今日のレポート(3/25)

1.ここに前兆が繰り返し出ている地域の方は身近な宏観にご注意下さい。中越、中越沖、サハリンなど前兆→それらしい結果の繰り返し後に本震が発生しています。2.「千鳥」は、スマトラ・パプアなど超遠方の前兆を示します。3.【注意】【警戒】などはその日の前兆現象の強さを示すもので、すぐに発生すると言う意味ではありません。

スペース

飛行機雲多数
吊し雲
スペース
11時全球画像

・2019.3.25 23:10更新
【注意】当地、朝は東西の飛行機雲が多数出ていました。午後から雲に覆われ、南北の筋が認められました。
 以後は雲が増え、夕方は南北の吊し雲が強いストレスを示していました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・8時の西方向の頭上。東西の飛行機雲が方向性の乱れた巻雲が出ていました。高層のエアロゾルが濃い状態。
 2・17時40分の西方向の空。富士山上空に南北の吊し雲。
 いまだ強いプレートストレスがかかっている状態。

 3・11時全球画像。画像左側の中国内陸にM6以上の雲の円形状。震源は中央よりも周縁部にあること多し。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

7時赤外画像

・2019.3.24 23:20更新
 【注意】当地、はっきりした雲は見られませんでした。かすみはややあり。
 コンパスは東2度振れ。針の南側が盤面に張り付いています。
 
 ・7時赤外画像。北海道〜三陸〜関東東沖に雲の亀裂形状。はっきりしたカタチではありません。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

8時可視画像
16時赤外画像

・2018.3.23 24:20更新
【注意】当地、低層の雲で観察不能。コンパスは東3度振れ。

 1・8時可視画像。三陸沿岸〜沖と、三重・愛知あたりにM5程度の震源がありそうな雲の形状が出ています。
 2・16時赤外画像。樺太〜千島北部にかかる円弧状境界前兆雲。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲・鱗雲
巻雲
スペース
10時可視画像

・2019.3.22 24:30更新
【注意】当地、朝は東西整列の鱗雲、吊し雲。西から伸びてくるような巻雲がありました。
 以後は雲が増え、夕方は雲底デコボコの直前状態。
 コンパスは東3度振れ。

 1・7時の南方向の空。低層に東西方向の帯雲、鱗雲。その上に方向性の乱れた巻雲。
 やや距離のある強い震源か。
 2・9時30分の西方向の空。東西基調の鳥の羽のような巻雲。
 やはり遠方の震源の可能性大。

 3・10時可視画像。福島内陸から北東に雲の吹き出し。やや強い震源かもしれません。
 太平洋岸には、海外など遠方の震源を示す雲。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

吊し雲
スペース
14時可視画像

・2019.3.21 23:30更新
【注意】当地、低層の雲に覆われた強風の一日でしたが、夕方に吊し雲らしい東西の雲が出ていました。
 コンパスは東3度振れ。
 

 1・17時50分の南西の空。東西の吊し雲ですが、形状が乱れています。

 2・14時可視画像。関東から九州の南沖までナミナミ雲が分布。小笠原諸島方面、九州南沖・奄美諸島に震源が存在します。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.04〜0.08μSv/hでした。

スペース
17時可視画像

・2019.3.20 22:40更新
【注意】当地、夕方になり、北西から伸びて来る、一部鈎型、波状を伴う巻雲が出現。主たる震源は遠方かと見ていました。
 夕方は西がオレンジ焼け。明日は満月。
 コンパスは東3度振れ。

 1・17時30分の西北西の空。北西から伸びて来る一部鈎型、波状を伴う巻雲。オレンジ焼けと共にやや強い前兆に見えました。

 2・17時可視画像。帯状の雲がロシアのウラジオと上越--房総半島南東を架橋しているように見え、ウラジオにやや強い震源があるのかもしれません。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

ムカデ状雲
巻雲
吊し雲
赤焼け
スペース
10時可視画像

・2019.3.19 23:30更新
【注意】当地、朝から南東ー北西整列の畝状雲が整列。強めの震源を示していました。
 午後は方向性の乱れた巻雲と飛行機雲が遠方の震源か火山活動を示していました。日没時は西方向が赤焼け。富士山の薄明光線あり。
 コンパスは東3度振れ。体感強め。

 1・8時10分の西北西方向の空。上で畝状雲と書きましたが、南側を見るとムカデ状雲の仲間としてもいいかもしれません。かなり強めの前兆。
 衛星画像では北海道、上越、小笠原に前兆が出ており、国内であればM5+程度、海外遠方であれば、規模が大きくなります。
 2・15時20分の東の頭上。方向性の入り乱れた巻雲。遠方の地震か火山活動の前兆と思います。
 3・17時50分の北の空。吊し雲が東西に直列し、強いプレートストレスを示しています。
 4・ 18時の西方向の空。雲の切れた地平線近くが赤焼け。

 5・10時可視画像。フォッサマグナ帯を中心にナミナミ雲など前兆形状。
 上越沿岸か、小笠原諸島方面にやや強めの震源か。画像では切れていますが、北海道上空にもナミナミ雲など前兆形状がありました。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

巻雲
飛行機雲
オレンジ焼け
スペース
1時全球画像
16時全球画像

・2019.3.18 23:40更新
【注意】当地、朝から方向性の乱れた巻雲が出ると共に、飛行機雲が消え残り、遠方系の震源を示していました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・14時10分の西方向の空。南東ー北西基調の方向性の乱れた巻雲。
 一部の鈎型形状から遠方系と判断。飛行機雲も消え残る状態。
 2・同時刻の頭上。長いトレイルを牽いて西行する航空機。
 昔のジャンボ機のような4発エンジン機の方が飛行機雲に迫力がありました。
 3・ 17時30分の西方向の空。オレンジ焼けの中、遠方に南東ー北西基調の帯雲。その手前に南西からの強い震源に因る刺激雲。

 4・1時全球画像。中国の河北省、山西省あたりに雲の円形状。
 画像左寄りの目みたいに見えるところです。
 5・16時全球画像。フィジー、サモアあたりに南北の雲の亀裂形状が走っています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

16時可視画像

・2019.3.17 23:20更新
 【注意】当地、はっきりした雲は見られませんでした。
 コンパスは東3度振れ。
 
 ・16時可視画像。東シナ海に小ぶりな境界前兆雲。ただこの海域の前兆はあまり地震が後続しません。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲
スペース
5時全球画像

・2019.3.16 24:00更新
【注意】当地、うっすらと雲の多い一日。夕方にかけて雲量が増えました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・16時50分の西南西方向の空。西から伸びてくる放射状雲?

 2・5時全球画像。インドネシアの南部に東西の雲の亀裂形状。極端に強いものではありません。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲
スペース
22時赤外画像

・2019.3.15 23:20更新
【注意】当地、快晴でしたが。夕方には雲が拡がりました。その間の16時前にはうっすらと巻雲が出ていました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・16時の東北東方向の空。北北東ー南南西の方向性の乱れた巻雲が、距離のある震源を示していました。

 2・22時赤外画像(気象庁提供)。伊豆諸島南部から小笠原諸島に雲の亀裂形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲
ムカデ状雲、波状雲
スペース
9時可視画像

・2019.3.14 23:30更新
【注意】今日は快晴で霞もなく、富士山が綺麗でした。
 コンパスは東3度振れ。微振動あり。

 1・16時50分の東北東方向の空。ほぼ東西のシャープな形状の帯雲が出ていました。
 今日はムカデ形状の雲も入れ替わり立ち替わり出ており、海外など遠方の強い地震と、列島周辺の南北シーソー地震の合わさった前兆かなと見ていました。
 2・同時刻の西の頭上。こちらはムカデ形状が遠方の強い震源を示しています。北東ー南西の波状雲があり、整列方向か直角方向の国内海域の震源を示していそうです。

 3・9時可視画像(気象庁提供)。北海道南部にかかる境界前兆雲。南北シーソー地震の北の震源かも。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

積雲
富士山雪煙

・2018.3.13 22:50更新
【注意】当地、快晴で強風の一日。夕方は西方向がオレンジ焼けしました。
 コンパスは東4度振れ。
 本日、紀伊水道でM5.2が発生。前兆は、2月6日「四国」が未発のまま、3月3日「東海・東南海地震域に雲の吹き飛ばし」を書いていました。

 1・17時の東の空。南北に横たわる底の平らな積雲。地震前兆と言われる雲です。
 2・同時刻の富士山。強風に雪煙が舞っていました。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.12μSv/hで少し高めでした。

赤焼け

・2019.3.12 23:10更新
 【注意】当地、夕方まではっきりした雲は見られませんでした。夕方は西を中心にオレンジ焼け(花粉の影響大?)
 コンパスは東3度振れ。
 
 ・17時20分の西方向の空。オレンジ焼けが見られましたが、花粉のせいかもしれません。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

赤焼け

・2019.3.11 23:50更新
 【注意】当地、夕方まではっきりした雲は見られませんでした。
 8年前、3.11でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈り致します。
 本日、嫌みのように福島沖M5.9が発生。2月22日「茨城・福島沖に雲のエッジの下に震源がある、弱い円弧状境界前兆雲」、3月1日「福島沖から長野にかけて境界前兆雲。このライン、前兆が続いています」などを書いていました。

 ・17時30分の西方向の空。オレンジ焼けと共に、北北東ー南南西の形状の乱れた雲が、距離のある震源を示していました。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

9時可視画像

・2019.3.10 24:30更新
 【注意】当地、曇りの一日で観察不能。カラス、ヒヨドリは少々騒がしくしていました。
 コンパスは東3度振れ。
 フィジーで6.2Mが発生。先日のケルマデク諸島M6.4と前兆がかぶっていました。

 ・9時可視画像(気象庁提供)。北海道・東北北部から北東に雲の亀裂形状。津軽海峡あたりか沖にM5+の震源か。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

・2019.3.9 24:30更新
 【注意】当地、快晴の一日。雲は夕方にオレンジ焼けするなか、東西の巻雲が少し出ていました。
 コンパスは東3度振れ。

 ・14時可視画像(気象庁提供)。北海道中部上空に南北の雲の亀裂。強い前兆ではありません。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

花粉光環

・2019.3.8 23:50更新
 【注意】当地、快晴の一日で雲はほとんど見られず。夕方は西方向が焼けましたが、花粉光環もあることから花粉のせいかも。

 ・17時20分の西方向の空。やや強いオレンジ焼けですが、花粉のせいかもしれません。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

11時可視画像

・2019.3.7 23:30更新
 【注意】当地、低層の雨雲で観察不能。コンパスは東3度振れ。
 本日、ケルマデク諸島でM6.4が発生。1月31日、2月1日に書いた前兆の結果。また、小笠原で5.0M、M4.7が発生しています。

 ・11時可視画像(気象庁提供)。このところ前兆が出ている愛知上空に雲の吹き飛ばし。これだけ見ると大きなものではありません。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

吊し雲
スペース
12時可視画像
20時全球画像

・2019.3.6 23:10更新
【注意】当地、夕方にかけて北北東ー南南西の規模雄大な吊し雲が滞空。小笠原方面の前兆かなと見ていました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・17時30分の西方向の空。北北東ー南南西の規模雄大な吊し雲。
 過去例だと、小笠原方面の後続が多く見られます。

 2・12時可視画像。小笠原諸島あたりに雲の吹き飛ばし。また、台湾東岸に波状雲の前兆有り。
 3・20時全球画像。オーストラリア大陸の上空に雲の吹き飛ばし形状。
 前兆の可能性は低いと思います。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.11μSv/hでした。

巻雲
スペース
17時全球画像

・2019.3.5 22:50更新
【注意】当地、はっきりした雲は見られませんでしたが、夕方には巻雲と低層の雲が南東ー北西に出ていました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・17時の西方向の空。低層の雲とその上の巻雲が南東ー北西に出ていました。まだ、やや強めの震源が潜んでいそうです。

 2・17時全球画像。中国の奥地に強めの震源がありそうです。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.12μSv/hでした。

低層の雲
スペース
8時可視画像

・2019.3.4 23:30更新
【注意】当地、低層の雨雲でしたが、夕方、北北東ー南南西の方向性が見られました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・17時30分の東北東方向の空。北北東ー南南西の方向性の畝が見られました。

 2・8時可視画像。四国・九州沖に境界前兆雲。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.09μSv/hでした。

9時赤外画像
18時赤外画像

・2018.3.3 22:50更新
【注意】当地、雨で観察不能。コンパスは東2度振れ。
 本日、小笠原南部の硫黄島近海でM5.4が発生。前兆は、2月14日、21日、27日などに書いていました。

 1・9時赤外画像。前兆では無い可能性もありますが、東海・東南海地震域に雲の吹き飛ばし。可視画像でははっきりしていません。
 2・18時赤外画像。日本海の大和碓あたりを中心に雲の吹き飛ばしと指向形状。こちらも前兆では無い可能性有り、

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

17時可視画像

・2019.3.2 23:30更新
 【注意】当地、はっきりした雲は見られず。コンパスは東3度振れ。
 本日昼過ぎに根室半島南東沖M6.2が発生。前兆は、2月19日「北海道南東沖から東海沖に境界前兆雲。雲のエッジの下にM5以上」、28日「北海道南東部にきれいな円弧状境界前兆雲がかかっています。エッジの下に震源。M5級?」などを書いていました。

・17時可視画像。北海道上空と周辺にナミナミ雲。釧路あたりにまだM5程度の震源?

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

吊し雲
スペース
9時可視画像

・2019.3.1 23:30更新
【注意】当地、低層の雨雲でしたが、夕方西の空に吊し雲が出ていました。コンパスは東4度振れ。
 本日、ペルー中部でM7.1が発生。2月22日、25日に書いた遠方の結果と思います。

1・16時30分の西方向の空。南北方向の吊し雲が空の一角にありました。
2・9時可視画像。福島沖から長野にかけて境界前兆雲。このライン、前兆が続いています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.09μSv/hでした。

17時赤外画像
20時赤外画像

・2018.2.28 22:50更新
【注意】当地、朝から低層の雨雲で観察不能。夕方は全方位の低空がうっすらとマゼンタ焼けしました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・17時赤外画像。北海道南東部にきれいな円弧状境界前兆雲がかかっています。エッジの下に震源。M5級?
 2・20時赤外画像。房総半島を中心に雲の半円形の吹き飛ばし。半円形の周縁部か中心にM5+の震源がありそうです。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.09μSv/hでした。

帯雲
スペース
8時可視画像

・2019.2.27 23:30更新
【注意】当地、朝は南の頭上に東北東ー西南西のギア形状を持つ帯雲がやや強い前兆を示していました。
 カラス複数羽の鉄塔天辺有り。コンパスは東4度振れ。

 1・7時の北東方向の空。東北東ー西南西のギア形状を持つ帯雲で、遠方には断層状雲。
 距離感がよく分かりませんが、M6近い震源の前兆と推定。

 2・8時可視画像。上の直視の雲と思われる雲が写っています。形状から伊豆半島沖か、小笠原諸島の震源ではないかと疑っています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.09μSv/hでした。

18時赤外画像

・2019.2.26 22:40更新
 当地、本日ははっきりした雲は見られず。夕方は全方位がうっすら焼けました。コンパスは東2度振れ。
 択捉南東沖M5.4が発生。2月6日に書いた「千島ー北海道東沖ー三陸沖にM5級円弧状境界前兆雲」の結果と考えます。

・18時赤外画像。北海道上空の雲に亀裂形状。強いものではありません。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲
波状雲
刺激雲
赤焼け
スペース
17時赤外画像

・2019.2.25 23:10更新
【注意】当地、朝から飛行機雲が消え残る金曜日と同じような状態に。低層の霞はほとんど無し(低層のエアロゾルは濃くない)。
 遠方の強い震源と、神奈川のM3から4がありそうな空でした。
 コンパスは東3度振れ。

 1・10時20分の西の頭上。飛行機雲が成長した雲が拡がる空で、高層のエアロゾルが濃い(震源は遠方)状態。
 2・13時30分の北西の頭上。形状の乱れた波状雲が東西に整列。整列方向か直角方向にM5クラスの震源。やや遠い震源らしい。
 3・17時の西方向の空。南西から伸びてくる強い震源に因る刺激雲。方向性の乱れた雲もあり、遠方の強い震源と思われる前兆。
 4・17時40分の西方向の空。形状の乱れた南北の雲が赤焼け。
 この雲の形状も乱れており、遠方の震源。

 5・17時赤外画像。三陸沿岸から北東に雲の吹き出し。

 衛星ではその他、愛知西部を指向する雲や、大分上空に弱い雲の円形状がありました。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

飛行機雲

・2019.2.24 22:40更新
 【注意】当地、霞がやや濃く、朝から飛行機雲が消え残る状態でした。
 コンパスは東2度振れ。

 ・11時50分の南方向の空。遠方に東西の帯雲があり、飛行機雲も消え残って成長する状態。
 また、その下層に鈎型巻雲、まつげ状雲なども見られ、距離のある強めの震源がありそうです。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.08μSv/hでした。

15時可視画像

・2019.2.23 23:20更新
 【注意】当地、霞はやや濃いものの、はっきりした雲は見られず。
 コンパスは東3度振れ。

 ・15時可視画像。九州の南沖に直線的な雲の亀裂形状が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.08μSv/hでした。

飛行機雲
刺激雲
吊し雲
スペース
17時可視画像

・2019.2.22 24:10更新
【注意】当地、朝から飛行機雲が消え残り、まつげ形状が生成する海外遠方の震源を示すと共に、プレートストレスがかかっていることを示していました。
 夕方は北方向がオレンジ焼け。カラスの鉄塔天辺、複数羽あり。
 コンパスは東3度振れ。
 19時17分、南米西部M7.7の地震が発生。前兆は、8日「ウナギ雲群のアップ。過去例では南米西岸M7級の後続事例有り」および、13日、16日、18日に海外等遠方の前兆を書いていました。

 1・8時の北方向の空。複数の飛行機雲が見事に消え残り、成長。まつげ形状の枝も生成。
 海外遠方の強い震源を示していました。
 2・10時の西方向の空。西から伸びてくる強い震源による刺激雲。見ると「嫌だな」と思う雲です。
 雲は、この後、北から伸びて来る南北の刺激雲に変化。複数の震源があるらしいことを示していました。
 3・16時40分の西方向の空。全天雲に覆われた中、国府津ー松田断層上に南北の吊し雲。
 これも強いプレートストレスを示す雲。

 4・17時可視画像。海外など遠方の前兆と、雲直下の前兆が同時に出ている珍しい事例。
 茨城・福島沖に雲のエッジの下に震源がある、弱い円弧状境界前兆雲があり、茨城・福島県境沖から長野を通り、紀伊半島・四国へ海外等遠方の震源を示す雲が円弧状にかかっています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

直前雲
スペース
10時可視画像

・2019.2.21 23:20更新
【注意】先ほど、胆振地方中東部でM5.7、震度6弱の地震が発生。揺れに遭われた方々にお見舞い申し上げます。
 前兆は、1月10日「北海道・東北内陸」、2月12日「北海道南東沖から三陸沖にかけて雲の亀裂形状」、14日「M5以上の南北シーソー地震前によく見られる」、19日「北北東ー南南西の低層の帯雲」、昨日「直前1発雲」などを書いていました。
 当地、朝は低層の雲に雲底デコボコの直前状態あり。午後は北北東ー南南西の帯状の畝がありました。
 コンパスは東3度振れ。
 引き続き、南西諸島・台湾、小笠原、関東東沖などは注意が必要と考えます。

 1・8時の西方向の空。雨か地震の直前状態を示すデコボコの雲底。雨は降らず。

 2・10時可視画像。関東・東海に雲の吹き飛ばし。東関東沖、南関東沿岸、長野・美濃などのどこかに震源が潜んでいそうです。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

波状雲
鱗雲
スペース
9時可視画像

・2019.2.20 23:40更新
【注意】当地、朝は東指向の波状雲、鱗雲が強めの震源を示していました。午後は、海外等遠方の強い震源を示す座布団状の鱗雲。
 コンパスは東3度振れ。放射線量低く爆縮か。

 1・8時の東方向の空。東から伸びてくる波状雲、羊雲。形状に乱れが有り、当地からはやや距離のある震源と思われる。M5から6そこそこ程度と推定。
 近ければ茨城・千葉沖などの沿岸から海域。
 このあと、ゲル状に変化し、72時間程度の直前状態。
 2・15時の西方向の空。座布団状の鱗雲が東西に滞空。やはりやや強い前兆。1の画像の雲と併せて1発前兆の可能性大。要注意。

 3・9時可視画像(気象庁提供)。東関東から沖に雲の吹き飛ばし、ナミナミ雲の前兆が出ています。また、九州南沖にも雲の前兆形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.04〜0.07μSv/hでした。

帯雲
スペース
20時赤外画像

・2019.2.19 23:20更新
【注意】当地、低層の雲に覆われた一日で、夕方から雨になりました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・17時の西方向の空。北北東ー南南西の低層の帯雲。低層の雲ゆえ、それほど強い前兆ではないと思いますが、はっきりしています。
 延長方向か直角方向に震源あり。

 2・20時赤外画像(気象庁提供)。北海道南東沖から東海沖に境界前兆雲。雲のエッジの下にM5以上の震源。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

鈎型巻雲
赤焼け

・2018.2.18 23:20更新
【注意】当地、午前中から飛行機雲が消え残り、遠方の強い震源を示していました。夕方は西を中心にオレンジ焼けで3日連続。
 コンパスは東2度振れ。
 昨夜、パプアのニューアイルランドでM6.4が発生しています。

 1・10時の西方向の空。南東ー北西の飛行機雲が成長して鈎型巻雲に変形しました。
 海外等遠方の前兆。
 2・17時10分の西方向の空。飛行機雲が消え残る中、きついオレンジ焼け。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。爆縮?

16時可視画像

・2019.2.17 23:20更新
 【注意】当地、はっきりした雲は見られず。夕方は西方向を中心にオレンジ焼けしました。
 コンパスは東2度振れ。
 昨日、宮古島北西沖でM5.3が発生。15日の台湾近海の雲の前兆形状に近い震源です。

 ・16時可視画像(気象庁提供)。画像右側、小笠原諸島および伊豆諸島南部にそれぞれ雲の吹き飛ばしと亀裂形状が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

波状雲
ムカデ状雲

・2018.2.16 24:20更新
【注意】当地、朝から高層雲が覆い状況で、昼前後には波状雲、鱗雲も見られました。夕方は西方向を中心にオレンジ焼け。
 コンパスは東3度振れ。体感有り。

 1・12時10分の東南東方向の空。東西整列の波状雲と帯雲。
 震源は海域で当地からは少々距離がありそう。震源方位は整列の東西か直角方向の南北。やや強い前兆。
 2・13時30分の西南西の空。ほぼ東西の雲にムカデ形状。遠方の震源の存在を示す雲。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。爆縮?

9時可視画像
13時可視画像

・2018.2.15 23:10更新
【注意】当地、低層の雲で(一時降雪)観察不能でした。
 コンパスは東3度振れ。体感ややあり。

 1・9時可視画像。東海沖の低気圧の影響も大きいと思いますが、東海沖から九州西沖の西日本上空の雲に広く前兆形状。
 一番強い形状が出ている東海沖を始め、瀬戸内海、九州南西沖などに震源があるように見えます。
 2・13時可視画像(気象庁提供)。台湾北東の沿岸部に雲の前兆形状が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.09μSv/hでした。爆縮?

帯雲
帯雲
赤焼け
帯雲

・2019.2.14 23:20更新
【注意】当地、朝から東西方向の波状を伴うシャープな帯雲が出ており、一時は遠方の強い震源を示す座布団状の石垣雲が2日連続でありました。
 夕方は全方位がうすく赤焼け。
 コンパスは東3度振れ。

 1・7時の東方向の空。低層の東北東ー西南西の黒い帯雲の上空に、波状を伴う東西のシャープな帯雲。
 強めの震源があることを示しています。
 2・16時の東北東方向の空。朝からの波状の模様をもつシャープな東西方向の帯雲。
 強いプレートストレスを示す雲で、M5以上の南北シーソー地震前によく見られるもの。
 但し、波状があり、銚子沖、小笠原、山陰沿岸の震源も伴っていそうです。
 3・17時20分の西方向の空。低層の南北の上空に北西収束の放射雲。これは極端に強いものではありません。
 4・同時刻の北東方向の空。シャープな東西方向の帯雲が赤焼け。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

刺激雲
赤焼け
スペース
10時可視画像

・2019.2.13 23:20更新
【注意】当地、昼過ぎに遠方の強い震源を示す座布団状の石垣雲。夕方には刺激雲らしい南北の雲があり、西を中心に赤焼けしました。
 コンパスは東2度振れ。
 irisでM5.9のマリアナ諸島の地震は、本日気象庁からM6.6と発表がありました。8日の一発前兆の結果とも思いますが、もう数日様子を見たいと思います。

 1・13時40分の東北東の空。遠方の強い震源に因ると思われる南北の雲。要警戒。
 2・17時20分の西方向の空。強めのオレンジ焼け。
 雲は形状が乱れており、遠方の前兆。

 3・10時可視画像。いつもの列島南岸にかかるプレートストレスを示す雲とも思えますが、茨城沖あたりと九州中部の震源を示す雲の亀裂にも見えます。やや強めか。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

深発系前兆
スペース
3時赤外画像
15時可視画像

・2019.2.12 23:10更新
【注意】当地、朝は晴れていたものの、徐々に低層の雲に覆われました。
 コンパスは東3度振れ。体感有り。
 本日、マリアナ諸島でM5.9が発生。また、伊豆大島近海の小規模が連発し、東半球全体の地震活動活発化を告げています。

 1・14時50分の北東方向の空。雲底に深発地震をあらわすデコボコが出ています。

 2・3時赤外画像。北海道南東沖から三陸沖にかけて雲の亀裂形状。亀裂の下にやや強い震源がありそうです。
 3・15時可視画像。茨城沖から房総半島周辺にかけてM4から5程度の震源があるものと思われる雲の吹き飛ばし、亀裂、円弧状の形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.06〜0.08μSv/hでした。引き続き爆縮?

畝
赤焼け

・2018.2.11 23:10更新
【注意】当地、低層の雲に覆われた一日でしたが、午前中は雲底に長大な畝がありました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・10時50分の東方向の空。北方向に収束、または東西整列の雲底の畝。
 畝の方向的には、北・中越、南・小笠原、東・房総沖、西・山陰沿岸。
 2・17時の西方向の空。雲は西の遠方に南北の崩れ断層状雲。手前に北東ー南西の密度の薄い吊し雲。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.05〜0.08μSv/hでした。爆縮?

帯雲

・2019.2.10 23:50更新
 【注意】当地、低層の東北東ー西南西の帯雲、飛行機雲の消え残りなどが目立ちました。
 コンパスは東2度振れ。

 ・12時の東南東方向の空。低層の東北東ー西南西の帯雲。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

17時赤外画像

・2019.2.9 23:10更新
 【注意】当地、終日低層の雲で観察不能。夕方はクルマに雪がうっすら積もりました。
 コンパスは東2度振れ。

 ・17時赤外画像。小笠和諸島から北北東に雲の亀裂形状。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鱗雲
吊し雲
一発前兆雲
吊し雲

・2019.2.8 23:40更新
【注意】当地、朝の東南東ー西北西の櫛の歯状の雲から始まり、南からの刺激雲などが遠方の強い震源を示していましたが、夕方にかけて北収束のウナギ雲(うねった吊し雲)群が複数出て、これも海外遠方の震源を示していました。
 同時に一発前兆と思われる東指向の雲も。
 朝はAMカーラジオの受信状況も悪く、要注意状態。
 コンパスは東3度振れ。

 1・16時20分の西方向の空。東南東ー西北西の雲を基調とし、東西の鱗雲、波状雲。
 方向性の乱れから遠方の強い前兆。
 2・同時刻の北西の空。ウナギ雲群のアップ。過去例では南米西岸M7級の後続事例有り。但しそのときは、今日よりもはるかに大群。
 3・同時刻の東方向の空。東から噴出するような雲。形状に乱れが有り、震源は距離がある状況。
 強い地震の一発前兆と推定。
 4・17時の西方向の空。吊し雲が増え、北指向(北方向の国内遠方にも震源)、東南東ー西北西など。
 妖雲度4/5。要警戒。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

まつげ状雲
飛行機雲
吊し雲
スペース
6時30分可視画像

・2019.2.7 23:20更新
【警戒】当地、朝から霞があり、東西の飛行機雲も巻雲と共に多数残る、騒然たる状態。相模湾からは地鳴り。
 以後も飛行機雲は消え残り成長し、櫛の歯状の雲等に変化。また、鈎型巻雲、まつげ状の雲があり、主たる震源は遠方であることを示していました。
 夕方は西を中心に濁った黄色焼け。南北の吊し雲有り。コンパスは東3度振れ。
 5日からの新月トリガー下であり、要警戒。

 1・9時の北東方向の空。東西基調の帯雲、飛行機雲があり、帯雲からはまつげ状の雲、鈎型巻雲が南北に。
 遠方のかなり強い震源(丸まり雲もあり火山活動かも)がある状況。
 2・16時30分の西方向の空(日が長くなりました)。東西基調の帯雲、その他多くは飛行機雲の消え残りが滞空。
 南北の吊し雲も遠方にあり。
 3・同時刻の南北の吊し雲のアップ。模様が細かく、強い震源による前兆であることが分かります。
 強いプレートストレスを示すと共に、伊豆・小笠原諸島か新潟方面の地震前兆も示していそうです。

 4・8時30分の可視画像(気象庁提供)。画像の中央左寄り、南九州から沖に雲の集中形状。
 更にその沖には雲の亀裂。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

低層の雲
スペース
6時赤外画像
20時赤外画像

・2019.2.6 23:30更新
【注意】当地、低層の雨雲に覆われていましたが、15時過ぎには雨が止み、少し明るくなりました。
 夕方は西を中心に濁ったオレンジ焼け。
 コンパスは東3度振れ。

 1・15時40分の西北西の空。丹沢の手前低空に北東ー南西の雲海のような雲。新月トリガー下、前兆だと嫌だなと見ていました。
 その上には、同方向で、強い震源の刺激を受けたような雲。

 2・6時赤外画像(気象庁提供)。極端に強いものではありませんが、東海・東南海震源域に雲の亀裂形状。
 紀伊水道〜四国沖〜南九州沖に震源がありそうです。
 この雲の絡みで日本海上に境界前兆雲。先日来の状況から能登・若狭湾沖にも震源か。
 3・20時赤外画像(気象庁提供)。千島〜北海道東沖〜三陸沖にM5級円弧状境界前兆雲。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

低層の雲
二分割雲

・2018.2.5 23:00更新
【注意】当地、低層の雲に覆われた一日。雲底がデコボコで深発の地震を示していました。
 コンパスは東3度振れ。

 1・10時50分の西方向の空。低層の雲の雲底に、北東ー南西の流れが見られました。
 デコボコ形状は深発の地震を示していそうです。
 2・17時40分の西北西方向の空。北東ー南西に空を二分割する雲。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

赤焼け
スペース
21時赤外画像

・2019.2.4 23:40更新
【注意】当地、はっきりした雲は見られず。夕方は西を中心にオレンジ焼け。
 コンパスは東2度振れ。

 1・17時10分の西方向の空。西方向がオレンジ焼け。
 やや強い前兆です。

  2・21時赤外画像(気象庁提供)。千島の南から北西に雲の吹き出しが見られます。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲
波状雲
吊し雲

・2019.2.3 23:20更新
【注意】当地、昼前に東西方向の帯雲、波状雲などがあり、夕方は東南東ー西北西の吊し雲群が赤焼けしました。やや強い震源が存在しています。
 コンパスは東2度振れ。
 昨年末に繰り返し書いたスマトラで6.1Mが発生しています。

 1・13時の南方向の空。東西の帯雲群、または南北整列の波状雲。どちらにせよ震源は、東西か南北の海域。
 2・同時刻の頭上。東西整列の波状雲ですが、形状に乱れが有り、当地からは距離のある震源。
 3・17時40分の東南東ー西北西の吊し雲群。赤焼けのピーク後の撮影。
 強いプレートストレスを示す雲。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

10時可視画像

・2019.2.2 23:30更新
 【注意】当地、快晴ではっきりした雲は見られず。
 コンパスは東2度振れ。

・10時可視画像(気象庁提供)。朝鮮半島西沖の黄海に雲の直線的な亀裂形状が出ています。前兆とすれば強いもの。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

赤灼け
スペース
16時全休画像

・2019.2.1 23:40更新
【注意】当地、午後から低層の雲が出てきましたが、はっきりした雲ではありませんでした。
 コンパスは東2度振れ。

 1・17時の西方向の空。西方向がオレンジ焼け。富士山あたりには吊し雲?

  2・16時全球画像(気象庁提供)。昨日に続きフィジーあたりを中心に雲の円形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

23時全球画像

・2019.1.31 23:30更新
 【注意】当地、低層の雲に表情無く、観察出来ず。現在は降雨。
 コンパスは東2度振れ。

・23時全球画像(気象庁提供)。フィジーの周囲に雲のオメガ形状。この海域にやや強い震源あり。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鱗雲
赤焼け
スペース
14時全球画像

・2019.1.30 23:00更新
【注意】当地、朝は形状の乱れた座布団状の鱗雲、その上空に飛行機雲の消え残りがあり、夕方は西を中心に全方位がオレンジ焼けしました。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、与那国島近海(台湾東沖)M5.6が発生。28日「台湾の東沖に雲の亀裂形状」等、台湾の前兆を複数書いておりました。

 1・8時の東方向の空。整列性、形状の乱れた座布団状の鱗雲が南北基調に滞空。その上空に東西の飛行機雲。この後、櫛の歯状に成長して行きました。この層の前兆性エアロゾルが濃いようです。
 2・17時10分の西方向の空。やや濁ったオレンジ焼け。

 3・14時全球画像(気象庁提供)。カムチャッカ南沖に直線の雲の亀裂形状が出ています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

赤焼け
スペース
11時可視画像

・2019.1.29 23:20更新
【注意】当地、晴天ではっきりした雲は見られず。夕方は西を中心にきれいなオレンジ焼け。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、房総沖M5.3が発生。前兆は1月10日「整列方向だと、房総半島沖」、19日「この雲は、震源方位を示しているようにも見え、房総半島沖・・・」等を書いていました。

 1・17時の西方向の空。綺麗なオレンジ焼けは遠方の震源です。

  2・11時可視画像(気象庁提供)。台湾から西の中国にかけて雲の前兆形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

吊し雲
吊し雲
スペース
10時可視画像

・2019.1.28 23:00更新
【注意】当地、強いプレートストレスを示す吊し雲が複数出ていました。夕方は西を中心にうっすら焼け。
 コンパスは東3度振れ。体感少々あり。

 1・7時の南東方向の空。相模湾上にほぼ東西の吊し雲。
 頭上に低層の南東ー北西の雲。
 2・ 11時の南方向の空。南東ー北西の低層の帯雲、吊し雲。

 3・10時可視画像(気象庁提供)。台湾の東沖に雲の亀裂形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

10時可視画像

・2019.1.27 23:10更新
 【注意】当地、朝から快晴ではっきりした雲は見られず。
 コンパスは東2度振れ。

・10時可視画像(気象庁提供)。中国の上海、南京方面に25日に続き雲亀裂形状。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

刺激雲

・2019.1.26 23:00更新
 【注意】当地、朝から南北方向の巻雲、刺激雲などが見られました。夕方はうっすら焼け。コンパスは東3度振れ。
 本日、ソロモン諸島6.2Mが発生、このところの遠方系の前兆、3週間前の「ニューギニアの東にほぼ東西の雲の亀裂形状」(1月18日にビスマーク海6.1Mも発生)。また、岩手沖M5.7が発生しており、1月10日に三陸沖も可能性として書いていました。

・11時30分の南東方向の空。南から伸びてくる鈎型巻雲、刺激雲。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.10μSv/hでした。

直前雲
スペース
9時可視画像

・2019.1.25 24:30更新
【注意】当地、低層の雲が多い一日でしたが、昼過ぎには雲底デコボコの直前状態がありました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・13時30分の西北西方向の空。低層の雲の雲底がゲル状に垂れ下がり、48時間直前状態を示していました。
 深発などのやや強い震源と推定。

 2・9時可視画像(気象庁提供)。中国の上海・南京上空に雲の亀裂。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.12μSv/hでした。

帯雲
スペース
16時可視画像

・2019.1.24 23:10更新
【注意】朝、相模湾上に東南東ー西北西のデコボコした帯雲があり、中国などの遠方かなと見ていました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・8時10分の西南西方向の空。東南東ー西北西のデコボコした帯雲。やや強い遠方の震源。

 2・16時可視画像(気象庁提供)。台湾の周囲に雲の前兆形状。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

19時赤外画像

・2019.1.23 23:00更新
 【注意】当地、霞がうっすらとあり、はっきりした雲は見られず。夕方は西を中心にうっすら焼けました。
 コンパスは東2度振れ。

 ・19時赤外画像(気象庁提供)。北海道東沖に南北の雲の亀裂形状。やや強めか。また、小笠原付近を通過する境界前兆雲が、これも強めの震源を示しています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

畝

・2019.1.22 23:20更新
 【注意】当地、夕方にかけて低層の雲に覆われ、少々焼けました。雲底には南北の畝形状あり。
 コンパスは東2度振れ。
 今朝、インドネシアで6.0M、6.4Mが発生しています。

 ・16時40分の西方向の空。低層の雲に南北の畝。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

帯雲
赤富士
スペース
8時赤外画像

・2019.1.21 23:00更新
【注意】当地、はっきりした雲は見られず。夕方は西を中心に全方位がオレンジ焼け。
 コンパスは東2度振れ。

 1・16時10分の西方向の空。少し霞がある中、富士山頂から南に伸びる雲。
 伊豆・小笠原諸島の前兆。
 2・16時50分の西方向の空。富士山が赤焼け。少々距離のある震源がありそうて゜す。
 富士山頂付近には雪煙。

 3・8時赤外画像。小笠原の東西に大きめの雲の亀裂。
 台湾上空には東西の雲。どちらもM5以上の震源か。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

巻雲
スペース
8時可視画像

・2019.1.20 23:00更新
【注意】当地、朝から遠方系の強めの前兆雲。夕方は西中心にうっすらと焼けました。
 コンパスは東2度振れ。
 本日は満月。チリ中部6.7Mが発生しています。

 1・9時の南東方向の空。遠方に東西の帯雲、頭上に熊のジョン。帯雲からは北向きにまつげ上の巻雲。遠方系の強めの前兆。

 2・8時可視画像(気象庁提供)。インドシナ半島方面から収束してきた雲の亀裂形状が、関東南沖を指向しており、伊豆諸島あたりに強めの震源があるのかもしれません。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲
鈎型巻雲
赤焼け帯雲

・2019.1.19 23:10更新
【注意】当地、南の空に東南東ー西北西の帯雲、鈎型巻雲などが長時間滞空していました。夕方は西を中心にオレンジ焼け。
 コンパスは東1度振れ。

 1・14時の南南西方向の空。東南東ー西北西の形状の乱れた帯雲。やや強いプレートストレスを示す雲。
 2・15時30分の南西方向の空。東南東ー西北西整列の鈎型巻雲。遠方系の前兆。
 3・17時の南南西方向の空。東南東ー西北西の帯雲がオレンジ焼け。一部吊し雲があり、プレートストレスを示しています。
 この雲は、震源方位を示しているようにも見え、房総半島沖、山陰沿岸、小笠原諸島西沖などが考えられます。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

赤焼け
赤焼け

・2018.1.18 24:00更新
【注意】当地、はっきりした雲は見られず。夕方は全方位がオレンジ焼けしました。
 コンパスは東2度振れ。
 1月10日に書いた一発前兆雲ですが、1週間後の昨日、口永良部島で爆発的噴火、本日、千葉北部M5.3が発生。両者の複合した前兆であった可能性があります。
 また、ビスマーク海6.1Mが発生。1月5日に書いた「ニューギニアの東にほぼ東西の雲の亀裂形状」の結果。

 1・16時50分の西方向の空。夕焼けで富士山も焼けて赤富士に。雲ははっきりしない南北方向。
 2・同時刻の西南西方向の空。かなりきついオレンジ焼け。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

ムカデ状雲
鈎型巻雲
赤焼け
スペース
10時可視画像

・2019.1.17 23:20更新
【注意】当地、やや霞の濃い状態。遠方系の鈎型巻雲が目立ちました。夕方は西方向がきつめに焼け。
 コンパスは東3度振れ。
 阪神淡路大震災から24年。 発生前夜、密閉した部屋で寝ていたのに、一陣の風が布団の中を吹き抜けて行ったのは、未だに忘れられません。

 1・8時の北東方向の空。東南東ー西北西の雲ですが、形状に乱れが有り遠方系の前兆。
 2・10時40分の西方向の空。南西指向の鈎型巻雲。これも遠方系の前兆。
 3・16時40分の西方向。富士山がやや霞んだオレンジ焼け。
 この後、やや強めに焼けました。

 4・10時可視画像。北海道南東部から東沖に雲の吹き飛ばし。福島・茨城沖に大きめの雲の吹き飛ばし。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

17時赤外画像

・2019.1.16 23:00更新
 【注意】当地、低層の雲に覆われて観察不能。ただ雲底に南北の畝形状が若干見られました。
 コンパスは東2度振れ。
 今朝、バヌアツで6.6Mが発生。12月23日、24日に書いた衛星での前兆形状の結果と考えます。

 ・17時赤外画像。千島の南北に美しい境界前兆雲。やや強い震源か。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

放射状?

・2019.1.15 23:10更新
 【注意】当地、晴れたり、曇ったり、雨が降ったりと不安定な天候でした。
 コンパスは東3度振れ。

・12時10分の西南西方向の空。同方向に収束するような低層の雲。
 強い前兆ではないと思います。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

赤焼け

・2019.1.14 24:00更新
 【注意】当地、やや霞が濃いものの、はっきりした雲は見られず。夕方は西方向中心に少々焼けました。
 体感有り、コンパスは東3度振れ。
 昨日、福島沖M4.9、本日、茨城南部M4.9が発生しました。このところ書いていた福島、茨城沖の結果??

・17時10分の西方向の空(日がのびた)。濁った焼けが西中心に見られました。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

鱗雲

・2019.1.13 23:00更新
 【注意】当地、夕方に東南東ー西北西の雲が見られました。夕方は全方位が軽くオレンジ焼けしました。
 コンパスは東3度振れ。

 ・16時10分の西方向の空。東南東ー西北西の鱗で構成された雲。形状に乱れが有り、当地からは距離のある震源と思われます。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.09μSv/hでした。

12時可視画像
17時可視画像

・2018.1.12 24:10更新
【注意】当地、低層の雨雲で観察不能。コンパスは東4度振れ。

1・12時可視画像。極端に強いものではありませんが、東北地方の脊梁山地上空に雲の吹き出しなど前兆形状。千島・北海道にはナミナミ雲。
2・17時可視画像。九州の周囲に雲の吹き飛ばし。やはり強めの震源か火山活動がありそうです。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
刺激雲
帯雲
スペース
15時全球画像

・2019.1.11 24:00更新
【注意】当地、朝から南西指向の鈎型巻雲が遠方の強い震源を示していました。昼過ぎには東西基調のムカデ状雲が長時間滞空。太陽左に幻日。
 夕方は5日連続で全方位が焼けると共に太陽右に幻日。
 コンパスは東4度振れ。

 1・15時の南西の頭上。南西指向の鈎型巻雲が整列。
 当地から距離のある震源。
 2・16時30分の西方向の空。南西指向の鈎型巻雲、刺激雲がオレンジ焼け。
 飛行機雲はほとんど無く、やはり国内周辺の震源か。
 3・同時刻の北北東方向の空。東西基調の帯雲が強いプレートを示していました。

 4・15時全球画像。カムチャッカ半島の近くに雲の亀裂形状が出ています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.08μSv/hでした。

吊し雲・波状雲
吊し雲
畝雲
スペース
13時可視画像
15時赤外画像

・2019.1.10 23:30更新
【警戒】当地、朝から吊し雲、波状雲が出続け、8時40分頃の雲は強い地震の一発前兆雲と思しきものでした。夕方は4日連続で全方位が赤焼け。
 コンパスは東3度振れ。体感強め。

 1・8時40分の西方向の空。遠方の南北の帯雲からこちら側(東側)に吊し雲、波状雲が伸びて来ています。
 国内としても当地からはやや距離のある震源を示しています。
 2011年2月25日の雲に類似しており、強い震源の一発前兆と推定。2週間ほどは警戒を要します。
 2・11時20分の西方向の空。南北の雲はそのままに、南南東ー北北西の吊し雲が出現。霞も少し出てきています。強いプレートストレスを示す雲。
 衛星画像で見ると、フォッサマグナ帯の上空に同様の雲が広く出ています。
 通常ですと小笠原諸島の前兆ですが、今回、北海道から台湾の各所に雲の前兆形状が有り、どこに強い震源があるのか、はっきりしません。
 あえて書いておくと、千島、三陸沖、福島、茨城沖、上中越、南海地震震源域、南九州、台湾などです。
 3・16時10分の西方向の空。低層の雲が箱根から当地の東にかかり、雲底に東南東ー西北西の畝が波状に整列。
 この方向性は朝から繰り返し出ており、整列方向だと房総半島沖、山陰沿岸、直角方向だと銭州海嶺から小笠原西沖、北海道・東北内陸となります。

 4・13時可視画像。怪しいところだらけですが、小笠原、南海地震震源域、南九州などに前兆形状が見られます。
 5・15時赤外画像。東北地方上空に雲の亀裂形状が出ています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

帯雲
赤焼け
スペース
11時可視画像

・2019.1.9 23:20更新
【注意】当地、朝は東西基調の形状の乱れた雲が有り、距離のある震源を示していました。
 夕方は全方位がオレンジ焼け。澄明感があるものでやはり近い震源ではなさそう。
 コンパスは東4度振れ。

 1・7時の南南東方向の空。東西基調の形状の乱れた雲が出ており、根幹がシャープでエッジに鈎型形状があるところから当地からは距離のある強い震源が存在します。
 2・16時40分の西方向の空。3日続いてのオレンジ焼け。
 濁った赤焼けでは無いので、震源は距離のあるものです。

 3・11時可視画像。九州周辺から九州中部を指向する雲が有り、後続や余震に警戒が必要と思います。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

帯雲
赤焼け
スペース
11時可視画像

・2019.1.8 23:40更新
【注意】当地、朝から遠方の強い地震を示す、方向性の乱れた雲が昼過ぎまで出続けました。夕方は二日続いて全方位が赤焼け。
 コンパスは東4度振れ。
 先ほど、種子島近海M6.4が発生。前兆は1ヶ月前の12月8日、9日「南九州上空で雲が「く」の字に屈曲しており、南九州から南南西に亀裂が走っています」から出始め、25日、1月6日。7日には直前雲等を書いていました。

 1・11時50分の東方向の空。東西基調の帯雲等が強い前兆を示しています。
 この後、刺激雲の形状に変化。要警戒です。
 2・16時40分の西方向の空。2日続いてのオレンジ焼け。
 濁った赤焼けでは無いので、震源は距離のあるものです。

 3・11時可視画像。九州・四国上空にナミナミ雲があり、先ほどの地震か、この後の地震を示していました。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

直前雲
スペース
15時可視画像

・2019.1.7 23:30更新
【注意】当地、主として丹沢上空に南北の雲が目立ちました。夕方には全方位が焼けると共に雲の一部がゲル状の直前状態に。
 コンパスは東5度振れ。
 本日、インドネシアのモルッカ海(フィリピンの南沖)でM7.0が発生。12月4日の前兆から12月29日フィリピンM7.2に続く一連の活動です。

 1・16時40分の西方向の空。オレンジ焼けと共に、雲の一部が直前状態になっていました。

 2・7時可視画像。台湾の周囲の雲が吹き飛ばし状態になっています。

 21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

9時可視画像
21時赤外画像

・2018.1.6 23:50更新
【注意】当地、低層の雲が多く観察不能でした。
 コンパスは東4度振れ。体感有り。
 昨日書いた小笠原はM5.6が発生しています。

 1・9時可視画像。東海から西日本にナミナミ雲など前兆形状が見られますが、四国から九州上空の中央構造線まわりにナミナミ雲などが集中してストレスを示しています。
 伊勢湾から銭州海嶺に雲の亀裂形状。やや強めの震源か。

 2・21時赤外画像。宮城・福島沿岸〜雲の吹き出し形状が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.10〜0.12μSv/hでした。

11時可視画像
15時全球画像

・2018.1.5 23:30更新
【注意】当地、昨日に続き相模湾上に吊し雲が強いプレートストレスを示していました。
 コンパスは東2度振れ。体感強め。

 1・11時可視画像。茨城沖から長野・静岡内陸へ雲の吹き飛ばし形状があり周囲にはナミナミ雲。
 過去例から小笠原諸島、茨城沖、新潟・長野の複数震源を懸念します。
 2・15時全球画像。ニューギニアの東にほぼ東西の雲の亀裂形状。
 極端に強い震源ではありません。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

13時可視画像

・2019.1.4 24:40更新
 【注意】当地、朝は相模湾上に東西のプレートストレスを示す雲がありました。コンパスは東2度振れ。

 ・13時可視画像。九州中部西岸から西北西に境界前兆雲。雲のエッジの下に嫌ですが、M5前後の震源あり。
 また、山陰沿岸に沿って出ている雲が山陰沿岸の震源を示しているように見えます。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.09μSv/hでした。

1時全球画像

・2019.1.3 24:30更新
 当地、快晴ではっきりした雲は見られず。夕方は焼けたようですが、来客があり確認出来ませんでした。
 コンパスは東2度振れ。体感有り。
 本日、18時過ぎ、熊本M5.1が発生。規模的には大きなものではありませんが、直下型で熊本の揺れがひどく、揺れに遭われた方にお見舞い申し上げます。
 前兆は、12月31日の「九州西岸に雲の吹き飛ばし」、昨日の「九州上空の雲が亀裂、吹き飛ばしなど」がありました。九州南部はまだ震源が残っていそうです。

 ・1時全球画像。カムチャッカ沖に雲の吹き飛ばしが出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

9時可視画像

・2019.1.2 24:00更新
 当地、はっきりした雲は見られず。コンパスは東2度振れ。
 箱根駅伝の中継ヘリが飛び回っていました。あしたの復路も楽しみですね。

 ・9時可視画像。九州上空の雲が亀裂、吹き飛ばしなど現状では大きなものではありませんが、前兆含み。地震か火山活動かどちらかがありそうです。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.08μSv/hでした。

9時可視画像

・2019.1.1 24:00更新
 当地、はっきりした雲は見られず。コンパスは東2度振れ。

・9時可視画像。強いものではありませんが、茨城を中心に沿岸〜沖に震源がありそうな雲のふきとばしと、境界前兆雲が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。