今日のレポート(9/25)

1.ここに前兆が繰り返し出ている地域の方は身近な宏観にご注意下さい。中越、中越沖、サハリンなど前兆→それらしい結果の繰り返し後に本震が発生しています。2.「千鳥」は、スマトラ・パプアなど超遠方の前兆を示します。3.【注意】【警戒】などはその日の前兆現象の強さを示すもので、すぐに発生すると言う意味ではありません。

スペース

鈎型巻雲
スペース
17時可視画像

・2017.9.25 23:20更新
 当地、午後は南北基調の方向性の乱れた巻雲、鈎型巻雲が
 コンパスは東に振れ傾向。

 1・16時1の北東方向の空。南北基調の方向性の乱れた巻雲と鈎型巻雲。
 まだ遠くに強い震源があるのだなと見ていました。

 2・17時可視画像。福島沖〜本州内陸に続く雲の形状が前兆含み。但しはっきりしません。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.08μSv/hでやや低めでした。

8時可視画像
17時全球画像

・2017.9.24 23:20更新
 当地、本日ははっきりした雲は見られず。現在は降雨となっています。
 今朝、大島沖でM4.1が発生。過去例から東半球の地震活動がさらに活発化しそうです。
 コンパスは振れなし。

 1・8時可視画像。北海道南東沖に雲の吹き飛ばし。
 2・17時全球画像。ニューギニアの北沖に南北の雲の吹き飛ばし。M6前後の震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.12μSv/hでした。

11時可視画像

・2017.9.23 22:30更新
 当地、低層の積雲の間から、やや高い位置に鈎型巻雲が見え、遠方系の前兆を示していました。
 コンパスは振れなし。

 ・11時可視画像。福島沿岸〜三陸沖と、駿河湾から南南西にそれぞれ雲の亀裂が走っていました。M5前後の震源と推定。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

刺激雲
スペース
15時赤外画像

・2017.9.22 23:20更新
 当地、朝は北北西から延びてくる強い真剣による刺激雲が出ていました。列島周辺の震源ではないかと思います。
 コンパスは振れなし。

 1・7時50分の北方向の空。遠方に東北東ー西南西の雲が有り、そこから手前(南方向)に刺激雲が伸びています。
 ひょっとすると能登半島沖方面の震源かも。

 2・15時赤外画像。房総半島沖〜南西方向に雲の亀裂形状。
 ストレスがかかっていそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでやや低めでした。

ムカデ状雲
帯雲・鈎型巻雲
波状雲

・2017.9.21 23:10更新
 当地、朝は東北東ー西南西のムカデ状雲が遠方の強い震源を示していました。夕方は多方位がありましたが、やはり東北東ー西南西の波状雲が目立ちました。 コンパスは東2度振れ。
 本日、三陸沖M5.9が発生。8月22日の全球画像の雲の円形状の結果かもしれません。

 1・7時の南西の空。東北東ー西南西のムカデ状雲らしきもの。
 密度が低いので極端に強いものではないと思いますが、海外の強い地震が続くことを示しています。
 空はやや濁り気味。
 2・8時の北方向の空。ほぼ東西の帯雲と鈎型巻雲。
 3・18時の西方向の空。東北東ー西南西の波状雲(国内の海域震源)、北東ー南西の雲からまつげ状の雲がのび、こちらは海外など遠方の震源を示しています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

暈雲
吊し雲

直前雲

スペース
13時赤外画像

・2017.9.20 23:00更新  
 【警戒】当地、朝から低層の雲に覆われ、ポツポツ雨滴が落ちる状態でしたが、午後には富士山が暈雲を被っているのが見えました。雲は北東ー南西基調でした。
 コンパスは東2度振れ。
 メキシコの地震は多数の犠牲者が出ているようで、胸が痛みます。NZ南西沖でも6.1Mが発生。
 9月9日、10日、13日等、遠方の前兆の結果です。
 福島沖M5.3は、18日に書いたものと考えます。

 1・13時50分の西方向の空。富士山が暈雲をかぶり、その上空には巨大な吊し雲。強いプレートストレスがかかった状態です。
 2・17時の西方向の空。富士山上空に北東ー南西の吊し雲の列。その西側には方向性の乱れた巻雲。オレンジ焼けもしており、これも強い前兆です。
 3・同時刻の北東の頭上。雲底が垂れ下がった直前雲。

 4・13時赤外画像。東北地方上空に雲の亀裂形状。M5程度の震源かもしれません。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hで低めでした。

ゲル状雲
鈎型巻雲

スペース

10時可視画像

・2017.9.19 22:40更新  
 【注意】当地、朝は内陸系の前兆を示す羊雲が東西に滞空。昼前からは、中層に東北東ー西南西のゲル状直前雲。夕方は遠方系の前兆である鈎型巻雲が出ました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・11時20分の西方向の空。東北東ー西南西のゲル状直前雲。形状は当地からは遠い震源を示しているようでした。
 2・16時50分の西北西方向の空。東北東ー西南西と東西がクロスしたような鈎型巻雲。遠方の強い震源と推定。

 3・10時可視画像。北海道南東沖、福島はるか東沖、画像では切れていますが台湾北部にやや強い雲の前兆形状。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

13時可視画像

・2017.9.18 22:50更新
 当地、台風一過の快晴。雲はほとんど見られませんでした。
 コンパスは東に振れ傾向。

 ・13時可視画像。東北地方の脊梁山脈上に雲の亀裂形状。北海道と福島・茨城方面のM5程度の前兆。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

19時赤外画像

・2017.9.17 23:40更新
 当地、終日の雨雲で観察不能。コンパスは振れなし。
 今日もカラスの群れが騒いでいました。

 ・19時赤外画像。昨日に続き台風起因の円弧状境界前兆雲雲。昨日とエッジの位置が重なるのが朝鮮半島東沖の日本海ですが、今後の形状に注目しています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

17時可視画像

・2017.9.16 23:30更新
 当地、終日の雨雲で観察不能。コンパスは東に振れ傾向。
 明け方からカラスの群れが大合唱していました。

 ・17時可視画像。三陸沖〜津軽海峡〜日本海〜朝鮮半島南部に台風起因の巨大な円弧状境界前兆雲。2004年10月16日に出現した中越地震前兆の円弧状境界前兆雲に類似。
 雲のエッジの下、または円弧の中心(小笠原方面)にM5以上の震源が存在する可能性大。要注意。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

吊し雲

・2017.9.15 22:30更新
 本日は、低層の雲が多く、はっきりしませんでした。昼過ぎ、千切れかけた吊し雲?が西の頭上に出ていました。
 コンパスは東に振れ傾向。

 ・13時40分の西方向の空。千切れかけた吊し雲?が出ていました。方向性は南西指向と北西指向が混じっているように見えました。
 台風通過後の21日が新月なり、地震を引き起こすトリガーになりそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.08μSv/hで低めでした。

鈎型巻雲
放射状雲?

赤焼け

スペース
1時赤外画像

・2017.9.14 23:00更新  
 【警戒】当地、午後は東指向の鈎型巻雲『千鳥』、南西からの中層の雲と西からの低層の雲が見られ、夕方はご南西からの雲が(或いは北西ー南東整列の雲)赤焼けしました。
 本当に台風の影響を受けているとは言え、3日連続の焼けは気持ちの良いものではありません。
 コンパスは東2度振れ。

 1・16時40分の東方向の空。東指向(に見える)の鈎型巻雲『千鳥』が久々の出現。海外等遠方の前兆。
 2・17時20分の西方向の空。低層の雲ですが、西指向の放射状に見えました。
 極端に強い前兆ではありません。
 3・18時の西方向の空。南西指向の雲が赤焼け。台風の影響があるとは言え、3日連続の焼けは要注意です。

 4・1時赤外画像。三陸沖ー福島沿岸ー若狭湾ー対馬海峡に台風起因の境界前兆雲。今日の雲と併せると、若狭湾・山陰方面か福島沖にやや強い震源が存在するようです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.08μSv/hで低めでした。

鈎型巻雲
ムカデ状雲
赤焼け

・2017.9.13 23:30更新
 当地、朝から遠方の強い震源を示す鈎型巻雲が出続け、夕方は中央構造線に沿う形の雲が赤焼けしました。
 次の新月に向け、かなり剣呑な状況。コンパスは東2度振れ。

 1・11時40分の南の空。ほぼ東西の帯雲ですが、鈎型形状が見られ遠方の震源を示しています。
 2・12時30分の東北東の空。これも南洋など海外など遠方の震源を示すムカデ状雲。
 3・18時の北の空。東北東ー西南西の帯雲にまつげ形状を伴い、赤焼け。これも遠方の強い震源を示す雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.11〜0.12μSv/hで一転して高めです。

赤焼け
スペース
17時可視画像

・2017.9.12 23:20更新
 当地、夕方には低層の雲が切れ、中央構造線に沿うような雲が赤焼けしました。富士山も暈を被っており、強い震源がありそうです。
 コンパスは東に振れ傾向。

 1・18時10分の西方向の空。富士山には暈雲。雲は西方向では北北東ー南南西でしたが、北の空では東北東ー西南西となり、中央構造線に沿っていました。

 2・17時可視画像。直視の雲の状況そのままの(当たり前ですが)関東地方の雲の状況。
 相当なストレスがかかっていそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.08μSv/hでやや低めでした。

2時全球画像

・2017.9.11 22:40更新
 本日、低層の雲の雲底に方向性がありましたがはっきりしませんでした。
 コンパスは東に振れ傾向。

 ・2時全球画像。中国内陸の雲が直線的で境界前兆雲らしく見えます。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

ムカデ雲
鈎型巻雲

スペース

15時全球画像

・2017.9.10 22:50更新  
 【注意】当地、午前中はほぼ東西のムカデ状雲が相模湾上に出ていました。夕方は南西指向の鈎型巻雲。
 全般的に遠方のかなり強い震源が存在する状況。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、浦河沖M5.7が発生。 8月8日、12日、16日「北海道の南沖に雲の半円形状。円の周縁部にM5プラス」などを書いていました。

 1・11時の南西方向の空。相模湾上にほぼ東西のムカデ状雲。
 海外遠方の前兆。
 2・17時40分の西方向の空。南西指向の鈎型巻雲。こちらも遠方の前兆。

 3・15時全球画像。中国北東部を中心に雲の吹き飛ばし形状が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
スペース

8時可視画像

17時全球画像

・2017.9.9 23:20更新  
 【注意】当地、朝から夕方までは南の空にほぼ東西の形状の乱れた帯雲が出ていました。
 夕方は南指向の鈎型巻雲と西の空に南北の吊し雲がありました。
 遠近の強い前兆と考えます。
 コンパスは振れなし。

 1・17時50分の西方向の空。画面下に南北方向の吊し雲(ウナギ雲)があり、中層に鈎型巻雲が出ています。
 鈎型巻雲は遠方、吊し雲は国内の震源ではないかと思います。

 2・8時可視画像。千島上空に雲の吹き飛ばし。やや強い震源か。
 3・17時全球画像。ニュージーランド東岸に沿って雲の亀裂形状。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

9時可視画像

・2017.9.8 23:20更新
 本日、はっきりした雲は見られませんでした。コンパスの振れなし。
 メキシコのM8.1では亡くなられた方もおいでになるそうで心が痛みます。前兆は先月24日、22日などの遠方系の雲と思います。
 秋田M5.3は、前兆ははっきりわかりませんでした。8月28日の東北北部にかかる直線的な雲が前兆だったのかと思っています。

 ・9時可視画像。関東・東海上空に直線的な雲。震源を示しているのか、ストレスを示しているのかはっきりしませんが、やや強い前兆に見えます。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

8時可視画像

・2017.9.7 22:20更新
 本日も、低層の雲で観察できませんでした。コンパスの振れなし。

 ・8時可視画像。福島沖に雲の吹き飛ばし形状が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

11時可視画像

・2017.9.6 22:20更新
 本日は、低層の雲で観察できませんでした。

 ・11時可視画像。北海道南岸の雲が前兆形状を示していました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

19時赤外画像

・2017.9.5 22:00更新
 本日は、北東ー南西の形状の乱れた雲が出ていました。

 ・19時赤外画像。山形・新潟県境付近の日本海に雲の亀裂形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

9時可視画像

・2017.9.4 22:00更新
 本日は、低層の雲の雲底に凸凹があり、深発系の前兆を示していました。

 ・ 9時可視画像。千島上空にナミナミ雲が出ていました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

3時赤外画像

・2017.9.3 22:00更新
 本日は、三浦半島上空に東北東ー西南西の雲が見られました。
 所用により更新出来ず済みませんでした。

 ・3時赤外画像。台風の雲が南北の境界前兆雲となって北海道東部にかかっています。エッジの下でM5程度がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

赤焼け

・2017.8.29 22:00更新
 本日は、遠方系の前兆である方向性の乱れた巻雲が終日見られました。
 日没時は西方向を中心にオレンジ焼け。
 都合により2日ほど更新できないかもしれません。

 ・18時20分の西方向の空。オレンジ焼けの中、ほぼ南北の雲が見られました。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

鱗雲
帯雲

スペース

15時全球画像

・2017.8.28 23:50更新  
 【注意】当地、朝は北東ー南西の鱗雲が見られ、夕方は西の空に南北の帯雲が出ていました。
 全般的に遠方のかなり強い震源が存在する状況。
 コンパスは東に振れ傾向。

 1・8時の東北東の空。北東ー南西の鱗雲が整列していました。形状に乱れが有り当地からは距離のある震源ですが、やや強そうに見えます。
 2・18時の西方向の空。南北のシャープな帯雲。小笠原などの震源が考えられます。

 3・15時全球画像。台湾と中国南部間に雲の亀裂形状が出ています。

 放射線量ですが21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

8時可視画像

・2017.8.27 23:50更新
 本日は、昨日に続き低層の雲が多めでした。気温は少し低めで楽でした。
 コンパスは東に振れ傾向。
 本日、パプアで6.4Mが発生。10日に書いた「ニューギニアの北岸に沿って雲の亀裂形状」の結果と思います。

 ・8時可視画像。千島上空にナミナミ雲。昨日の境界前兆雲は南に下がって継続。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

8時可視画像
12時全球画像

・2017.8.26 24:20更新
 本日は、雨こそ降らなかったものの低層の雲が多い一日でした。西の頭上の月はオレンジ色でした。
 コンパスは東に振れ傾向。

 1・8時可視画像。千島〜北海道〜青森西部の雲が直線的で境界前兆雲の形状になっています。
 雲のエッジの下でM5程度の震源がありそうです。
 2・12時全球画像。ニュージーランドの南に雲の亀裂形状が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

鱗雲・波状雲
刺激雲

赤焼け

スペース
3時全球画像

・2017.8.25 25:40更新  
 【注意】当地、朝は北東-南西の鱗雲・波状雲と北からの刺激雲。夕方は昨夕に続きほぼ南北の雲がオレンジ焼けしました。
 コンパスの振れなし。

 1・9時30分の東方向の空。北東-南西整列の鱗雲・波状雲でやや距離のある海域・沿岸部のやや強い震源を示しているものと思います。
 2・同時刻の北方向の空。北から伸びて来る強い震源による刺激雲。やはり主たる震源は距離のあるもののようです。
 3・18時10分の西方向の空。国府津ー松田断層上に、ほぼ南北の雲がオレンジ焼け。つよいプレートストレスがかかった状態を示しています。

 4・3時全球画像。画像中央の中国南北に食い込むような雲の吹き飛ばしが前兆を示しています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

刺激雲?
ウナギ雲

・2017.8.24 24:30更新
 【注意】当地、昼前から昨日に続き東北東ー西南西基調の帯雲からほぼ直角にまつげ状の雲が伸びる形状が見られました。また、鱗雲も東の頭上に出現。
 夕方は北北東ー西南西の長大なウナギ雲が富士山上空にあり、赤焼け。かなり強い震源が存在する状況です。
 コンパスは振れなし。

 1・15時20分の南南東方向の空。遠方に東北東ー西南西の帯雲が有り、そこから北にまつげ状の雲が伸びています。
 基本的には距離のある強い震源を示していると考えます。
 2・18時10分の西方向の空。富士山の上空に北北東ー西南西の長大なウナギ雲。強いプレートストレスを示す雲。要注意。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

崩れ断層状雲
まつげ状雲

ムカデ状雲

スペース
3時全球画像

・2017.8.23 23:40更新  
 【注意】当地、朝は西に北北東ー南南西の帯雲、東に南東ー北西のくずれ断層状雲。
 その後は、東北東ー西南西基調のムカデ状雲、巻雲など。遠方系の強い前兆でした。
 コンパスの振れなし。

 1・8時50分の東北東方向の空。南東ー北西のくずれ断層状雲。
 この雲は、福島・茨城沖や房総等の震源を示すものか?極端に強いものではありません。
 2・10時20分の東方向の空。東西基調雲とそこからほぼ直角に南へ伸びるまつげ状の雲。
 当地からは距離のある強い震源の前兆。北東指向の巻雲もあり。
 3・同時刻の西方向の空。こちら側ではムカデ状雲になっています。これも海外遠方の前兆。(フィジーなどの例多し)

 4・3時全球画像。画像左側の中国内陸に東西方向の巨大な雲の亀裂形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

鈎型巻雲
スペース

1時全球画像

16時可視画像

・2017.8.22 23:30更新  
 【注意】当地、朝は方向性の乱れた鈎型巻雲が広く出ていました。日没時は低層の雲の雲底がデコボコで乳房雲の形状でした。
 コンパスは東に振れ傾向。

 1・8時の西方向の空。方向性の乱れた鈎型巻雲。
 遠方の強い震源の存在を示します。

 2・1時の全球画像。カムチャッカ沖を中心に雲の円形状。M6クラスの震源によると思われる形状。
 日本では、北海道・東北が円の周縁部にあたります。要注意。
 3・16時可視画像。四国の東西に雲の吹き飛ばし。M4クラス複数震源と推定。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

巻雲
スペース
5時全球画像

・2017.8.21 23:20更新
 当地、午前中は低層の積雲が目立っていました。夕方は形状は乱れているものの、南東ー北西の雲がありました。
 しかし、少し日が短くなりましたね。8月中は、更新出来ない時がありそうです。

 1・18時10分の南南西方向の空。遠方に南東ー北西の雲が有り、そこからこちらへまつげ状の雲が伸びてきています。
 遠方系の前兆です。

 2・5時全球画像。画像中央のマリアナ諸島あたりに雲の亀裂形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

8時可視画像

・2017.8.20 24:10更新
 本日も低層の雲が多く、はっきりした雲は見られませんでした。
 コンパスは東に振れ傾向。

 ・8時可視画像。低気圧の影響もあると思いますが、福島・茨城沖の雲の形状が前兆含みでした。極端に大きなものではありません。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

鈎型巻雲
波状雲

スペース

17時赤外画像

・2017.8.19 24:30更新  
 【注意】当地、午前中から東西基調の鈎型巻雲が目立ちました。夕方は北から雷雲が発達。
 コンパスは東に振れ傾向。

 1・11時10分の西南西方向の空。ほぼ東西整列の鈎型巻雲。
 遠方の強い震源の存在を示します。
 2・12時の南南西方向の空。東北東ー西南西の波状雲、鱗雲。整列性、形状に乱れが有り、やや遠方の震源を示しています。
 但し、上の画像とは異なる震源のように思っています。

 3・17時赤外画像。仙台湾沖から銚子沖に雲の亀裂形状が出ています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

18時可視画像

・2017.8.18 24:30更新
 当地、午後は青空が見えましたが、はっきりした雲は見られず。
 コンパスは東に振れ傾向。

 ・18時可視画像。低気圧の影響かもしれませんが、関東沖のにんじん雲を中心として、半円形に同心円形状が出来ているように見えました。前兆とは限りませんが、記録の意味を含めて書いて起きます。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

14時全球画像

・2017.8.17 20:50更新
 列島全体、雨が続きますね。
 奄美大島北西沖でM5.7が発生。12日の「東北東ー西南西のやや強い前兆雲」の結果の可能性があります。

 ・14時全球画像。カムチャッカ半島の東西に長大な雲の亀裂形状。

7時全球画像
14時可視画像

・2017.8.16 21:40更新
 本日もはっきりしない天候。衛星画像では列島の北に前兆形状が見られました。

 1・7時全球画像。カムチャッカ半島を中心に雲の半円形状。やや強い震源。
 2・14時可視画像。北海道の南沖に雲の半円形状。円の周縁部にM5プラスの震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

17時可視画像

・2017.8.15 23:20更新
 当地、本日も雨雲で観察不能。全然連休らしくないですね。
 コンパスは東に振れ傾向。

 ・17時可視画像。北海道東部上空の雲の形状が前兆形状を示しています。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.10μSv/hでした。

1時全球画像

・2017.8.14 23:50更新
 当地、本日も雨雲で観察不能。今年のお盆休みは天候が良くないですね。
 コンパスの振れなし。

 ・1時全球画像。地震があったばかりですが、フィリピンとスマトラ間に雲の亀裂が出ています。昨日書いた列島はるか東沖の境界前兆雲らしい形状は継続中。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.10μSv/hでした。

13時全球画像

・2017.8.13 24:20更新
 当地、本日も朝から雨雲で観察不能。墓参りは涼しくて助かりました。
 本日、種子島M5.1、スマトラ6.4Mが発生。震源は把握できませんでしたが、種子島は7日の崩れ断層状雲、スマトラは7月31日の遠方系の雲などの結果と考えます。  

 ・13時全球画像。列島はるか東沖に横たわる雲のエッジが直線的で前兆含みに見えます。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

帯雲
鱗雲

スペース

15時全球画像

・2017.8.12 24:10更新  
 【注意】当地、比較的涼しい一日で助かりました。午後からは低層の雲が切れ、夕方は東北東ー西南西のやや強い前兆雲が出ていました。
 体感有り。
 SNSでは、オーストラリアのシドニーに東西と思われる波状の強い前兆雲あり。オーストラリアとNZ間のM6程度の海域震源とおもわれるもの。

 1・18時10分の西方向の空。東北東ー西南西のやや強い前兆雲。
 波状に整列した鱗があり、久々龍体帯雲。形状はやや乱れ、列島周辺か海外の震源と推定。
 このとき西の空には南北の鈎型巻雲が有り、遠方系の震源を示していましたが、これは画像の雲とは別の震源を示していると思います。
 2・同時刻の東北東の頭上。こちら側ではまばらな鱗雲になっていました。

 3・15時赤外画像。北海道南沖から茨城沖にかけて雲の亀裂形状。北海道側か茨城側のM5+の可能性有り。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

15時可視画像

・2017.8.11 24:20更新
 当地、本日も朝から降雨で観察不能。
 コンパスは東に振れ傾向。
 本日、フィリピン6.2Mが発生。震源は把握できませんでした。7月末の遠方系の前兆の結果と考えます。  

 ・15時可視画像。山陰沖の日本海〜九州上空に北北東ー南南西の雲がかかっていました。日本海に震源がありそうです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.12μSv/hでした。

2時全球画像

・2017.8.10 24:40更新
 当地、朝から降雨で観察不能。
 コンパスの振れなし。
 8月中は、更新できないこともありますのでご了承下さい。

 ・12時全球画像。ニューギニアの北岸に沿って雲の亀裂形状。それほど強い前兆ではありません。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.09μSv/hでした。

鱗雲
赤焼け

・2017.8.9 23:40更新
 当地、午後から日没にかけて南北の雲が見られました。夕方は西方向が赤焼け。コンパスは東2度振れ。
 中国中部M7.0が発生。前兆は、7月17日「中国の内陸に東西の雲の亀裂」、22日「中国内陸に雲の吹き飛ばし」、25日「中国内陸に引き続き雲の吹き飛ばし」、 26日「吹き飛ばしが継続」などを書いていました。

 1・14時30分の西の頭上。形状の乱れた鱗雲が南北に出ていました。
 やや距離のある強めの震源か。
 2・18時30分の西方向の空。南北基調の形状の乱れた雲。強いプレートストレスを示す雲。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

吊し雲
スペース
12時可視画像

・2017.8.8 23:40更新
 当地、夕方は台風の雲が残っていましたが、吊し雲も見られました。この後、西の空がオレンジ焼け。
 コンパスは東2度振れ。
 本日、沖縄M5.0が発生。7月28日の北東ー南西の波状雲に対応。

 1・17時30分の西方向の空。富士山の手前に北北東ー南南西整列の吊し雲。強いプレートストレスを示す雲。

 2・12時可視画像。北海道南部〜沖の雲の形状が前兆含みです。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

帯雲

・2017.8.7 23:10更新
 当地、朝は南南東ー北北西の帯雲というか崩れ断層状雲があり、やや遠方の震源を示していました。
 以後は低層の雨雲で観察不能。
 コンパスの振れなし。

 ・8時10分の西北西方向の空。南南東ー北北西の崩れ断層状雲。雲の延長方向か直角方向の国内遠距離にやや強い震源有り。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.09〜0.11μSv/hでした。

赤焼け
スペース

3時全球画像

8時可視画像

・2017.8.6 23:10更新  
 【注意】当地、朝から北の空に発達する積乱雲がありました。夕方は昨日につづき低層の雲が南から飛んで来る状態でしたが、その上層にオレンジ焼けの南北の雲がありました。
 コンパスの振れなし。

 1・18時50分の西方向の空。ほぼ南北の雲がオレンジ焼け。方向性は乱れており、近い震源ではなさそう。

 2・3時全球画像。千島から南の雲の亀裂は継続して出ています。
 3・8時可視画像。関東東沖に雲の吹き飛ばし。M5+程度か。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

東西の雲
波状雲

スペース

15時全球画像
18時赤外画像

・2017.8.5 24:10更新  
 【注意】当地、夕方にほぼ東西方向の波状雲、吊し雲が見られました。
 形状はやや崩れており、少し距離のある強めの震源と思われます。
 コンパスの振れなし。

 1・16時20分の南南西方向の空。ほぼ東西の雲ですが、細かい鱗を伴い、密度もそこそこあるもので、強めの前兆と見ていました。
 2・17時40分の東南東方向の空。ほぼ東西の波状雲、吊し雲。形状はやや乱れていますが、模様は細かく、密度も有り、国内のやや強い震源と思います。
 震源は東西方向か、南北方向。

 3・15時全球画像。千島から南に雲の亀裂形状が継続。
 千島〜本州はるか東にやや強めの震源があるものと思います。
 4・ 18時赤外画像。上記の前兆形状のアップですが、境界前兆雲となっているのがわかります。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.11μSv/hでした。

帯雲
スペース

17時可視画像

19時全球画像

・2017.8.4 23:20更新  
 【注意】当地、朝から低層の雲に覆われていましたが、夕方には低層の雲が切れて青空が見え始めました。
 夕方の雲は南北で中層にほぼ南北の帯雲、低層に同方向のゲル状直前雲でした。
 コンパスは東に振れ傾向。
 先ほど先島諸島の西表島近海でM5.3が発生。2日に書いた「台湾の南北に直線的な雲の吹き飛ばし」の結果と考えます。

 1・18時50分の北東方向の空。中層にほぼ南北のシャープな赤焼け帯雲。
 その下層に同方向のゲル状直前雲。

 2・17時可視画像。昨日に続き東海沖を中心に雲の吹き飛ばし形状。
 M5前後の震源と推定。
 3・19時全球画像。千島〜北に雲の吹き飛ばし形状。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.08〜0.10μSv/hでした。

畝
スペース
9時可視画像

・2017.8.3 23:10更新
 当地、低層の雲に北北東ー南南西、東南東ー西北西の畝形状が見られました。
 コンパスは東2度振れ。

 1・10時10分の北東方向の空。低層の雲に北北東ー南南西と東南東ー西北西の畝形状あり。

 2・9時可視画像。三陸沿岸と御前崎沖に雲の前兆形状。
 直視の雲の北北東ー南南西に対応か。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

19時全球画像

・2017.8.2 23:20更新
 当地、低層の雲に覆われて観察不能でした。
 コンパスは東2度振れ。
 早朝2時過ぎに茨城M5.5が発生。7月28日の北東-南西の雲等の結果と考えますが、震源ははっきり分かりませんでした。

 ・19時赤外画像。台湾の南北に直線的な雲の吹き飛ばし。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。

3時赤外画像

・2017.8.1 23:00更新
 当地、朝から低層の雲が発達し、午後は大雨。観察不能でした。
 コンパスは東2度振れ。
 昨日、千島M5.4が発生。30日の境界前兆雲の結果と考えます。

 ・3時赤外画像。朝鮮半島から三陸沖にかかる雲が境界前兆雲のようです。今後の状況に注意したいと思います。

 放射線量ですが、21:30〜21:35までの5分間目視は、0.07〜0.10μSv/hでした。