西南西のプレートストレスを示す帯雲が赤焼け。
 発生までのタイムラグは短いのではないかと推測。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

吊し雲
スペース
17時赤外画像

・2018.7.7 23:10更新
 豪雨の被害と、地震の揺れに遭われた方に、お見舞い申し上げます。
 昨日のカムチャッカ沖6.1Mの前兆は6月23日「北海道の東沖にM6級の雲の円形状」、本日の房総半島南東沖M6.0は、6月12日「房総沖を中心に雲の円形の吹き飛ばしが出ています。当該海域はスロースリップが発生しているとのことで、注意を要します」同19日「東西の波状雲、鱗雲が有り、房総半島沖、直角方向小笠原諸島などのM5以上の海域震源」などを書いていました。
 本日は、夕方は低層に東西方向の吊し雲、南南東ー北北西の筋雲などが出ており、昨日に続き剣呑な空でした。
  コンパスは東3度振れ。

 1・18時10分の南方向の空。遠方の相模湾上にほぼ東西の吊し雲。手前の右側に南南東ー北北西の筋雲。筋雲は昨日に続いての出現でした。

 2・17時赤外画像(気象庁提供)。北海道北西沖を中心に円弧状境界前兆雲があり、エッジの下にM5+の震源がありそうです。また、朝鮮半島南端を中心に雲の半円形の吹き飛ばしがありました。こちらもM5+の震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

21時赤外画像

・2018.7.6 23:30更新
 【注意】当地、終日の降雨で観察出来ず。
 コンパスは東に振れ傾向。

 ・21時赤外画像。小笠原諸島の遙か東沖に雲の円形状が出ています。M5+と思われるもの。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

筋雲など

・2018.7.5 23:20更新
 【注意】当地、夕方には雨が上がり、北東ー南西整列の筋雲、同方向の吊し雲などが低層に出ており、気持ちの良い形状ではないなぁと見ていました。
 コンパスは東に振れ傾向。

 ・18時20分の西方向の空。北東ー南西整列の筋雲、同方向の吊し雲が出ており、前兆を示して不穏な状況。
 西の空では、低層の雲が南北に空を二分割していました。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

10時全球画像
15時赤外画像

・2018.7.4 23:30更新
 【注意】当地、雲が多い一日で、夕方は南に東西の吊し雲らしき雲が出ておりました。
 引き続き強めの震源が潜伏している状態と考えます。
 コンパスは東2度振れ。

 1・10時全球画像。小笠原諸島からマリアナ諸島にかけて震源があるらしい雲の吹き飛ばし形状が出ています。
 前兆とすればM6以上と思われます。
 2・15時赤外画像。千島上空に小ぶりな境界前兆雲が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.12μSv/hでした。

帯雲
刺激雲
スペース
8時可視画像

・2018.7.3 23:00更新
 【警戒】当地、終日、南北基調の方向性の乱れた雲が見られました。遠方の強い震源の前兆です。
 霞はなく、富士山がきれいでした。
 コンパスは東2度振れ。

 1・18時の西方向の空。中層に、南北と南東ー北西の雲、低層に南北の短い帯雲と吊し雲。
 騒然たる剣呑な空でした。発生待ちの震源はかなり強い可能性があります。
 2・同時刻の東方向の空。南北基調ですが、方向性が乱れ、鈎型形状も有り、遠方の強い震源を示していました。

 3・8時可視画像。三陸沿岸を中心に雲の吹き飛ばし。M4〜5そこそこの震源か。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

前兆雲
帯雲

・2018.7.2 23:20更新
 【注意】当地、朝は西の空に、かたまりから引き延ばされたような雲があり、強い前兆ではないかと見ていました。
 コンパスは東2度振れ。
 高知大さんの衛星画像のサーバはまだ落ちています。
 本日、 オホーツク海南部M5.6、青森東沖M5.0が発生。
 前者の前兆は、6月20日、29日に、後者の前兆は、6月26日、17日に書いていました。

 1・8時10分の西の空。南東ー北西整列の波状雲から、南へ引っ張られたような形状の雲。
 往々にして、このような形状の雲が出るときは、強い震源が存在します。
 2・17時50分の南方向の空。東西の短い帯雲、鈎型巻雲。
 また、南東ー北西の雲も見られます。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.09μSv/hでした。

・2018.7.1 23:20更新
 当地、終日はっきりした雲は見られず。但し、かすみはやや濃いい状態。引き続き強めの震源が存在する状態と考えています。
 コンパスは東1度振れ。放射線量は低め、発生前状態か?
  高知大さんの衛星画像はまだ見られず。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.07μSv/hでした。

帯雲
吊し雲

・2018.6.30 25:00更新
 【注意】当地、朝から遠方の震源を示す鈎型巻雲が出続けました。
 コンパスは東2度振れ。
 高知大さんの衛星画像のサーバが落ちています。

 1・11時30分の東の空。ほぼ南北の帯雲ですが、この後、まつげ形状、鈎型形状が出始め、遠方の強い震源が存在するものと推測します。
 2・18時30分の西方向の空。ぽつんと浮かぶ円形の吊し雲と、ほぼ南北の巻雲や吊し雲。
 これも遠方の強い震源を示す雲と考えます。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

吊し雲
スペース
16時全球画像

・2018.6.29 24:00更新
 当地、朝から超低空の薄雲が南南西から風にのって飛んでくる状態。雲は昼頃から西の空に南北の吊し雲が出ていました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・18時50分の西方向の空。遠方の強い震源があるらしく、捻りの入った吊し雲が南北基調で出ていました。
 過去例だと北海道方面の後続の例が見られます。

 2・16時可視画像。インド洋南部を中心に雲の半円形状が出ています。
 前兆とすればM6+の震源です。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
スペース
18時可視画像

・2018.6.28 22:30更新
 当地、朝は雨、午後は晴れた空に南西指向の鈎型巻雲が出ていました。遠方系の震源。
 コンパスは東1度振れ。

 1・15時20分の南方向の空。南西指向の鈎型巻雲が出ており、当地から遠方の震源を示していました。

 2・18時可視画像。関東から東海に境界前兆雲らしい雲の形状が出ています。
 茨城・銚子沖か、東海沖にM4程度の震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

吊し雲
スペース
18時可視画像

・2018.6.27 23:30更新
 当地、朝は北北東ー南南西の吊し雲が見られました。
 コンパスは東1度振れ。

 1・7時30分の南方向の空。当地からやや距離のある強い震源を示す、カーブした吊し雲群。
 過去例だと小笠原諸島などの後続が多く見られます。

 2・18時可視画像。茨城・銚子沖に雲の吹き飛ばし形状とナミナミ雲。M4〜5程度の震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

13時可視画像

・2018.6.26 23:50更新
 【注意】当地、午前中は方向性の乱れた雲、鈎型巻雲が有り、遠方系の前兆を示していました。月はややオレンジ色。
 コンパスは東1度振れ。

 ・13時可視画像。千島〜北海道南東沖の雲がこの海域の震源に因る前兆を示しています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

11時赤外画像

・2018.6.25 23:50更新
 当地、はっきりした雲は見られないものの、霞が濃い一日。月はやや赤みがあります。
 コンパスは東1度振れ。

 ・11時赤外画像。千島上空に雲の亀裂形状が出ています。やや明瞭な形状。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

ムカデ状雲
帯雲

・2018.6.24 23:20更新
 【注意】当地、午後には雲が晴れ、遠方系の前兆雲、直前雲などが見られました。
 コンパスはゼロ戻り。

 1・16時30分の南の空。北東ー南西のムカデ状雲。遠方の強い震源を示す雲。
 南洋遠方だと完全なムカデ形状になりますが、そこまでの形状ではないので、列島周辺などの震源かもしれません。
 2・18時の南南東方向の空。東北東ー西南西の雲に短いまつげ形状が見られます。
 手前頭上にゲル状の直前雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

9時赤外画像
16時全球画像

・2018.6.23 23:10更新
 【注意】当地、終日の雨雲で観察不能。涼しい一日。
 コンパスはゼロ戻り。発生が迫っている震源が有り、要注意。

 1・9時赤外画像。瀬戸内海東部を中心に雲の吹き飛ばし。低気圧の雲ですが、前兆形状に見えます。
 2・16時全球画像。北海道の東沖にM6級の雲の円形状が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲
帯雲

・2018.6.22 24:00更新
 【注意】本日、朝から東北東ー西南西の巻雲が出ていましたが、夕方には同方向の巻雲と断層状の帯雲があり、19日と同様に遠近それぞれの震源を示していました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・18時50分の西南西方向の空。方向性の乱れた巻雲が東北東ー西南西に出ており、遠方の強い震源がある状態。
 2・同時刻の南東方向の空。断層状の帯雲が横たわっており、三陸から茨城沖の震源を示していました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

赤焼け
赤焼け帯雲
スペース
15時全球画像

・2018.6.21 22:50更新
 【警戒】当地、夕方から低層の北東ー南西の雲が目立ち始めました。帯雲というよりレース状の雲。
 夕方は西方向が焼け、雲も赤焼け。
 コンパスは東2度振れ。

 1・19時の南南東方向の空。形状的にはまつげ状の雲が赤焼け。遠方系の強い前兆。
 2・17時40分の西方向の空。北東ー南西の雲が赤焼け。

 3・15時全球画像。マリアナ諸島の西沖に強い震源があるのではないかという雲の吹き飛ばし形状が、画像の中央に出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

12時赤外画像

・2018.6.20 22:40更新
 当地、終日の雨で観察できず。体感少々有り。
 コンパスは東3度振れ。

 ・12時赤外画像。樺太南部〜北海道西部〜山形内陸に境界前兆雲。雲のエッジの下にやや強い震源が存在するものと思います。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

歯状雲
鱗雲など

鱗雲

スペース
6時全球画像
11時赤外画像

・2018.6.19 23:40更新  
 【注意】当地、朝はほぼ東西方向の波状雲、鱗雲が有り、以後、夕方まで鱗雲は出続けました。
 また、積雲が当地を取り囲む状況が見られ、神奈川西部、山梨東部のM4+の震源がありそうです。
 遠近両方の強い震源があるものと考えます。
 コンパスは東2度振れ。

 1・7時5分の南方向の空。東西の波状雲、鱗雲が有り、房総半島沖、直角方向小笠原諸島などのM5以上の海域震源。
 2・17時10分の西方向の空。上層に北東ー南西の帯雲(刺激雲)。
 その下に、 方向性の乱れた鱗雲。
 海外等遠方と、国内のそれぞれの震源を示す雲。
 3・17時40分の西方向の空。頭上から西側に東西の鱗雲。これも形状、整列性は乱れています。
 強めの前兆です。

 4・10時全球画像。画像左、中国の西に周囲から雲が指向する形状が見られます。
 5・ 11時赤外画像。房総半島南東沖〜相模湾〜若狭湾沖に境界前兆雲。
 雲のエッジの下にM5前後の震源。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

16時全球画像

・2018.6.18 23:00更新
 当地、低層の雨雲で観察できず。
 コンパスは東3度振れ。
 本日、大阪北部M6.1が発生。被害が大きく、お亡くなりになった方もおいでになるとのことで、心が痛みます。
 前兆は、5月12日「西日本を中心に雲の吹き飛ばし形状。東海から南西諸島のどこかに強い震源」25日「西方向の強い震源による刺激雲。過去例では京都など近畿方面の可能性大です。要注意」6月16日「大阪など近畿地方にM4+程度の震源がありそう」などを書いていました。16日の書き込みは、過去の前兆と規模をリンクできませんでした。

 ・16時全球画像。ニュージーランドの東沖に雲の亀裂形状が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

石垣状雲
スペース
16時可視画像

・2018.6.17 23:30更新
 当地、昼前から快晴となり、夕方は遠方の震源を示す石垣状の雲が出ていました。カラスは朝から騒がしくしていました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・16時20分の南西の空。海外等遠方の強い震源を示す石垣状の雲が出ていました。

 2・16時可視画像。三陸沖の雲に南東ー北西の直線形状が有り、M5程度の震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.09μSv/hでした。

8時可視画像

・2018.6.16 24:30更新
 当地、低層の雨雲で観察できず。
 コンパスは東3度振れ。

 ・8時可視画像。大阪など近畿地方にM4+程度の震源がありそうな雲の形状が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

1時全球画像

・2018.6.15 22:40更新
 当地、低層の雲が多い一日で観察できず。
 コンパスは東3度振れ。

 ・1時全球画像。中国内陸に雲の円形状が出ています。要注意。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

低層の雲
スペース
9時可視画像

・2018.6.14 23:00更新
 当地、朝は低層の雲の雲底にデコボコがあり深発の地震を示していました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・8時10分の南西の空。南東ー北西の畝の方向性が見られました。
 北東ー南西整列かもしれません。

 2・9時可視画像。小笠原諸島の西沖を基点に西方向に雲の亀裂形状があります。M5程度の震源と推定。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.09μSv/hでした。

12時可視画像

・2018.6.13 22:40更新
 当地、低層の雲が多い一日でした。
 コンパスは東3度振れ。

 ・12時可視画像。房総南東沖から三陸沖に境界前兆雲雲。南側に筋雲。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

9時全球画像

・2018.6.12 22:30更新
 当地、午後から雲が出ましたが、はっきりした雲は見られず。
 コンパスは東3度振れ。
 本日、大隅半島東方沖M5.5が発生。前兆は5月26日に出ていました。

 ・9時全球画像。房総沖を中心に雲の円形の吹き飛ばしが出ています。当該海域はスロースリップが発生しているとのことで、注意を要します。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

9時可視画像

・2018.6.11 22:30更新
 当地、朝から終日雨で、涼しい一日で楽でした。
 コンパスは東3度振れ。

 ・9時可視画像。北海道南部のべったり雲が更に密度が高くなっています。北海道南東沖に震源?

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

8時可視画像

・2018.6.10 24:10更新
 当地、朝から曇り、以後雨で、涼しい一日でした。
 コンパスは東2度振れ。

 ・8時可視画像。北海道〜東日本の沿岸部にべったり雲。2ヶ月程度先の震源があるのかもしれません。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

7時全球画像

・2018.6.9 24:10更新
 当地、暑い一日。北の空にほぼ東西の帯雲が出ていました。
 コンパスは東2度振れ。

 ・7時全球画像。ニュージーランドのはるか北東沖に円弧状境界前兆雲が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲
スペース
13時赤外画像

・2018.6.8 23:30更新
 当地、朝は北の空に東北東ー西南西の帯雲、頭上に同方向整列の巻雲がありました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・8時10分の東北東の頭上。方向性の乱れた巻雲で、遠方の強い震源を示しています。

 2・13時赤外画像。北海道南部を通過する雲の亀裂があり、M5前後の震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲
スペース
7時可視画像
11時可視画像

・2018.6.7 23:20更新
 当地、朝は北の空に東北東ー西南西の空を二分割する雲あり。その後は、方向性は同じであるものの乱れた巻雲となり、遠方の震源を示していました。
 夕方は西方向が焼け。
 コンパスは東3度振れ。

 1・18時20分の西方向の空。遠方の強い震源を示す、方向性の乱れた巻雲。

 2・7時可視画像。東北地方上空から西に延びるすだれ状の雲が、前兆に見えます。
 日本海側に震源有り?
 3・11時可視画像。茨城沖〜伊勢湾にかけて直線の境界前兆雲。
 雲のエッジの下でM5+の発生がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

20時全球画像

・2018.6.6 23:20更新
 当地、雨の一日で観察不能。涼しくて助かりました。
 コンパスは東2度振れ。

 ・20時全球画像。北海道東沖〜朝鮮半島上空をとおり中国南西部へ雲の亀裂形状が出ています。やや大きい震源がありそうです。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.10μSv/hでした。

帯雲
吊し雲

・2018.6.5 23:00更新
 本日、昨夕から引き続き西の空に南北の雲が出ていました。夕方は低層の雲が増えましたが、それでも南北の方向性がありました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・8時10分の西の空。昨夕から続いて南北の雲。北陸方面か銭州海嶺方面に震源か。
 2・17時の西方向の空。低層に南北の雲。さらに下層に南北の吊し雲らしい雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

まつげ状の雲
帯雲
スペース
17時可視画像

・2018.6.4 23:10更新
 当地、朝は遠方系のまつげ状雲、鈎型巻雲があり、霞は濃いめでした。
 夕方は西方向が焼けていました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・7時の南方向の空。形状的にはまつげ状、鈎型形状で遠方系と思われる雲が出ていました。
 2・17時40分の西方向の空。富士山方向に南北の雲。南側で途切れていました。
 霞がやや濃い状態。

 3・17時可視画像。北海道〜三陸沖にかけて、雲のエッジが直線形状で前兆を示しているように見えました。
 梅雨前線の影響があると思いますが、前兆のべったり雲と思います。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲
スペース
7時全球画像

・2018.6.3 23:30更新
 当地、夕方に東西の帯雲と南西指向の巻雲が見られました。遠方系かなと見ていました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・18時10分の南西の頭上。形状的には遠方系と思われる雲が南西を指向していました。

 2・7時全球画像。画像の右側、ニューギニアの北東にM6級雲の円形の吹き飛ばし。
 画像の左上、ハルマヘラ あたりにも雲の半円形状らしいものが出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

2時全球画像
9時可視画像

・2018.6.2 23:00更新
 【注意】当地、北の空に積雲があり、夕方は西方向が焼けました。
 コンパスは東4度振れ。
 本日、択捉南東沖M5.5が発生。前兆は5月16日「千島上空に雲の吹き出し」、29日「南北シーソー地震」を書いていました。

 1・2時全球画像。スマトラの南のインド洋にほぼ南北の雲の亀裂。
  2・9時可視画像。北海道南東沖に震源がありそうな雲の亀裂が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

放射状雲?
刺激雲

・2018.6.1 24:00更新
 【注意】当地、南方向からの放射状雲、または強い震源に因る刺激雲が朝から出続けました。
 コンパスは東4度振れ。

 1・7時の南方向の空。南から伸びてくる放射状雲、または刺激雲ですが、後者の可能性の方が高く見えました。
  2・12時の西方向の空。この時間でも南からの雲は出ており、形状は刺激雲。

 衛星画像では、北海道南東沖に震源がありそうな雲の形状がありましたが、はっきりしませんでした。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。